10月公開テスト感想
今日の公開テストの会場は、国分寺にある東京経済大学でした。緑豊かなキャンパスに入ると、100m先からでもシルエットでご本人とわかるRabbitさんの姿が。何と同じ教室でした。試験教室は違いましたが、Tommyさんや、知り合いのTOEIC講師の方にもお会いしました。

私の教室では、問題用紙を配布し終わったのが、試験開始の約1分前。進行がいつもより遅かったので、間に合うのかな、とややハラハラしました。まあ、いつも試験開始直前の数分間は暇なので、ギリギリでも問題はありませんでしたが。

以下、個人的な感想です。

パート1 普通 今回も難問はありませんでした。新形式になってから、900点レベルの受験者でも答えに迷う問題が姿を消した印象です。6問しかないので、難易度の調整上、仕方ないのかもしれませんが、少しさびしい気もしますね。
パート2 やや難 新形式になってから、難化した印象です。ひねった答えが多い上に、誤答の選択肢がうまく作られていて、消去法も使いづらくなりましたね。とにかく、会話として自然な答えを選ぶ、という意識が大切だと思います。
パート3/4 普通 今回は、意図問題もグラフィック問題もそれほど難易度が高くはなかった印象です。などと書きつつ、グラフィック問題の入ったセットで、1問聞き逃しました。グラフィック問題が2問目だと、3問目がエアポケットになることがありますよね。それにはまってしまいました。「あ、聞いてなかった」と思ったら手遅れです。まあ1ミスなら大勢に影響はないのですが、今後は気を付けようと思います。
パート5 やや易 文法・語彙とも平易で、サクサク進みました。
パート6 やや易 文挿入の問題も易しめでした。
パート7 SP やや難 短いメール(2問)が一番難しかったですね。ETSの問題作成能力の高さを感じました。どうでもいいことですが、チャットの登場人物の一人が、教え子と同姓同名でした。
パート7 DP/TP 普通 14:25にDP開始。14:50に解き終わりました。1問1分で解いた計算になるので、まあ難易度は普通だったと思います。どうでもいいことですが、フラミンゴってアフリカにもいるんですね。ガラパゴス諸島近辺にのみ生息しているものだと勝手に思いこんでいました。

パート7を解く時は、1問1分計算で、残り時間をコマメに確認するのがお勧めです。私の場合、試験終了の基準を14:50に設定しています。たとえば、160番(残り40問)の時点で、14:10なら標準的なペースです。今日は、その時点で14:14だったので、そこからは、誤答の選択肢の作り方や気になる単語を研究するという作業を止め、ペースを上げ、最後は帳尻を合わせました。時間に追われて頭が真っ白になると実力が出し切れないので、パート7では冷静な時間管理が必要です。

では、本日受験された皆さん、お疲れ様でした。次回の試験に向け、今日はゆっくり休んで英気を養ってください。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  
9月公開テスト感想
本日の公開テストを受験された皆さん、お疲れ様でした。以下、個人的な受験記です。

会場は、東京学芸大学の小金井キャンパスでした。国分寺駅の北口は、再開発でずいぶん雰囲気が変わりつつありますね。僕は20代の頃、国分寺で数年間暮らしたことがあります。一戸建ての二階を間借りしていました。ある日、帰宅すると、一階に住んでいる大家さんが、僕が朝干した洗濯物を取り込んでいてくれたことがありました。夕立があったので、気をきかせてくれたんです。そういうのどかな雰囲気が好きで、しばらく住んでいました。

当時を思い出しつつ、歩いて15分ほどで、緑豊かなキャンパスへ。受付を済ませ、マークシートに必要事項を記入したら、いつも通り部屋の外に出て軽く体操。12時半に部屋の中に入ると、異常に冷房が効いています。用心のため長袖のシャツを着ていってよかったです(長袖でも寒かった)。

試験全体の難易度としては、リスニングがやや難、リーディングは普通といった印象です。以下パート別の感想です。

Part1 やや易。私が受けたフォームは、難問がありませんでした。
Part2 やや難 新形式になって問題数が減ってから、易問が減少したように感じます。今日も途中からレベルがぐんと上がりました。誤答の選択肢が巧みに作られているので、特に初中級者の方は、二択までは絞れても、確信を持って正解を選び辛かったと思います。
Part3 やや難 「三人の会話」+「意図問題」のコンボが初登場。いきなり最初のセットが三人の会話だったので、出鼻をくじかれた方もいるかもしれません
Part4 普通 有名人が企業CMに登場するというトークが目新しかったですね。グラフィック問題は標準的でした。難易度的には普通だったと思います。
Part5 やや難 使われている語彙は易しいのに、高得点者も悩むような問題がいくつか出題されていました。さすがETS。解いていて、とても感心しました。
Part6 やや易 特に難しい問題はなかったと思います。文挿入も易しめでした。
Part7 普通 前回と比べてかなり易しく感じました。10分前に解き終わったので、標準レベルだったと思います。

試験後、会場を出たところで、TOEICerのJunさんと遭遇。試験を振り返りつつ、駅までお話ししました。互いに990点だとよいのですが。Junさんと駅で別れた後、カフェで問題の思い出し作業。疲れた頭から記憶を絞り出します。しんどい作業ですが、この積み重ねが、著書や授業の質を上げるのだと自分に言い聞かせています(まあ半分好きでやってますが)。今日も、金フレ改定版に入れるかどうか、要検討の単語が2、3ありました。

ではでは、受験された皆さん、お疲れ様でした。今日はゆっくり疲れを癒して、明日からまた、次の試験に向けて頑張りましょう。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
7月公開テスト感想
本日の公開テスト、私は三カ月連続で東京経済大での受験でした。新形式になってのこれまで二回とは一変して、非常に厳しい試験だった印象です。5・6月は15分前には解き終わっていたのですが、今回解き終わったのは5分前でした。しかも、試験後のネット上の情報を見ていると、どうやらリーディングで2問ミスをしたようです。まずいなあ。でも、あのリーディングで全問正解するなんて無理だわ(オカマ風)。

以下、個人的な感想です。私は久しぶりに、大教室の最前列中央の席でした。

Part1 やや易 新形式になって、超易問や超難問が姿を消した印象です。6問になってレベルが均一化したのかもしれません。

Part2 普通 難易度はここ2回とさほど変わらない印象でしたが、女性ナレーターでちょっと聞きづらい方が登場しました。あの甲高い声を苦手としている方も多いでしょう。

Part3/4 やや難 Part3の2セット目が難しめだったので、一瞬動揺しました。全般的にシチュエーションがつかみづらいセットが多かった印象です。グラフィック問題と意図問題は、素直な問題が多かったですね。三人の会話も難易度は普通だった印象です。

Part5 普通 難易度は普通でしたが、1問凡ミスしたようです。見直す時間がなかったので、スルーしてしまいました。ガーン。

Part6 やや難 語句挿入は易しめでしたが、文挿入の問題が難しかった印象です。2問確証が持てませんでした。多分合ってるとは思うのですが、難しかったですね。

Part7 難 SPは普通でしたが、DPとTP、特にTPの難易度が高かったですね。同義語問題もハイレベルでした。最近私が受けた中では断然難しかったです。TPで1問、確証の持てない問題があり、どうやら間違ったようです(泣) あれを正解根拠にするとは鬼だなあ(ぶつぶつ)。

ではでは、受験された皆様、お疲れ様でした。次回の公開テストは9月です。私も次回はフンドシを締め直して(してないけど)、がんばります。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
アルクのアンケート
アルクより、5月の公開テストを受験した人向けのアンケート調査の依頼です。
目的は「新旧形式でのスコア比較」で、5月29日の第1回新形式TOEICを受験された方が対象です。

くわしくはこちらをご覧ください。

アンケートの結果は7月19日に公開されるそうです。実力が同じならスコアも変わらないというのが運営側の公式見解ですが、果たしてどうだったのでしょうか。私が指導している学生のスコアはあまり変わらなかった印象ですが。結果が楽しみです。

お手数ですが、このブログの読者の皆様にもご協力いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
6月TOEIC感想
本日のTOEICを受験された皆様、お疲れ様でした。私はTOEIC仲間のTommyさん、Rabbitさんと二カ月続けて同じ会場でした(世の中狭いですね)。今日のテストでも、会社の引越し当日にトラックの手配ができてなくてあわてたり、紙の使用を減らすためのインセンティブが午後休だったり(そんな会社あるのかな)、通販で出荷した皿の数を間違えた上に一枚割れてたりと、相変らず不可思議なTOEICワールド全開でした。さて、新形式になって二回目の今日のテストは、全体として、リスニングは旧形式より難易度がUPし、リーディングは難易度が下がった印象です。

Part1は標準レベルだったと思います。もちろん、初中級者にとっては簡単ではありませんが、難語もなく、上級者にとっては易しめだったと思います。このパートはとにかく、1つ1つの選択肢を落ち着いて丁寧に聞くことが大切です。頭の中で○△×を思い浮かべ、上手く消去法を活用しましょう。

Part2は旧形式と変わらない印象です。とにかく、会話として自然なものを選ぶ、相手と対話しているイメージを持ちましょう。わからなくてもすぐに気持ちを切り替えることも大切です。ダメージをひきずらないことですね。

Part3は、新形式がやはり難し目ですね。意図問題は選択肢が文で長いので、後回しにするのがよいかもしれません。今日も、2問目が意図問題で、そこに気を取られていたら、3問目の問題の解答根拠が実は冒頭にあってほぼ勘マーク、というケースがありました(おぼろげな記憶と社名を頼り適当に答えました)。あれは難問だったなあ。シャツの表問題も難しかったと思います。

Part4は、表問題が難関ですね。とはいえ、2問しかないので、最悪間違ってもダメージは少ないですが。まあ、今日は棒グラフと表だったので、地図よりは解きやすかったかもしれません。

Part5は、標準レベルかやや難しめだったでしょうか。語彙問題はQ130を除いて易しめでしたが、文法問題はやや難しめのものがありました。対策としては、とにかく基本をしっかり押さえることですね。『でる1000』をマスターすればOKでしょう(とさりげなく著書を宣伝)。

Part6は標準レベルだったでしょうか。文挿入の問題はそれほど難易度が高くありませんでしたが、文脈型の旧形式の問題の中には難しめのものもありました。私の場合、このパートは文書を頭から読み進め、文挿入の問題は最後に解いています。

旧形式のリーディングは、10分程度残して解き終わることが多かったのですが、今日は17分時間が余りました。確かにPart7の問題数は増えましたが、大量の英文を素早く処理する能力に重点が置かれているのか、問題の難易度が抑えられている感じがします。5月の公開テストでもそうでしたが、英文を全部読んでおおまかに内容を頭に入れておけば、比較的答えが見つけやすい問題が多いんです。とはいえ、英文を読むスピードが遅い受験者は量で圧倒されてしまうでしょうから、初中級者の方には以前より厳しく感じられるかもしれません。普段からの地道な学習でリーディング・スピードを上げましょう。対策として、一度解いた公式問題集を精読した上で、繰り返し読むのがお勧めです。旧形式ですが、公式4・5・6あたりは十分使えます。

ではでは。本日受験された皆様、お疲れ様でした。次は真夏の祭典、7月の公開テストです。今日はゆっくり英気を養って、明日からまた勉強に励んでください。

PS:私の後ろの席の受験者の方は、終了を告げるアナウンスを聞いた瞬間、「まじかあ」とつぶやかれていました。気持ちは分かりますよね。どこのどなたか存じ上げませんが、次回是非リベンジしてください。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.