仕事に教科書はない
『そもそも、マーケティングは想像の世界だから、教科書はないと思わないとダメです』
「大きく、しぶとく、考え抜く」(原田泳幸著・日本経済新聞社)

原田さんは、アップルジャパンの社長からマクドナルドのCEOに就任し、7期連続マイナスだった既存店売上高を、一転8期連続のプラスにして、同社をV字回復させた方です。100円マック、24時間営業、メガマック、クォーターパウンダー、と次々に革新的なマーケティング戦略や商品を投入したことでも知られています。この本からは、原田さんのマーケティングや組織運営のノウハウの一端を知ることができて、とても興味深い内容でした。

「マーケティングに教科書はない」は私も実感していることです。教科書を読んで世の中を驚かせるような企画やマーケティング戦略が出てくれば苦労はないわけですが、そんな例はゼロでしょう。結局は自分で考え抜く以外に方法はありません。講師の仕事でも、教科書で「理論」を学ぶことは有意義だと思いますが、それ以上に、「どうやったら生徒に喜んでもらえるか」を自分で考えて、現場で試行錯誤することの方がはるかに大切だと思っています。

原田さんは、スティーブ・ジョブズとも英語で意見をぶつけ合い、やりあった経験を持っている方ですが、この本の中でも一か所、英語について言及されていますので、以下でご紹介します。

英語は必要です。ただやはり、日本人がグローバル企業で成功を収めるには、世界の文化を学ぶことも大切ですが、その前にまず、日本文化を知ることです。そして、英語で考えて英語でしゃべる、日本語で考えて日本語でしゃべるということです。グローバル企業のリーダーのミッションの1つは通訳で、異文化や思考の違いの中で分かり合うために、誤解を招くことなく双方の意見を伝えるブリッジ役なのです。

個人的には私も、英語よりまず日本語でしっかり考えられる力が大切だと思います。普段の授業でも、特に学生にはTOEICを通じて、英語の基礎力を養うことに加え、論理的に考える力や、困難に立ち向かう力、計画を立てて目標を達成する力を身に付けてほしいと願っています。それはどんな仕事に就いても役に立つ普遍的な価値を持つ力ですから。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

とても参考になりました。ありがとうございました。
maverick★ | URL | 2012/10/06/Sat 10:55 [EDIT]
maverick★さん
いえいえ。参考にしていただければ何よりです。
TEX加藤 | URL | 2012/10/06/Sat 18:41 [EDIT]
TOEIC IPテスト 新フォーム??
TEXさん

本日、某大学でTOEIC IPテストを受験してきました。
ここ最近は4年前くらいの2007年、2008年のTOEIC公開テストが再利用されていましたが、今日はその続きだろうと予想していたものの、なんと見たこともない、フォーム番号「T*Q***」という番号で冊子には2012年に印刷と記載がありました。

このIPテストは新たに作成した問題なんでしょうか?
それとも韓国で使われている問題の再利用なんでしょうか?

9月の公開テストで第3のフォームとして韓国のフォームが使われたことと何か関係があるのでしょうか?

問題的にはリスニングがすごく早かったです。
P5がちょっと独特で、P7のSPが一癖あり、DPが問題文が多い割に簡単みたいな感じでした。

よろしくお願いします。
hiro | URL | 2012/10/08/Mon 00:47 [EDIT]
hiroさん
情報ありがとうございます。私は最近はIPを受験していないので、詳しいことは分かりませんが、公開テストですら問題の再利用をしているくらいですから、IP用に新たに問題を製作することはありえないと思います。おそらく韓国の古い問題を表紙を変えて再利用したものではないかと推測します。ちなみに3年前は韓国の問題がIPテストで使用されていました。ふと気づいたのですが、日韓統一フォームにすると、過去問のデータが受験者の間で蓄積され、たとえば10年後に日本でIPテストを行う際、支障が出てしまいますね。何らかの方法で韓国のネット上から問題の情報を入手し、「IPテスト必勝予想問題」を販売する業者さんが出現しそうです。
TEX加藤 | URL | 2012/10/08/Mon 07:42 [EDIT]
TOEFLの参考書
TEX先生、こんにちは。

こちらのブログでの先生のアドバイスと皆さんのコメントが、TOEIC受験にとても参考になり、
さらに「金のフレーズ」のおかげで、短期間でTOEICの自分なりの目標スコアを獲得することができました。
TEX先生に心から感謝しています。
今、ステップアップして転職を考えているのですが、採用条件としてTOEFLの成績が必要です。
しかし、TOEFLの参考書は2006年初版でその後改訂されていないものがほとんど。
amazonのレビューをご覧頂けば分かりますが、
評価の低いものが多く、役立ちそうなものが見当たりません。
ぜひ、TEX先生にTOEFLも研究していただき、
「金のフレーズ」のTOEFL版も執筆していただければ幸いです。
留学希望の大学生もきっと熱望していると思います。
まことに勝手なお願いですが、お手すきの時にご検討ください。
津島ゆうじ | URL | 2012/10/08/Mon 09:39 [EDIT]
TEXさん、ありがとうございました
TEXさん

ありがとうございました。

おそらく韓国の古い問題を表紙を変えて再利用したものではないかと推測します。
→TOEIC韓流本を持っていますが、なんとなく似た傾向はありました。
発禁本のシナゴン再構成(2009、2010年)は手元にあり確認しましたが、これよりも前の問題のような感じです。

3年前は韓国の問題がIPテストで使用されていました。
→そうなんですね。韓国のTOEIC受験の問題の方が難しい気がしました。

何らかの方法で韓国のネット上から問題の情報を入手し、「IPテスト必勝予想問題」を販売する業者さんが出現しそうです。
→これからは韓国語も勉強する必要ありますね・・・笑
情報収集をしてみたいと思います。
hiro | URL | 2012/10/08/Mon 09:47 [EDIT]
英語ばかりでなく、物事を俯瞰してみる姿勢に感心しました。

完了形教えながら、英語全体での完了形の位置づけを教え、コミュニケーションの場をイメージさせて、さらに異文化間の違いを認識するように促し、かつ、英語をやることが各生徒さんの人生にどう影響し、どういう意味があるのか、考えさせる。

目の前の刺客と戦いながら、後ろから忍び寄る刺客の気配も把握して、この戦の全体の勝敗を見定めつつ、国の将来に思いを馳せる。

みたいなことでしょうか。

Yamaguchi Isao | URL | 2012/10/08/Mon 16:14 [EDIT]
津島ゆうじさん
コメントありがとうございます。「金のフレーズ」や当ブログがスコアアップのお役に立てたようで私も嬉しいです。TOEFLに関しては、もし出版物を出すのであれば、TOEICの片手間に受けるのではなく、心血を注いで受験・研究すべきだと思いますが、現状ではTOEIC指導で精いっぱいです。韓流でよいTOEFL対策本が出ているようですから、出版社には日本語版の出版を期待したいですね。
TEX加藤 | URL | 2012/10/08/Mon 20:58 [EDIT]
hiroさん
2008年以前の問題だとすると、ユンスヨンさんの語彙本をチェックされるとよいかもしれませんね。そのころの問題をベースに作られているはずですから。それにしても、韓流本の再現性ってすごいですよね。
TEX加藤 | URL | 2012/10/08/Mon 21:01 [EDIT]
Yamaguchi Isaoさん
そんな大げさなことは考えていませんよ(笑)TOEICの授業で学んだスキルや知識なんて、卒業後社会に出て数年したらすべて忘れてしまうでしょう。でも、苦手なことを頑張った経験は一生残ります。学生にはそういう成功体験を何とか得てほしいと願っています。
TEX加藤 | URL | 2012/10/08/Mon 21:11 [EDIT]
ご回答ありがとうございます
TEX先生のお気持ち、とても良く分かりました。

TOEIC受験を通じて、言語学習のコツを僅かながらつかみ、
英語恐怖症を克服できたので、
TOEFLもまず「敵を知り」、自分の弱点を分析をして、対策を練ってみます。

TEX先生の今後益々のご活躍を心からお祈りしております。
津島ゆうじ | URL | 2012/10/09/Tue 23:12 [EDIT]
TEXさん、ありがとうございました
ありがとうございました。

ユンスヨンさんの語彙本をチェックされるとよいかもしれませんね。
→この本、購入してありましたので着手したいと思います。

「T*Q***」というフォーム番号に関してはやはりフォーム番号を伏せて敢えて分からないようにしている感じがしました。
今回のIPテストのPart5の問題に関しては韓流本で確認できました。
ただ気になったのはそのフォームからは今回のIPテストフォーム番号「T*Q***」という問題をすべて再構築できなかったので、かなり複雑にフォーム予想を困難にしているのかもしれません。

2007年あたりの韓流本の原書を探れば何か分かる気がします。
もう少し深掘りして見たいと思います。
hiro | URL | 2012/10/10/Wed 06:37 [EDIT]
津島ゆうじさん
目標に向かって勉強する過程はTOEICもTOEFLも同じですから、TOEIC受験で培ったスキルを発揮し、TOEFLでも目標スコアを達成されますこと、お祈りしています。
TEX加藤 | URL | 2012/10/10/Wed 19:35 [EDIT]
hiroさん
情報ありがとうございます。ETSも問題再利用のサイクルを見抜かれないよう、いろいろと工夫しているのかもしれませんね。何か新情報がありましたら、是非またお知らせください。
TEX加藤 | URL | 2012/10/10/Wed 19:37 [EDIT]
原田さんの出身高校が自分の出身高校のライバル校なのですごく親近感が沸きます。
最後の部分に関しては特に強く同意します。先生が紹介された3つの力どんなことをやるうえでも大事だと思いました。

そう言えばTOEIC SWの結果が出ましたよ!
S180 W150でした。この試験ではアイディアがすぐに浮かぶのか、そして論理的な展開ができるかどうかが重要だと思いました。
結果報告時に勝手に先生の名前登場させてしまいました(笑)
すみません。
Wの最後の問題もちゃんと300語以上書いたのですが、展開が下手だったのか思うような点になりませんでした。それとも文法や語彙の使い方が悪かったのかわかりません。SWもアビメが欲しいと思いました。

やはり先生は問題作成をしたりしていらっしゃるからWに慣れているのでしょうか?
僕は大学のネイティブの先生と会話はたくさんしますが、メールのやりとりはたまにしかしません。
ライティングのコツがあればぜひ教えていただきたいです!
amurrites | URL | 2012/10/11/Thu 11:22 [EDIT]
amurritesさん
SWは一回目にしてはよいスコアなのではないでしょうか。特にSの180は素晴らしいですね。私がSWを受験したのはTOEIC講師になる前のサラリーマン時代ですから、問題作成とWのスコアは全く関係ありません。試験対策も問題形式の確認程度だったので、SWの試験対策についてはよくわかりません。Writingに関しては、月並みですが、ビジネスライティングの本を参考にしつつ、とにかくたくさん書くのが一番でしょう。TOEICのWritingでは高度なスキルは問われないので、定型パターンを身につけられるのがよいのではと思います。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2012/10/11/Thu 20:52 [EDIT]
IPテスト受験報告
TEXさん

金フレ総仕上げに入っています。そろそろ極めそうです。
ところで、hiroさんがIPテストについてコメントされていますが、僕も昨日、受験してきました。テストフォームはT1N213でした。詳細は本日、拙ブログにて記事にしましたので、ご確認いただけますと幸甚です。

Rabbit
Rabbit | URL | 2012/10/14/Sun 14:03 [EDIT]
Rabbitさん
情報ありがとうございます。ブログ拝見しましたが、おそらく日本の問題ではないですね。ETSも問題の再現を避けるため、いろいろと工夫しているようですね。また何か情報がありましたらお知らせください。
TEX加藤 | URL | 2012/10/14/Sun 21:19 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.