「なぜ?」をおそろかにしない
トヨタの「なぜなぜ5回」ではありませんが、「なぜ?」をおろそかにしない姿勢はTOEIC対策においても非常に大事だと思います。たとえば、以下の問題を解いたとします。

During the workshop, you will have plenty of opportunities to learn from ------- participants and benefit from their expertise.
(A) the other
(B) others
(C) it
(D) one another

解説部分には以下の説明があります。

選択肢の中で唯一、空所後の名詞participants(参加者)を修飾する形容詞として機能する(A)が正解。(B)(C)(D)はいずれも代名詞で名詞を修飾する機能は持たない。

ここで、「ふーん。そうなんだ」と軽く読み流し、次の問題に進んでしまわずに、以下のように自分に問いかけてみるのです。

*otherは正解になるのか?
*the otherとotherはどう違うのか? 
*anotherは正解になるのか?
*anotherとotherとthe otherはどう違うのか?
*itsは正解になるのか?
*each otherは正解になるのか?
*each otherとone anotherはどう違うのか?
*participantと単数形だったら何が正解になるのか?
*participantsがなく、from ------- andだったら何が正解になるのか?

こうした「小さな疑問」をその場で調べて一つ一つ解決し、さらに類題を解いたり、ネットで英文を検索したりして、自分の理解が正しいことを確認すれば、「知識」が「知恵」になります。そこまでやれば、このタイプの問題はどんな問題が出ても解けるはずです。

「知りたい」「なぜ」という好奇心が旺盛で、疑問に思ったことを面倒くさがらずに根気強く一つ一つ解決できる人って、TOEICでも仕事でも成果をあげられるのではないかなと、私は思います。


3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

自分で調べたことは忘れない
TEXさん

ちょうど今、読解特急4を買ってきて読み始めました。明日の通勤電車まで楽しみにとっておこうと思っていたのですが、我慢できずに開いてしまいました。

ところで、何故?は、やはりとっても大切だと思います。僕もこれまでは曖昧な点をあまり自分で深く調べることはしなかったのですが、最近は電子辞書とすっかりお友達になっています。

というのも、最近、TOEICの韓国本に手を出してしまったからです。韓国本は訳文も解説もハングル語なので、不明箇所は自分で分かるまで調べるしかありません。

電子辞書とFORESTを常に携帯し、何故?何でそうなるの?を納得いくまで調べています。分かった時は気持ちいいし、何よりも、自分で調べたことは忘れません。

コツコツいきます。
Rabbit | URL | 2012/09/13/Thu 22:08 [EDIT]
Rabbitさん
自分で考えて導いた答えは応用がきくんですよね。是非コツコツ「なぜ?」を積み重ねてください。
TEX加藤 | URL | 2012/09/13/Thu 22:36 [EDIT]
このブログいいですね。
このブログ素敵ですね。
為になります。
私はTOEIC点数アップと思い立っても
何度も挫折しました。
涙が溢れます。
diary-english | URL | 2012/09/15/Sat 07:33 [EDIT]
diary-englishさん
コメントありがとうございます。
TOEICも英語学習も楽しく継続してください。
TEX加藤 | URL | 2012/09/15/Sat 09:23 [EDIT]
haru
other, the other, another系の問題を悩んでいたころを思い出しました。
辞書で調べてもあんまりわからなくて、何度も間違えていたのですが、文法書のフォレストの図を見た時にスッキリ理解でき、以降間違えなくなりました。

自分で調べるのは時間がかかるし、解決できないことも時々あるのですが、解決できなかったことは、ポストイットで貼っておくことにしています。暫くして、自ら解決できた時に自分の成長が感じられて嬉しいですね♪

この文を見て私が一番悩むのはandは何を結んでいるか?です。learnとbenefitを結んでいるのだと思いしたが、haveとbenefitにも見えますし、あるいはoppotunitiesとbenefit?と。こういうのが直ぐに見抜けるようになってpart7も速く読めるようになりたいです。
| URL | 2012/09/15/Sat 23:48 [EDIT]
haruさん
「視覚化する」というのも文法の全体像をとらえるのには有効ですね。
自分で考えてわかるとすっきりして気持ちいいですよね。それは仕事でも同じでしょう。
ここではandは、learnとbenefitを結んでいて、benefitは動詞と考えるのが自然だと思います。
learn fromとbenefit fromと形も同じでバランスが取れています。haveとbenefitを
結ぶのであれば、will benefitとしないと、間が空きすぎていて、この二つの単語が頭の中で
結びづらいですし、andの左右のバランスが非常に悪いですね。opportunitiesと結ぶのであれば
名詞ですから、benefitsとすべきでしょうし、英文としても不自然な印象です。「andは左右の
バランス」「左から右への英文の流れ」を意識されるとよいと思います。
TEX加藤 | URL | 2012/09/16/Sun 08:55 [EDIT]
haru
TEX先生、解説有難うございました。
最初に読んだ時にlearn fromとbenefit fromが結ばれていると考えたのが間違ってなくてほっとしました。
今度悩んだら「左右のバランス」「左から右への英文の流れ」を思い出してみます。
| URL | 2012/09/18/Tue 00:06 [EDIT]
haruさん
andが何と何をつないでいるかは英文解釈上とても大事ですので、是非普段から意識してみてください。
TEX加藤 | URL | 2012/09/18/Tue 08:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.