TOEICリーディングはロジカル思考で
TOEICのリーディング対策で非常に重要だと私が思うのは、「ロジカル(論理的)に考える」という点です。言外の意味を汲み取る日本人には盲点になりがちですが、特にTOEICのようなテストでは、文章はロジカルに構成されているので、ロジカルに考えると正解が得やすいと思います。以前もブログに書いたことがありますが、「豚をおだてたら木に登った」のような論理的におかしい事実は正解になりません。

もちろん、英語自体がロジカルな言語で、日本語のように「えっと、あれよあれ」「あー、あれかあ」のような阿吽の呼吸による会話はありえませんし、パズルのようにしっかりとした構成要素で一つ一つの文章が成り立っていることは皆さんご存知のことと思います。

TOEICの設問は、文章全体の流れを理解していないと答えられないように作られているケースが多いと思います。ですので、「○○だから××」とロジカルに考えることで正解に近づけます。逆に考えると、それだけ解きやすいともいえます。必ず文章の中に正解を導き出すための情報があるわけですから。その解答を文章に入れることで、パズルが完成する、あるいは自然に文章が流れるようになる答えが正しいということになります。

ここで、今回のパート6で問われた、Specificallyを例に挙げてみます。辞書で調べると、「You use specifically to say that you are concentrating on a particular aspect of a subject」と書かれています。何か主題があって、「中でもとりわけ」「(その中でも)特に」といった意味です。

今回のTOEICでは、ウエブサイトのデザイナーさんへ追加で作業をお願いする会社からのメールの中で出てきました。この問題の答えを解くためのロジカルな思考の流れを書くと以下のようになります。

先日はウエブサイトをデザインして頂いてありがとうございます。
→あなたにデザインしていただいたサイトは顧客から好評です。
→だから、追加で作業をお願いしたいと思います。
→その追加の作業の中でも、(Specifically)、○○と△△の作業をお願いしたいと考えています。

こう考えると、()の中に入る単語としてSpecificallyはぴったりですね。

先日のブログで紹介した「英語で作るビジネス文書ルールとマナー」の中にもこの単語が出てきたので最後に紹介します。Satellite Network Systemsという会社の担当者から、Minessota Meetingsという会社の担当者へ宛てた文書の中で使われていました。

I enjoyed meeting you at the French American Chamber of Commerce last Thursday and wanted to follow up on our short, but very pleasant, conversation about what we call "business television".

Specifically, I wanted to let you know of the capabilities of my company, Satellite Network Systems, in areas that might interest Minnesota Meetings.

先日お会いして「ビジネステレビジョン」についていろいろと楽しく話させて頂きましたが、とりわけ(Specifically)、私が知って頂きたかったのは~ということです。

これもぴったりですね。

本番でなかなかそこまで余裕は無いかもしれませんが、「ロジカルに考える」ことでリーディングはスコアアップできると思います。もっとも、考えすぎて時間が無くなったり、「裏の裏」まで考えすぎて間違えるといった自体は避けたいところですが。

↓読んで頂いてありがとうございます。クリック頂けると嬉しいです。



Comment

管理人にのみ表示する

論理的思考ですね!
TEX加藤さん、こんにちは。

今日の記事、興味深く読ませて頂きました。

ビジネスパーソンだと、ロジカルシンキングの研修を受ける機会が結構あると思います。私も受講しましたが、ビジネスを行う際も情報を整理して、如何に自分の思っている事を系統だてて相手に伝えるかは非常に重要だと思います。

きっとTOEICも限られた時間の中で論理的に読み、解答にたどり着くかという点はビジネスを通じるところがあるのでしょうね。

これから今まで以上にロジカルにパート7を読むように心がけたいと思います。
(あっ、でも接続詞等を入れる問題では、パート5やパート6にも使えますね・・・。)


Tommy
新東京都民 | URL | 2008/11/03/Mon 08:19 [EDIT]
その通りだと思います!
Tommyさん、こんにちは。TOEIC自体がビジネスマン向けのコミュニケーションスキルを向上させるためのテストでしょうから、必然的におっしゃっている通り、ビジネスとの共通項が出てくると思います。ロジカルシンキングは、パート5の語彙や接続詞、関係詞などを問う問題や、パート6にも使えますね。パート7はロジカルに読むと内容も理解しやすいし、話の流れがイメージしやすいと思います。さすがに支離滅裂な文章や、あっと思わせる結末はありえませんから。11月の試験まで気付けば1ヶ月を切っていますので、カナディアンパワーを是非本番で発揮してください。
TEX加藤 | URL | 2008/11/03/Mon 09:06 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.