重複と採点対象外
戸育ぬり恵さんより、TOEICのスコア表の見方についてご質問を頂きました。他の読者の方にも参考になるかと思いますので、情報共有させて頂きます。

1. ダブルカウント問題について
「どの項目の間でダブりがあるのか」 はわからないのでしょうか?

R(リーディングセクション)では、スコアシート上、2つの項目でダブルカウントされる「重複問題」があります。5月の公開テストでは、両フォームとも9問が重複問題でした。問題数の合計が100ではなく109になっているのはそのためです。この重複問題は、ヒロ前田さんの実験により、以下の2種類であろうことが判明しています。

(1)Part6の文脈語彙・文法問題
(2)Part7DPのクロスレファレンス(両文書参照型)問題

この2つがスコアシート上のどの項目に重複計上されるかですが、(1)の文脈語彙問題はRの上から3つ目と4つ目の項目、文脈文法問題は3つ目と5つ目です。(2)は、本文上の情報から推測して解くタイプの問題なら1つ目と3つ目、本文上に直接答えにつながる情報が示されている場合は2つ目と3つ目に計上されます。

2. ノーカウント問題
TOEICには「ノーカウント問題」 (出題されても採点対象とならない) があると聞いたのですが、こういう問題があるかどうかはわかりますか? また、アビメにはどう反映されているのでしょうか?

TOEICでは、ETSにより不適切であると判断された問題がスコアの対象から外れるケースが稀(年数問)にあります。過去には以下の実例がありました。

(1)難易度が高すぎたため、上級者の正答率が低く、勘で答えた初中級者の正答率が高くなり、正しく英語力が反映されていないと判定された問題
(2)Part7の同義語問題で、設問文の行数が間違っていた問題

L(リスニングセクション)の場合、換算表の問題数の合計が99や98になれば、その差が「ノーカウント問題」です。ただし、どの問題がそう判定されたかは不明です。Rでは、「ノーカウント問題」の有無は不明ですが、たとえば、私と神崎さんがある問題で異なる答えを選んだにも関わらず、二人ともアビメがオール100なら、その問題は「ノーカウント問題」だと判断できます。ノーカウント問題は採点からは外れますので、アビメへの影響はありません。

3つ目のご要望の早見表は、問題フォームが2種類ある上、Rは重複問題もあるので、かなりの数のスコアサンプルがないと、現実的に作成は難しそうです。ETSが公式発表してくれるのが一番いいのですが。

以上、よろしくご確認ください。

3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

お詫び
「TOEICテスト新公式問題集Vol.5」ですが、Vol.4,Vol.3より易しいというアマゾンのコメントを見て、さすがに驚きました。どうして、こういう事態になったのかわかりません。日本人はTOEICが弱いと甘く見らえているかもしれません。

他にもやり方はあると思います。神崎先生の「(通称)簡単模試」、ヒロ前田先生の「究極の模試」、朝日新聞出版の「特急シリーズ」など。

下手な市販の「ホワイトブック」「ブラックブック」は致命傷になりかねません。(「ブラックブック」を使ってスコアが上がったという話はありますが、他の本との合わせ技でないと無理でしょう。
Mind keeper | URL | 2012/06/29/Fri 11:13 [EDIT]
Mind keeperさん
公式問題集は問題の難易度よりも、解いた後のフォローが大切ですから、有益であることに変わりはないと思います。私もしっかりと内容をマスターしようと思っています。
TEX加藤 | URL | 2012/06/29/Fri 23:27 [EDIT]
ありがとうございました。
TEX先生:

換算表について、
ご丁寧なご回答をいただき、
ありがとうございます。
心より、感謝申し上げます。

Rの「ダブルカウント問題」についてなのですが、

5つの項目のうち、いずれの項目間でも
重複する可能性はある、ということですよね。

「この項目とこの項目の間には重複はない」
と言うことはできない、ということでしょうか。

となると、

アビメ換算表を使っても
「100問中何問正解したか」を
(アビメの項目がすべて100にならないかぎり)
正確に知ることはできないことになりますか?

「テストごとの正解数」を
正確に知ることができれば・・・と思っております。

よろしくお願いします。
戸育ぬり恵 | URL | 2012/06/30/Sat 15:43 [EDIT]
戸育ぬり恵さん
重複の可能性があるのは、「1つ目と3つ目」「2つ目と3つ目」「3つ目と4つ目」「3つ目と5つ目」ですから、3つ目の項目が100なら正答数は分かりますね。たとえば、今回のメジャーで94 95 100 97 96なら4問ミスです。3つ目の項目で減点された場合、満点に近いレンジなら、ほかの受験者のスコアから正答数が判明する可能性はあります。たとえば、自分のアビメが94 100 95 100 100だった場合、1問ミスか2問ミスかは不明ですが、100 100 100 97 100でR485の方がいますので、自分のスコアが485だったら1問ミス、480なら2問ミスです。それ以外の場合、残念ながらRの正解数を判断する手段はありません。
TEX加藤 | URL | 2012/06/30/Sat 17:38 [EDIT]
ありがとうございます。
よくわかりました。

もし可能でしたら、いつもの換算表に

「今回のフォームは、3問ミスまでが495」

みたいな欄が追加になるといいなあ、
なんて思ったりしています。

お願いばっかりで申し訳ないです。
ぬり恵 | URL | 2012/07/01/Sun 13:06 [EDIT]
ぬり恵さん
そうですね。あと1問で495だった方と、ぎりぎり495だった方がいらっしゃれば可能ですね。可能であれば一言コメントに入れますね。
TEX加藤 | URL | 2012/07/01/Sun 20:16 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/07/02/Mon 17:17 [EDIT]
質問お願いします
TEXさん

以下、教えてください。

公式HPに
「リスニングテスト中にリーディングセクションの問題文を見る行為、またはリーディングテスト中にリスニングセクションの問題文を見る行為」という記載が出てましたが、これは以前からあった注意事項なんでしょうか?
それとも新設されたものでしょうか?

韓国では禁止みたいなのをどこかで見た気がするのですが、日本ではみなさんP1のディクテーション中にP5とかやっていると思うのですが。

さすがに見る行為なので解く行為とは書いてませんが見ずに解けませんしね・・・笑

でもLからRへの流れは、46分経ったので辞めてくださいと試験官は注意しませんよね、LとR併せて2時間or2時間1分のテストなので試験時間内で片づければ良いような気がするんですが・・・

よろしくお願いします。
hiro | URL | 2012/07/08/Sun 09:17 [EDIT]
hiroさん
ちょうどそのことで記事を書こうと思っていたところでした。6月の公開テストの受験票には記載のなかった事項なので、追記されたものだと思います。私はこれまで1度もリスニング中にパート5を解いたことはありませんし、生徒さんにも積極的に勧めたことは一度もありません。「禁止事項として記載されてはいませんが、解答のリズムが狂う、マークミスの可能性がある、分からない問題があると動揺する」等のデメリットがあることは理解した上で皆さん自身でご判断ください、というスタンスでした。以前受験したTOEFL ITPでは、リスニング終了後、「これからリスニングには戻らないでください」という試験官のアナウンスがありました。TOEICがそうなるかは不明ですが。TOEICは2時間の試験ではなく、リスニング45分、リーディング75分の試験ですから、それぞれの制限時間内に解くべきだと私は思います。いずれにせよ、今回禁止事項として明文化されたわけですから、ディレクション中にPart5を解くのはやめたほうがいいですね。スコアが欲しいという気持ちは皆同じですし、全受験者が同一条件で受験するのがフェアだと思います。
TEX加藤 | URL | 2012/07/08/Sun 09:50 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.