5月公開テスト正答数換算表
皆さん、多数のご報告ありがとうございます。皆さんのご協力のおかげで両フォームとも全項目の問題数が判明しました。以下が項目別正答数の換算表です。クリックで拡大します。今回は、両フォーム共、リーディングは全問正解のみ495と、990を取るには厳しい回だったようです。

図1   図2

正答数の計算方法ですが、リスニングは、それぞれの項目別の誤答数を合計し、100からマイナスすると合計正答数になります。注意点として、パート6の文脈タイプの問題とパート7DPの両文書参照型の問題は、2つの項目でダブルカウントされるため(点数に与える影響はほかの問題と同じです)、リーディングパートについては正確な正答数を出すことはできません。

なお、初めて表をご覧になる場合の表の見方につきましては、こちらの記事をご参照ください。AMの項目の内容につきましては、こちらの記事をご覧ください。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

質問です
戸育ぬり恵です。

換算表いつもありがとうございます!

170回のRは、全問正解でないと
満点495点が出なかったとのこと。

私も前回985点のときより
正解率が上がったのに
スコアは10点ダウンしました。

「問題がやさしいとスコアが低なる」
TOEICの特徴がハッキリ出ましたね。

さて、アビメ換算表について
質問がございます。

(1)ダブルカウント問題について

170回におけるアビメのRの合計問題数
は109問、つまり9問のダブルカウントがある
ということですが、

「どの項目の間でダブりがあるのか」
はわからないのでしょうか?

「長い英文」の中でのダブルカウントなのか
「短い英文」とのクロスダブルカウントもあるのか
ということです。もしわかればうれしいです。

(2)ノーカウント問題

TOEICには「ノーカウント問題」
(出題されても採点対象とならない)
があると聞いたのですが
こういう問題があるかどうかはわかりますか?
また、アビメにはどう反映されているのでしょうか?

(3)正解数とスコアの早見表

これは質問ではなく要望です。

従来の「換算表」に加えて、こういう表が
あるといいなと思っていますが可能ですか?

正解数とスコアの一覧表です。

リーディング
正解数 100 スコア495
正解数 99  スコア490
正解数 98  スコア480

などのようにです。

正解数100-90ぐらいまででも
早見表があるとうれしいです。

お願いばかりで申し訳ございませんが
ご検討よろしくお願いします。
戸育ぬり恵 | URL | 2012/06/27/Wed 07:18 [EDIT]
戸育ぬり恵さん
さすがに鋭いご質問ですね。答えが長くなりますし、ほかにも知りたい方がいらっしゃるでしょうから、別記事にてお答えしますね。
TEX加藤 | URL | 2012/06/27/Wed 07:53 [EDIT]
よろしくお願いします。
お忙しいところ、恐縮です。

この換算表は
学習者にとっては有意義なのですから

TOEIC運営委員会が
発表してくれればいいのに、と思ったりします。

加藤先生は、運営委員会とそういう相談を
されたことはおありでしょうか?
ぬり恵 | URL | 2012/06/28/Thu 23:25 [EDIT]
ぬり恵さん
運営委員会と話をしたことはありませんが、99%の受験者にとって、今のAMの見方はさっぱりわからないので、せめてパート別に正答数がわかるようにすべきだと個人的には思います。莫大な利益を上げているわけですから、AMは何とかしてほしいですね。そもそも問題フォームが2種類あることすらも公表されていないのが謎です。東電ではありませんが、市場原理にさらされていない企業のお役所体質を感じます。
TEX加藤 | URL | 2012/06/28/Thu 23:47 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.