森を見る
先週の公開テストの感想で、パート3の難易度を「普通」と書きましたが、生徒の感想やネットでの反応を見ると、「難しかった」という意見が圧倒的に多いですね。確かに、会話の場所や内容のバリエーションが豊富で、以下のように会話の内容から答えを推測して解く問題もありました(問題の再現はできませんので、こちらで適当に作り替えてあります)。

男:すみません。チケット大人一人お願いします。
女:え、試合はとっくに始まっていて、終了まで30分もないですよ。
男:いいんです。僕はバスケットボールが好きで、パンサーズのファンなんです。急な仕事で遅くなりましたが、今日の試合はどうしても見たいんですよ。

問:この試合について推測できることは?
答:男性は30分以上見ることができない。

「終了まで30分もない→30分以上見ることができない」と推測しなければいけないので、やや難度が高いかもしれません。でも、これって普通の会話ですよね。けっして不自然な会話ではありません。

「あまり聞いたことのないパターンの会話が多かった」という感想は、TOEICの枠内で考えているからそう思うわけであって、その枠を取り払えば特段難しい内容ではありません。初中級者の方は仕方ないとして、少なくともリスニング満点を目指すのであれば、どんな内容の会話が来てもフレキシブルに対応できる「柔軟力」を持ちたいものです。

「問題先読み→木・森に仕分け→まちぶせ」といった試験技術にとらわれすぎると、思考が硬直化してしまい、パターン通りの会話なら対応できても、ちょっとイレギュラーな内容だと対応できなくなってしまいます。正面に来たゴロは取れても、バウンドが変わるとエラーしてしまうわけです。

私の場合、問題と選択肢を先に読んでポイントを頭に入れたら、後は会話の流れをつかむことに専念しています。会話の中の具体的な情報を聞き取って答える「木」の問題も、会話の流れがしっかりつかめていれば解けます。神崎さんが先読みなしでリスニング毎回満点なのはその証明です。むしろ、「木」の問題に意識を集中しすぎると、話の全体像が見えなくなってしまう恐れがあります。「木を見て森を見ず」の状態です。今回のパート3が難しく感じられた上級者の方は、「全体像を意識する」ことを心がけるとよいかもしれません。

最後に、今月読んだ「将棋名人血風録」(加藤一二三著・角川oneテーマ21)からの一節をご紹介します。著者は将棋の元名人です。

直感の手と後から考えた手の二者択一のときは直感の手を選ぶようにしている。後から考えた手は、都合よく読み進める傾向がある。

これはTOEICでも同じですね。私の経験則として、上級者の場合、特にパート5では、直感で選んだ答えを考え直すとミスにつながるケースが圧倒的に多いと思います。経験に基づく直感は「山勘」ではなく「経験の集積」ですから、「パート5では後付けより直感」が鉄則です。

ヒロ前田さんの「究極模試」が発売になったようなので、後で書店に見に行ってきます。「公式問題集VOL.5」も今月中旬に発売になるそうなので今から楽しみです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEX加藤先生、こんばんは。試験当日の朝、TOEIC神社の鐘を「ゴ~ン」と打ち鳴らして出陣したのに、パート3は撃沈でした。鐘の鳴らし方が足らなかったかな?おっしゃる通り、柔軟に聞けるように練習しなくては。で、さっき、ちょうど今の時間にやっているアメリカのTVドラマを見ていたら、早口でまくしたてる会話の多いこと!ん?これ、なかなか良い教材ではないかな。録画してあるから、一度で聞きとれなかった部分はもう一度聞いて復習できるし。
Midori | URL | 2012/06/01/Fri 23:48 [EDIT]
TEX先生、こんばんわ。

今回の記事は、まさにタイムリーで、自分の為に書いてくれたのではないかと
思ってしまいました。

TEX先生の書かれていること全てが、まさに自分に完全にあてはまっており、
ここ1年くらい、リスニング450-475で停滞しており、
常にリスニング満点を目指してはいるのですが、なかなか達成できないでいます。

それは、まさに、どんな内容の会話が来てもフレキシブルに対応できる「柔軟力」を持っていないためであり、「問題先読み→木・森に仕分け→まちぶせ」といった試験技術にとらわれすぎていたから、だということを5月の試験で痛感しました。

というわけで、今週から先読みなしで、ダイアローグを聞いて、ストーリーを理解して、解答する練習をはじめました。
(素材は、韓国のEconomy5 LC、ETS TOEIC Listening PREP BOOK、話題の超・究極模試です。)

やってみての感想は、音に完全に集中しないといけないことと、
記憶を保っておかないと解答できないからだと思うのですが、
とにかく凄く脳みそを使ってるせいか、ない頭を使おうとして過剰気味に
なっているせいなのかよくわかりませんが、恐ろしく疲れました。

慣れるまでは、毎日相当疲れる気がしますが、今は、これが満点への一番の近道かつブレない真のリスニング力を養成する最善策だと思っております。

と、ここまで、あたかもこの練習の仕方、自分で考案したかのように書いてますが、実はこの練習については、200問正解達成のブロガーAndyさんから教えてもらったもので、自分で考案したものではないです。
AndyさんもTEX先生同様の意見で、森を見ることの重要性をといておられ、
「全体像を意識する」ようにすることを、おっしゃっておられました。

最後に、僕が気になったことを。
神武以来の天才の加藤一二三九段ですが、今も、まだ昼食時は、うな重なのでしょうかw
DIO | URL | 2012/06/02/Sat 02:07 [EDIT]
会話の状況が頭の中に浮かぶので、Part3は得意なのですが、妄想ワールドに突入し、こちらの世界へ戻って来るのに時間を費やしてしまうことが多々あります(公開試験の時に、それは顕著に起こります......涙)。
上の会話だと...
バスケの試合会場には場違いなスーツ姿の男(学生時代はバスケ部キャプテン)が、チケットブースのお姉ちゃん(学生時代はチア部の花形)と会話をするうち、男性は、だんだんと試合はどうでも良くなり、いかにこの女性を誘い出すか、に必死になる。
一方の女性は、多少強引さを感じつつも、この男性に好印象を持ち、結局誘いをOKし、そこから2人の物語は始まる....
と言った感じです(いかにもありがちな、安っぽいアメリカンドラマ風。これがイギリス英語だと、ちょっとひねったドラマが展開されます)。

Part4もこんな調子なので、計20もの場面を頭の中で展開し、憔悴しきったところで、怒濤のReading Section開始、となります。
Part7でも妄想ワールドは健在で、結果、しょーもないミスをやらかしてしまいます。

Tex先生は、試験中、奥様キャラが登場して来た時など、どうやってお引き取り願うのでしょうか...?

ペーペー講師 | URL | 2012/06/02/Sat 06:27 [EDIT]
Midoriさん
次回は是非、「打倒パート3!」とつぶやいて鐘を打ち鳴らしてください。TVドラマはナチュラルスピードですから、リスニング力UPにはいいと思いますよ。楽しく勉強するのが一番ですから、お好きでしたら是非ご活用ください。
TEX加藤 | URL | 2012/06/02/Sat 09:39 [EDIT]
DIOさん
私も先読みなしで本試験を受けたことがありますが、いつもより疲れました。いつもと違った方法をいろいろと試してみることで道は開けると思います。その勉強法を続けていれば495は近いと思いますよ。「うな重」のことをご存じとは、将棋がお好きなんですね。ちなみに今は「寿司」に決めているそうですよ。いつも同じメニューなのは、対局中にいちいち何を食べようか考えるのは時間の無駄だからだそうです。
TEX加藤 | URL | 2012/06/02/Sat 09:50 [EDIT]
ぺーぺー講師さん
そこまで世界が広がるとはすごいですね。私の場合、試験の範囲内で状況をイメージしています。試験中は、あくまで試験問題に掲載されている情報のみを客観的に見ることが必要です。「冷静さ」を失わないことが大事ですね。対処法として、問題演習をたくさんこなして、「TOEICの世界」を頭の中に構築するとよいと思います。TOEICの世界に恋愛はありませんから(笑)
TEX加藤 | URL | 2012/06/02/Sat 10:07 [EDIT]
TEX加藤先生、いつもコメントに対する丁寧なお返事ありがとうございます。励みになります。先生の講義を聞きたいと思い、エッセンスのHPを見てきました。単発で一日だけとかいう講座の予定はないのでしょうか?もし予定があれば、ここでお知らせ願えれば幸いです。都内から離れたところに住んでいるので、短期講座でも通うのは無理なもので。
Midori | URL | 2012/06/03/Sun 21:16 [EDIT]
Midoriさん
申し訳ないのですが、一日だけのセミナーや講座の予定は今のところありません。そういう機会がありましたが、当ブログで告知させていただきますね。
TEX加藤 | URL | 2012/06/04/Mon 00:10 [EDIT]
リンクさせていただきました。
「TOEIC対策!情報サイト」を運営しております。moriと申します。

貴ブログを拝見させていただきまして、素敵なブログとお見受けし、当サイトからリンクさせていただきました。
もし、ご都合が悪ければ、ご連絡下さいませ。

また、もし良ければ当サイトにもリンク頂ければ嬉しく思います。

では、今後ともよろしくお願いいたします。

TOEIC対策!情報サイト
http://www.morito77.net/toe/
mori | URL | 2012/06/05/Tue 12:43 [EDIT]
こんばんわ
TOEIC試験を受けるたびに時間が足りません。
どうやらPART5が20分以内に終わらず、かつ
正答率が低いようです。
この二つの問題を解決するために
出題パターン別の問題集をやったほうが
いいのではないかと考えました。
例えば品詞問題で固っていたり、
分詞問題で固まっていたりなどです。
この考え方っていいのでしょうか?
またそれに合った問題集はありますでしょうか?
toshi | URL | 2012/06/05/Tue 20:55 [EDIT]
toshiさん
パート5の処理速度を上げる対策として、パターン演習は有効だと思います。「極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5&6」(スリーエーネットワーク)がお勧めです。是非書店にてご覧ください。
TEX加藤 | URL | 2012/06/05/Tue 23:05 [EDIT]
ありがとうございます!
早速のご返事ありがとうございます。
明日、本屋に直行してみます。

文法は教えていただいたものを、
単語は先月購入した金フレを十分に
やりこんで次こそは全問クリアしたいと
思います。
本当にアドバイスありがとうございました。
toshi | URL | 2012/06/05/Tue 23:14 [EDIT]
toshiさん
パターン別にはなっていませんが、「文法特急」もお勧めです。TOEICの問題を解くのに必要なスキルが一通り学べますので、通勤用に合わせてご購入されてもいいと思います。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2012/06/06/Wed 00:13 [EDIT]
復帰しました
遅かれ早かれ、またTOEIC にもお世話になるはずです。その際には、以前のようにTEX さんの記事をガッツリと読ませていただきます。取り急ぎですが、ご挨拶まで。
山下衛 and/or 渥美クライマックス | URL | 2012/06/09/Sat 06:41 [EDIT]
渥美クライマックスさん
復帰おめでとうございます。時々ブログを拝見し、復帰されたので喜んでいたところです。すごい英語力をお持ちなので、TOEICにも復帰されることを楽しみにしています。
TEX加藤 | URL | 2012/06/09/Sat 10:19 [EDIT]
公式問題集について
「TOEICテスト新公式問題集(vol.5)」ですが、アマゾンで予約受付中で6
月16日発売予定です。
toeic運営委員会では、未発表のようです。
匿名 | URL | 2012/06/10/Sun 05:04 [EDIT]
匿名さん
あ、そのようですね。発売されたら買って分析しないといけません。楽しみです。
TEX加藤 | URL | 2012/06/10/Sun 09:46 [EDIT]
Vol.5について
TEX先生こんにちは。
大分前に、先生が「TOEICテスト新公式問題集Vol.5」が出版されるという情報を得て、結局出版されず「リスニングプラクティス」が出版されたということがありましたね。(先生が憶えておらえるか知りませんが。)
Vol.5とリスニングプラクティスについて、森田鉄哉さんが、自分のブログ上で憶測を述べていました。Vol.5の内容を見ていない上での森田さんの想像なので私には何も言えません。
Mind keeper | URL | 2012/06/11/Mon 06:27 [EDIT]
すみません。森田鉄也さんでした。
Mind keeper | URL | 2012/06/11/Mon 07:23 [EDIT]
Mind keeperさん
あ、そういうことがあったんですか。いずれにせよ、Vol.5が出るのは楽しみですね。
TEX加藤 | URL | 2012/06/11/Mon 07:30 [EDIT]
追記
公式問題集Vol.5のことが気になっていたので、IIBCに問い合わせてみました。すると、「TOEICテスト新公式問題集Vol.5」は最も新しい本で、もうすぐ、TOEICのサイトでも発売されるということです。
森田さんの発言の一部は韓国のリスニングブックに、日本の公式プラクティスの要素が入っていることだそうです。
Mind keeper | URL | 2012/06/11/Mon 12:43 [EDIT]
プレスリリース
ついに、今日TOEIC公式ホームページで「TOEICテスト新公式問題集Vol.5」がプレスリリースとなりました。TEX先生も見てきてはいかがですか。細かい説明があります。

韓国の「リスニングブック」「リーディングブック」とかぶるのではないかと、森田さんはおっしゃっていますが。
Mind keeper | URL | 2012/06/11/Mon 15:44 [EDIT]
Mind keeperさん
情報ありがとうございました。さっそくHPを見ました。いずれにせよ、我々講師はすぐに購入し、内容分析しないといけません。解くのが楽しみです。
TEX加藤 | URL | 2012/06/11/Mon 20:54 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.