TOEICリーディング対策
今日現在も、FC2ブログランキングで1位が続いています。訪問して頂いた全ての方にお礼を言いたいです。雑文を読んで頂いて本当にありがとうございます。

さて、ここ4回連続してTOEICを受けてみて感じるのは、高得点を取るために、異常に難しい単語を覚える必要はないのでは、ということです。私もたまに本屋で、「TOEIC満点を取るための英単語」的な本を立ち読みしますが、あまりに難しい単語のオンパレードにくらくらしてしまって、すぐに棚に戻してしまいます。

でも、実際のテストにはほとんどそうした単語は出てきません。難しいと言われる今回でも、設問で直接問われた難語は、deliberation、deteriorate(同じく難語のstumbleが他の選択肢にあった)、impendingぐらいだったかと思います。仮にこれらが分からなくても、消去法で解ける可能性もありますし、全部間違ったとしても他で十分カバーできます。

また、パート7の文中では、be slated forやintactといった難しい単語が出てきましたが、知らなくても前後の文脈から推測することはできます。ですから、少なくともTOEICのスコアアップのためには、難しい単語を覚えることに時間を割くより、基本的な文法や単語をしっかり勉強してミスを減らすことの方が効率的だと思うのです。

もう一つ、英語の本だけでなく、日本語でもいいので、本の多読・速読は、特にパート7対策としては非常に有効だと思います。私の場合、1999年以来、今年の6月までTOEICは受けておらず、英語も勉強していませんでした。前職では上司が米国人だったのですが、純日本メーカーに転職後のここ5年間は仕事でもほとんど英語を使っていません。

ですが、その間も、本を読むのが好きなので、ビジネスマン向けの自己啓発本や、仕事に必要なマーケティングや企画の本を中心に、年間200冊程度の本を読むことは続けていましたし、本を読むスピードはかなり速いと思います。ちなみに英語の本はその間一冊も読んでいません。

こうした多読・速読が、結果的に、パート7対策に有効で、私の得点源になっていると思います。英語と日本語の違いはありますが、さっと全体に目を通しておおよその文意を把握するスキルはパート7対策に間違いなく役立っています。

TOEICの勉強を一休みして、たまには息抜きに本を読んでみるのもよいと思います。私が今日これから読む予定なのは、「建築家安藤忠雄」です。日本が世界に誇る建築家の自叙伝ですが、読むのが今から楽しみです。どんな「気づき」が得られるでしょうか。

↓いつもクリック頂いている皆さん、ありがとうございます。ほんとうに励みになっています。


Comment

管理人にのみ表示する

secludeも出ていたような気がします。TOEICで難しめの単語がでてくると、
なんだか反抗期の子供のようで、はは、こやつめ、ははは、と微笑ましく思えて
しまう私はちょっとTOEICに漬かり過ぎかもしれません。
| URL | 2008/10/31/Fri 21:58 [EDIT]
コメントありがとうございます!
もはや神崎さん並のTOEICオタクですね(笑)secludeは問題集なんかでは、includeやprecludeが選択肢にある語彙問題で出てきたりしますが、本番でそういうパターンってあるのでしょうかね。やたらに語彙が難し過ぎる参考書が高得点者向けには多い気がします。ビジネスなのは分かりますが…
TEX加藤 | URL | 2008/10/31/Fri 22:13 [EDIT]
こんにちは。
こんにちは。現在Trontへ移ってこのブログを拝見させてもらっています。

多読の件、同感です。和書もある程度のスピードがないと英文も読めないんじゃないかなーって前から考えていました。

ブログの記事、大変参考になります。特に10月は試験を受けていなかったので参考にさせて頂きたいと思います。

Tommy@Toront
新東京都民 | URL | 2008/11/01/Sat 01:19 [EDIT]
カナダから
TOMMYさん、「カナダからの手紙」ありがとうございます。すみません。我々世代にしか分からないネタでした。英語も日本語も文章を早く読んで必要な情報を見つけ出す作業は同じですからね。英語になると急に読解力が上がるってことはまずないでしょう。最近は速読のノウハウ本も多数出ていますから、参考になるかもしれません。ブログ参考ににして頂いてありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2008/11/01/Sat 06:27 [EDIT]
興味深く拝見しました
はじめてコメントさせていただきます。いつも楽しく拝見しておりますが、今回の特に「異常に難しい単語を覚える必要はない」という部分、興味深かったです。私自身、びっくりするぐらい所謂語彙力は無いのですが、TOEIC新公式問題集で結構いい点を取れてしまいビックリしています。恐らく、前後の文脈から、分からない単語の意味を推測する力はあるのだと思います。実は10年ぶりに英語の勉強を再開し、今月末のTOEICが人生初のTOEICになるのですが、英語からは離れていたものの、日本語の読書はずっと続けていたので、READINGセクションもなんとか時間内に終わることができそうです。「本の多読・速読は、特にパート7対策としては非常に有効だ」という部分、非常に共感できます。
KING MO | URL | 2008/11/02/Sun 15:32 [EDIT]
ありがとうございます
KING MOさん、はじめまして。格闘家のキング・モーと同じHNなので、やや逃げ腰になってしまいました(笑) 日本人で、日本語で本を読むのが苦手な人が英語になった途端に読むのが早くなるということはありえないでしょうからね。日本語の読書はTOEICにも生きると思いますよ。私も9年ぶりに英語の勉強を再開して何とかなりましたから、これから試験まで集中して勉強して、是非月末のTOEIC頑張ってください。ブログ参考にしていただけて嬉しいです。ありがとうございます。
TEX加藤 | URL | 2008/11/02/Sun 19:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.