夢の印税生活
3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。

以下はフィクションです。

以前から本を出版したいと思っていた四十路サラリーマン加藤手苦巣氏は、趣味で受験を続けているTOEICで念願の990点を取得したのを機に、自らが3年かけてコツコツ執筆してきた「サルでもわかるTOEIC英文法」の原稿を出版社に持ち込みました。

当然、出版社としてもビジネスですから、無名の手苦巣氏の原稿は簡単には単行本化できません。業界大手の出版社には軒並み断られた末、幸運にも、たまたまTOEIC本の出版を始めようかと考えていた、落日出版から単行本化の運びとなります。「TOEICって名前が付いていればある程度の部数はさばけて大損はしないだろう」程度の考えだったのかもしれません。

素人の手苦巣氏が執筆した原稿は、ほぼ全面的に手直しを求められ、苦心惨憺の末、ようやくそれから1年後に出版されることとなります。「足かけ四年、苦労した甲斐があった。これで脱サラして夢の印税生活だ」と手苦巣氏が喜んだのもつかの間、出版社から届いた契約内容を見て手苦巣氏は驚きます。そこには以下のような内容が記されていたからです。

*印税率は初版が定価(税抜)の5%、重版から8%とする
*初版の印刷部数は5000部とする

ここから逆算した手苦巣氏の印税は以下の通りです。

「サルでもわかるTOEIC英文法」の印税
定価1500円(税抜)×5000部(初版)×5%=37万5千円

なんと、足かけ四年の努力がサラリーマンの給料1か月分です。それでも、「重版になるだろうし、まあいいか」と契約書に署名をした手苦巣氏は、本の発売後、アマゾンに自ら絶賛レビューを投稿し、インターネットの掲示板に自作自演の称賛コメントを投下し、店頭に足を運んでは棚差しになっている本を平積みになっている他のTOEIC本の上に重ねる、といった地道な営業活動を続けます。ところが、一向に出版社からの増刷の連絡は入らないのでした。

「出版の世界も厳しいなあ。でもまあ出版できただけでいい記念になるよ」と思い直した手苦巣氏に、しばらくして初版の印税の振り込み明細が出版社から届きます。封筒を開けた手苦巣氏の目に入ったのは、「37万5千円」ではなく、「1500円×3000部×5%=22万5千円」という数字でした。5000部刷ったものの、実際の販売部数は3000部で、残り2000部は出版社の在庫になっているのです。印税率の計算のベースとなったのが、「印刷部数」ではなく「販売部数」だったのです。契約書をよく見ていなかった手苦巣氏は、改めて出版ビジネスの厳しさを痛感し、脱サラをあきらめ、またサラリーマンの仕事を続けることにしたのでした。

これはあくまでフィクションで、もちろん契約条件は出版社や執筆者によって異なります。「先生、印税で儲かってるんでしょ」と教室で生徒によく言われるのですが、「印税=儲かる」という世間一般の考え方とは異なり、出版というのも厳しい世界であることは間違いありません。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

大爆笑です♪
仕事でちょっと凹むような出来事があり、肩を落としておりましたが
・・TEX先生、面白すぎるぅ~~
すっかり元気回復しましたぁ~

印税のパーセンテージが低いことは存じていましたので
たぶんTEX先生のお手元には○○万円くらいが・・なんて計算をしていた腹黒い私です(笑)

金フレが版を重ねることを心からお祈りしております。
そして、必ず他の企画のお声がかかると思いますよ。



クリームソーダ | URL | 2012/03/23/Fri 18:28 [EDIT]
読者の心には何かが残りますよね
TEX先生、こんにちわ。

自分も印税って、すごいんだろうな、と思っていた時期もありました。
でも、悲しいかな、実際は日本の書籍クラスだと全然なんですよね・・・。

逆に、世界的に知名度のあるミュージシャンなんかだと、たとえば(メタリカとか
ガンズみたいに)世界中で、CDが1000万枚とか売れるようになると、
それは、その後のツアーや諸々色々使われることで、最終的に
印税は凄いことになるんしょうけど、本だとツアーなんかないですし、
媒体は限られてますから、それ以上の発展性がないのが
つらいところですよね。

今だと、スマホアプリとか、DSとかPS Vitaみたいなゲーム機向けに
発展させることが出来そうですが、それでも限られてる気がします。

しかし、自分はこう考えます。

確かに、手元にお金は入らないかもしれないです。
でも、読者の心に何かが残りますよね。

自分も内容などほぼ抜け落ちてて覚えてませんが、
大学受験時代にお世話になった(ヘビロテした)以下のような本は、今でも、自分の中では
当時の受験戦争をともに戦い抜いた大切な宝物として、記憶に残ってます。

伊藤和夫先生 ビジュアル英文解釈
中原 道喜先生 基礎英文法問題精講
上垣 暁雄先生 桐原の英頻

いつか自分がTOEIC卒業して何年、何十年かした際に、
「そういえば、金フレって、表紙が金色の本があったなぁ、purveyorとか
jargonとかあの本しか見出し語になかった気がするなぁ。
あとTOEICの世界では、なんていう面白い話もあの本しかのってなかったなぁ。
あとあれで、990にかなり近づいた気がしたなぁ」
なんて、思い出の一冊として刻まれていると思います。

なので、TEX先生はじめ著者の先生方には、手元にお金は残らないかも
しれないですが(失礼)、読者の心には何かが残っているんだ、
もしかすると読者の人生を変えたかもしれない、くらいのことを励みに、
今後も素晴らしい本を出してほしいと思います。

なんだかえらそうにスミマセン。
でも、こういうふうに思っている読者もいるということで。
(僕の意見が多少のカンフル剤にはなりますかね?)
DIO | URL | 2012/03/24/Sat 07:04 [EDIT]
クリームソーダさん
どんな世界も楽して稼ぐことはできませんよね。「小さなことからコツコツと」です。
TEX加藤 | URL | 2012/03/24/Sat 12:22 [EDIT]
DIOさん
熱の入ったコメント、ありがとうございます。励みになります。出版は営利目的だけでは到底やっていけない世界だと思います。それ以外にやり甲斐があるからこそ、皆執筆活動をしているのではないでしょうか。TOEIC本でいえば、こうした読者からの喜びの声があるからこそ、書けるのだと思います。
TEX加藤 | URL | 2012/03/24/Sat 12:26 [EDIT]
TEXさん、お久しぶりです。

「出る単特急 金のフレーズ」発売おめでとうございます!

ところで、この記事、すごくおもしろくて、おかしかったです^^
yuki | URL | 2012/03/24/Sat 18:48 [EDIT]
yukiさん
お祝いコメントありがとうございます! 笑って頂いて何よりですが、出版業界も厳しいですよ。
TEX加藤 | URL | 2012/03/24/Sat 19:23 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.