取り越し苦労をしない
3月7日発売の「出る単特急 金のフレーズ」に関するご意見・ご感想はこちら、誤植のご報告はこちらへお願いします。

TOEICの受験直前に私が心がけていることはただ一つ、「集中すること」です。試験当日は、試験会場、周囲の受験者、試験運営、自分の体調等、いろいろと想定外のことが起きます。そのたびに腹を立てたり、イライラしたり、焦ったりしていては、本来の力を出し切ることができません。問題用紙が配られた後は、そっと目を閉じて深呼吸をして、「まもなくリスニングテストを開始します」のアナウンスがあるまでは、何も考えずにとにかく集中することだけを意識しています。

試験が始まった後も同じです。「どうしよう。今回だめだ」「パート1で3つも分からなかったよ」などといったネガティブなことを考えると、集中力がなくなり、100%の力を出し切ることができなくなります。そうではなく、「ドンマイ、次頑張ろう」「よし、できた」「いけるぞ」といったポジティブなことだけを考えると、パフォーマンスが高まります。

私もパート2等でうっかり聞き逃すことはありますが、「しょうがない。次だ」と気持ちをすぐに切り替えています。「やばい、200問正解できないよ」「リスニングで495逃したら情けないな」などといったことを考えるのが一番よくありません。

テスト中は1問1問集中して解き、リスニングではそれぞれのパートが終わるたびに、「よし、次のパートも頑張るぞ」と自分に言い聞かせています。リーディングセクションでは集中して全力で解きつつ、パート5・6が終わった時点、パート7は170番、180番、190番を解き終わった時点で残り時間をチェックします。それぞれ、残り30問、20問、10問ですから、それぞれ30分、20分、10分プラスアルファの時間が残っていればOKです。集中しつつ熱くなりすぎないことが大切です。

私が著書を愛読している中村天風さんの言葉で、「取り越し苦労は百害あって一利なし」というものがありますが、TOEICでも同じだと思います。たとえば私が試験前に、「990取れなかったら連続満点記録が止まってしまう」「950点とか取ったらどうしよう」などと考えてもいいことは一つもありませんし、そんなことを考えているとそうなってしまうかもしれません。そうではなく、結果は後でついてくるものだと割り切って、試験に集中することだけを考えるようにしています。

今週は授業が休みなので、アマゾンで組み立て式の本棚を購入し、読まない本はブックオフで処分し、だいぶ部屋の本が整理されました。きれいになると気持ちいいですね。学期が始まるとすぐにまた本が山積みになりそうですが。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

いつも
TEXさんいつも有意義な記事をありがとうございます。本当に誠実な方だなぁと感心し尊敬しています。金フレもちろん買いましたよ!とてもいいです!!早速僕の生徒さんに紹介しています。 担当している企業TOEIC研修でも紹介するつもりです! いつかお会いしたいです! これからもブログ楽しみにしています!
誠tada | URL | 2012/03/22/Thu 18:26 [EDIT]
誠tadaさん
え、誠実? 私はただのTOEIC好きのおっさんですよ。本のご推薦、ありがとうございます! ブログはぼちぼち続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2012/03/22/Thu 20:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.