英単語ピーナツと金フレ
前回の「金フレ(ツイッター等でこう呼ばれているのを見て拝借しました)」の記事に、じんさんから、2008年8月24日の記事とつながっている、とのコメントを頂きました。なにせ、このブログが始まって3回目の記事ですから、私自身すっかり忘れていたのですが、あらためて読んでみると、確かに不思議な感じがしますね。単語集はほとんど途中で投げ出していた私が、最後まで楽しく取り組めたのが「英単語ピーナツ」だったので、その影響が今回の著書にあることは間違いありません。

日→英形式で単語を使いこなす力を高める
読者の役に立つ単語を厳選する
演習の合間に息抜きを入れる

こうした単語本制作のベースとなる考え方は同じです。最初はレイアウトも似たような形を考えていたのですが、通勤電車では答えの確認のためにページをめくるという作業がストレスになるのではないか、見開きでも意外と右ページの答えは目に入らない、といった点を考慮して、見開き完結型の今の形にしました。実はこういうレイアウトも試しで作りました(中高生向けならありでしょうか)。

TOEIC_collocation_sampleB20001.jpg   TOEIC_collocation_sampleB20002.jpg


「英単語ピーナツ」ではピーナツのキャラクターが応援メッセージを読者に語りかけてきますが、「金フレ」では私のイラストを入れて、語りではなく「TOEICの世界では・・・」を盛り込みました。音声ダウンロードの流れや、重要部分に下線を引く形は「システム英単語」を参考にさせていただきました。

私が何より「英単語ピーナツ」から影響を受けたのは、読者目線で本が作られている、という点です。単にフレーズを並べただけではなく、随所に著者の読者に対する思いやりが感じられるのです。私が前職で企画していた玩具もそうですが、お客様のことを考えて作った商品かどうかは、使ってみるとわかります。今後読者の方が「金フレ」を使用した時に、私なりの創意工夫が伝われば嬉しいですね。

最後に、この本の形式が合わない、店頭で見たけどいまいちだった、と思われる方には、以下の単語本をお勧めします。単語は自分に合うやり方で覚えるのが一番です。

○例文で覚える派
「新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990」(神崎正哉著・講談社)

○問題演習派
「新TOEIC TEST単語特急1・2」(森田鉄也著・朝日新聞出版)
「TOEIC TEST 語彙・熟語・コロケーション1000問ドリル」(スリーエー)
「極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6」(スリーエー)

○長文で覚える派
「新TOEICテスト出る語句1800」(早川幸治著・コスモピア)
「極めろ!TOEIC TESTに出る 究極ボキャブラリー1000」(スリーエー)

「金フレ」が本当にスコアに直結するかどうかの試金石が来週の公開テストです。「使ってよかった」と思っていただけるような結果になることを著者として願っています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

『金フレ』ってステキな愛称ですね!EJの『奥様のためのTOEIC講座』に通ずるエレガントさを感じます♪
haru | URL | 2012/03/13/Tue 08:20 [EDIT]
haruさん
「金妻」とか「金スマ」風で、「出る金」よりいいかもしれませんね(笑)
TEX加藤 | URL | 2012/03/13/Tue 11:03 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.