「出る単特急」詳細
今回の単語本の主な特徴は以下の通りです。

1. TOEICに出る単語のみ1000語を掲載した
2. すべて7語以下の「TOEICフレーズ」にまとめた
3. 「英→日」ではなく「日→英」形式を採用した
4. パート1重要語100と多義語40は個別の章にまとめた
5. 「日→英」の音声が無料でダウンロードできる

掲載単語の選定方法については過去記事をご覧ください。前書きにも書いたのですが、この本では高校基礎レベルの単語は割愛していますので、そのレベルの単語に不安のある方は、お手持ちの単語集(「速単」「シス単」「ターゲット」「ユメタン」「キクタン」シリーズ等の基礎レベルのモノ)をまずはおさらいされることをお勧めします。

単語本の1ページ目は何度か紹介しましたので、今日は2ページ目を紹介します。これが一番簡単なレベルです。

IMG_00010001.jpg

本書は特急シリーズ初の二色刷りで、付属のチェックシートを右側のページに置くと、答えが隠れ、左側のページが「日→英」の穴埋め問題になります。ちなみに、TEX研究所の光トポグラフィを使った調査では、被験者のTOEIC脳に活性化反応が見られましたので、「TOEIC脳トレ」効果もありそうです(←嘘です)。もし、「日→英」はきついなあと思われたら、答えを見てまずはフレーズを覚え、それからチャレンジしてもいいと思います。

ご覧の通り、例文ではなくフレーズ形式なので、効率的に通勤の車内で勉強できるというメリットはありますが、この形式が好きな方とそうでない方がいると思います。例文で覚えるのが好きな方、長文形式が好きな方には、「出るボ990」「出る語句1800」「イクフン1000」をお勧めします。

それぞれの単語には簡単な解説もついています。12のbreakや19のrecentlyのようなまともな出題ポイントの解説もあれば、13のdocumentのような「TOEICの世界では」シリーズのしょうもないネタもところどころに入っています。その他、パート1重要語100(pierやcast a shadow等)と、多義語40(addressやrun等)は別の章に盛り込みました。

この本の音声は以下の形で収録しました。

単語→日本語フレーズ→英語フレーズ→英語フレーズ

たとえば、14の「quarter(四半期)」なら、

14. quarter → 第3四半期 → the third quarter → the third quarter

という形です。この音声を聞くだけでも勉強になるので、本を買わずに音声だけ無料ダウンロードする人が続出するかもしれません(よい子は真似しないでね)。

ということで本の宣伝はこの程度にさせて頂きます。一人でも多くの受験者のスコアアップにつながって、喜んでもらえれば著者としては大満足です。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

今後の要望=^-^=
おお、気合の入った本に仕上がっていますね。電車の中で、黄金の表紙を見れば、遠くからでも、先生の本だと認識できますね=^-^=ところで、”どうか無理をせずに適度な休息を”とか言いつつ、ちょっと、今後の希望がありまして、もしも可能ならば、大文字ばかりで書かれた文書のPART7用の教材を次の、”読解特急4、全文書大文字だけ!!”で実現するのは、不可能でしょうか?小文字だと理解できるのに大文字だけで書かれていると、とても難しく感じるのです。どうぞ、宜しくお願いいたします。
TOSHIAKI | URL | 2012/02/23/Thu 23:37 [EDIT]
「日→英」の「フレーズ形式」というのがいいですね。
いつ発売になりますか?楽しみです。
Mark | URL | 2012/02/24/Fri 00:36 [EDIT]
金のフレーズ
TEX先生、こんばんわ。

013 documentの解説読んで、笑ってしまいました。そうそう、と。

上司に叱られて、ストレスかかえている話とか
同僚が欝になったとか、そういうリアルすぎる話は
確かにTOEICでは出ないですね。(苦笑)

最近でこそ景気の悪い話も出ますが、TOEICの世界だと、
会社は業績は四半期ごとに常にうなぎのぼり、社員は表彰、
重役とのミーティングは当たり前、しょっちゅう研修に出席できる、
世界に支店がある、出張中の滞在先のホテルの朝食は
常に無料といった、どこにこんな天国のような会社があるのよ!?
といった話題ばかりでした。

トイッカー的には解説も熟読しないとダメですね。

あと、表紙が金色というのはいいですね。インパクトありすぎ!
本屋でカバーかけてもらうのを、あえて断ろうかと考えてしまいます。
過去の成功例だと、こんなところでしょうか。

イクフン黄金本 (韓国TOEIC模試)
西部警察の金のZ (車)
Zガンダムの百式 (モビルスーツ)
金のエンゼル (お菓子)
金のごまだれ (ドレッシング)

で、ここに
金のフレーズ
が続くと。
DIO | URL | 2012/02/24/Fri 00:48 [EDIT]
単語本だけでも、もう何冊も購入しましたが、自分にマッチしたものがなかなかなくて苦心していましたが、この本は絶対勉強しやすいと思います!!

「フレーズ形式」+「ほどよい解説」って、とても脳に定着しやすいと思います。
単語の暗記は、インプットだけでなく、アウトプットが大切ですから、問題形式は有効ですし。
Amazonで購入してコメントも書き込みしますね!

職場からの要請で、しぶしぶ始めたTOEICの勉強ですが、
TEX先生やキム先生、神田先生、たくさんの情熱的な先生方の参考書に触れ、少しずつですが英語の勉強が好きになってきました。
どうかこれから益々ご活躍くださいますように。

ところで新聞に広告は掲載するのですか?どんなキャッチコピーが付くのかしら。


クリームソーダ | URL | 2012/02/24/Fri 09:19 [EDIT]
TOSHIAKIさん
え、全部大文字ですか。さすがにそれは無理かと(笑) 今度はDP特急ではないでしょうかね。新書で見づらいのが欠点ですが、読者の要望が多かったので。
TEX加藤 | URL | 2012/02/24/Fri 09:28 [EDIT]
Markさん
発売は3/5の予定です。書店にて是非ぱらぱらとご覧ください。
TEX加藤 | URL | 2012/02/24/Fri 09:29 [EDIT]
DIOさん
TOEICの世界って現実離れしてますからね。遅刻したり注文ミスしても責められませんからね。サラリーマンにとっての理想郷です。金のZとか百式とかマニアックですね(笑) ゴールドライタンというロボットアニメも昔ありました。「金の表紙が恥ずかしくて買えなかった」「成金趣味っぽくてよくない」といった声が聴かれないといいのですが。
TEX加藤 | URL | 2012/02/24/Fri 09:32 [EDIT]
クリームソーダさん
「日→英」だけだと疲れるので、音声を活用したり、「見出し語→フレーズ」に挑戦してみたり、いろいろと工夫してみると学習が継続するのではと思います。TOEIC学習が楽しくなったのは何よりです。新聞広告は朝日ですからいつも出ますが、どんな広告になるのかは私も全然知りません。編集者のS藤さんまかせです。表紙の帯についてるキャッチフレーズをそのまま使うのではないでしょうかね。
TEX加藤 | URL | 2012/02/24/Fri 09:36 [EDIT]
こんにちは、せーちゃんです。
超特急シリーズは、前回の公開試験前から購入させてもらっています。
新しい書籍が発売するときいて、楽しみになっています^^
というのも、文庫・新書サイズである学習本には目がない私なので、手軽に持ち運べて学習ができるツールとして愛読させていただいています。

執筆作業は非常に大変かと思いますが、機会があればぜひ取り組んでいただければ、と思います。

せーちゃん | URL | 2012/02/24/Fri 13:29 [EDIT]
せーちゃんさん
新書サイズで手軽に持ち運べるのはメリットですよね。執筆はぼちぼち頑張ります!
TEX加藤 | URL | 2012/02/25/Sat 02:11 [EDIT]
百式
やっぱ無理ですよね(笑)ちょっと、思いついたので、忘れないうちに書き込んでみました。全文書DP!!大歓迎です。ところで、百式、懐かしすぎる。確かに金色でしたね。子供のころは、なぜ、アムロとシャーが、いつの間にか味方になっていたのか不思議で仕方ありませんでしたが、大人になってから、作品のなかの歴史背景を理解してから思い出すと、納得できた記憶があります。要するに、僕の英語力も、いつかは向上して、その時には、DPも容易に理解できて、今の苦労を懐かしむ時が来るのかな?来たらいいな=^-^=と、日々、願っております。
TOSHIAKI | URL | 2012/02/25/Sat 04:47 [EDIT]
TOSHIAKIさん
今のように楽しく真剣に学習を続けられれば、きっとそういう日がくるでしょうね。アムロのように才能を開花させるのを楽しみにしています。
TEX加藤 | URL | 2012/02/25/Sat 08:58 [EDIT]
TOEIC
こんにちは。加藤先生。
私は韓国でTOEICを講義するカン·ウジンです。
また、TOEIC教材を執筆しています。
まず、お会いできて嬉しいです。
韓国と日本のTOEICのコンテンツに関連して、先生にしたい話があります。
イメールを知りたい可能でしょうか?
可能にすると私の電子メールアドレスであるrealgawoodasi@daum.netにご連絡お願い致します。
ありがとうございます。
tacticsT | URL | 2013/11/10/Sun 13:53 [EDIT]
tacticsTさん
ご連絡ありがとうございます。ご質問の内容が不明ですので、お答えできるかどうかは分かりませんが、メールをお送りしますので、詳細をお知らせいただければと思います。なお、テスト問題に関するご質問にお答えすることはできませんので、あらかじめご了承ください。
TEX加藤 | URL | 2013/11/10/Sun 14:54 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.