1問を大切に
「プロフェッショナル 仕事の流儀 英語講師 竹岡広信の仕事」の中で、竹岡先生が、受験本番を前に焦る受験生に、「たくさん解いて、適当に丸を付けて、合った違った、ってやっても伸びない。もっと深く考えて1問を大切にしないと」とアドバイスするシーンがあります。TOEIC対策でもこれは同じです。たくさん問題を解いて答え合わせだけをしても、点数は必ずどこかで頭打ちになります。そうではなく、1問1問を突き詰めて考えることが大切です。

そういう意味で、私から皆さんにお勧めしたい学習法は、「一人解説」です。これは特にパート5においてはスコアアップに絶大な効果があると思います。要は、自分が先生になったつもりで以下のように問題解説をしてみるのです。

はい、では101番。この問題は、選択肢を見ると代名詞の格の問題です。空所の後ろに何がありますか。“efforts”って単語がありますね。これは何詞ですか。そう。名詞ですね。ということは、ここは名詞の前に置いて「彼らの努力」って言いたいわけです。そういう時に使われるのはどれでしょう? はい。そうです。(B)のtheirですね。これは、their carsやtheir housesのように、名詞の前に置いてその人の持ち物であることを示すので、“所有格”と呼ばれます。ここでは「彼らの努力」という意味ですね。では、問題文の意味をざっと見てみましょう・・・ 最後に、他の選択肢の用法の確認です。まず、(A)theyは・・・

といった感じです。「先生、なぜCは間違いなんですか」「Dはどういう風に使われるんですか」といった質問が出ることを想定して、どんな質問が出ても答えられるようにするのです。そのためには、1問1問を突き詰めて考えなければいけないので、とてもよいトレーニングになります。

一例として、HUMMERさんは今年7回の公開テストのうち6回で990を取ったとのことですが、以前ブログの記事で、問題を解いた後で、「全問解説できるようにした」と書かれていました。あくまで私見ですが、これがレベルアップされた大きな要因の一つだと思います。私も同じです。普段の授業の準備の際、生徒からの質問を想定して、1問1問を突き詰めて考えることを繰り返してきたので、その積み重ねが安定して990を取れるようになった最大の要因です。

この冬休み、是非「一人解説」に挑戦してみてください。楽しく学習できてレベルアップできるので一石二鳥ですよ。

今年一年、受験した7回の公開テストですべて990を取ることができました。継続受験をすると、どうしてもモチベーションの維持が難しくなりますが、集中して受験することができたのは生徒やブログ読者、単行本の読者の皆さんのおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。皆さん、よい年末年始をお過ごしください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEXさん、
こんにちは。

>たくさん問題を解いて答え合わせだけをしても、点数は必ずどこかで頭打ちになります。

まさに今の私です(泣)

一人解説始めてみます。

大島優子に「なんでCじゃダメなんですか~?」なんて
質問されてる場面を想像しながら^^
OJiM | URL | 2011/12/30/Fri 11:15 [EDIT]
OJiMさん
是非想像力をたくましくして「一人解説」してみてください。
AKB48にわかるように説明できれば完璧です!
TEX加藤 | URL | 2011/12/30/Fri 14:55 [EDIT]
同感です!
TEX先生、今年1年ありがとうございました。
センター試験を直前に控え、焦る受験生に伝えたい言葉です。

明日は、朝7時から大学受験生対象の元旦特訓。
アツく伝えていきたいと思います。
fukken | URL | 2011/12/31/Sat 10:49 [EDIT]
fukkenさん
年末もお仕事なんですね。是非生徒の皆さんに熱い気持ちを伝えてあげて下さい!
TEX加藤 | URL | 2011/12/31/Sat 14:35 [EDIT]
本物のTOEIC講師です
理想論を言うのは簡単ですが、TEX先生の場合は一問入魂を自身で実践して連続満点という結果を出しておられるので素晴らしいと思います。
たくさんのTOEIC講師の中でも本物のうちの一人です。
来年もよろしくお願いいたします。
KIYO | URL | 2011/12/31/Sat 15:36 [EDIT]
KIYOさん
まだ講師2年目で未熟ですが、初心を忘れず来年も頑張ります。宜しくお願い致します。
TEX加藤 | URL | 2011/12/31/Sat 16:22 [EDIT]
TEX加藤先生、はじめまして。

TOEIC神社、結果報告、正答数分析用エントリーでお邪魔しています。
年間グランドスラム達成おめでとうございます。素晴らしいですね。

人に分かり易く説明するのは本当に理解していないとできませんので、「一人解説」という学習法は効果的だと思います。是非取り入れたいと思います。

普段の勉強では「一問を大切に」、そして本番では「一問入魂」で来年のTOEICに挑戦したいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
だじゃれ | URL | 2011/12/31/Sat 17:22 [EDIT]
だじゃれさん
こんにちは。1問を大切にすることは大切ですが、それが苦痛になってはいけませんので、是非「楽しく真剣に」学習を続けて下さい。
TEX加藤 | URL | 2011/12/31/Sat 21:19 [EDIT]
今年はお世話になりました、来年も宜しくお願いいたします=^-^=
僕のTOEICの点数は、全く上がっていませんが、いろいろあった年でした。やはり今年最大のニュースはHUMMERさんの講師デビューですね。来年は、本格的に、講師として活躍の場を広げていかれることでしょう。超楽しみです!!僕としては、TOEICよりも英語を使って楽しむことを優先に気楽に勉強していて、言語交換サイトに登録しましたが、英語を学んでいる日本人と、日本語を学んでいる外国の方との比率が全く釣り合っていないことに気がつきました。しかも、最近は欧米の学校では、日本語講座はどんどん廃止で中国講座はがんがん開設ラッシュなので、今後は日本語を学ぶ方の数は減少してゆくようですね。そして、年齢差もあってか、スカイプの相手探しにはかなり苦労しました。でも、めげずに言語交換サイトで、日本語の校正をしたり、音声を録音したり、いろいろ頑張りました。最後には、苦肉の策として、YOUTUBEで日本語講座を始めてみたり、単純に英会話の相手を探すだけではなくて、日本をを勉強されている外国の方のヘルプに時間を費やしてしまいました、やはり、助けを求めるだけではだめで、価値あるものを提供して初めて信頼が得られるようで、何とか、定期的なパートナーを獲得しました。海外経験ゼロ、英会話学校も行かなくても、ネットを駆使すれば、さまざま可能性が広がることが実際に理解できました。って、楽しんでばかりいないで、来年は、もっと真剣にTOEICも頑張りますね。1/29は全問回答を目指して頑張ってみます。では、来年も宜しくお願いいたします。
TOSHIAKI | URL | 2011/12/31/Sat 23:19 [EDIT]
あけましておめでとうございます。

去年の最後の公開テストの前に今までにやってきたかとを100%にして臨もうとしていましたが、100%は厳しいということを身をもって学びました。
後からまとめて100%にすることは難しいから、日々1問1問を100%理解して進むように丁寧に問題に接して行きたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。
haru | URL | 2012/01/01/Sun 00:14 [EDIT]
1問って試験だけの話ではなく
本年もお世話になります、また先生と、周りの方々(生徒さん、裏方の職員さん)のご多幸を祈念致します。

タイトルとされた「1問を大切に」は、次のように考えました。
- 何に/どこに、着目したのか
- 何故、この選択をしたのか

それは、メーカーでモノつくりをする、あるいはビジネス上で、意思決定するにあたって、必須の要件であり、その過程過程で、答えが変わります。が、基本姿勢は、変わらないものです。

私が勤めるソフトウェアの世界では、
Jang-lish化している「つくる」「組み立てる」という言葉は、思い出せるだけで、
create, design, make, manufacure, form, construct,
deploy, install, compose, integrate, build などなど
「つくる」は、その工程毎で異なります、最初はcreateでありdesignであって、考えないといけませんが、makeやmanufactureの世界になると、単一作業の世界に落とし込んでしまわないと、いけません。(単一作業で時間を掛けないが、検査はしっかりと行う)

最初は、時間を掛けて、突き詰めて考え、納得・理解し、いずれ習得(修得・収得)すれば、時間を掛けずに流すべきことを、切り分けられるようになります。しかし、そこまで行くのが、難しいです。考えて、やってみて、繰り返す、時には真似る...

さて、難しいとばかり言わず、その基本姿勢を教え続ける1年が、始まります。そして、いずれは「守破離」を判って貰えるように。そしえ私は、教え/教わる中で、また新たな発見出来るように。現場中間管理職として、頑張ろうかと。
Brighton1487 | URL | 2012/01/02/Mon 05:52 [EDIT]
おっしゃる通りですね!
TEX師匠、明けましておめでとうございます。
今年も新刊楽しみにしています!

Part5が相変わらず苦手ですが、
韓流の難しい模試を目の前にして、
深いレベルでの理解ができていないのだなと
ひしひしと感じていたところでした。
1問1問を大切に、一歩一歩ですね。
肝に銘じたいと思います。
izumi | URL | 2012/01/03/Tue 08:29 [EDIT]
TOSHIAKIさん
昨年は熱のこもったコメントをいただき、ありがとうございました。
持ち前のバイタリティで今年も新分野にどんどんチャレンジされるのを楽しみにしています。
TEX加藤 | URL | 2012/01/03/Tue 20:54 [EDIT]
haruさん
あけましておめでとうございます。結果ではなく、100%出し切ることが大切ではと思います。
その積み重ねがあれば、今年もきっと英語力・TOEICスコアを伸ばされると思います。
是非楽しみながら前進してください。
TEX加藤 | URL | 2012/01/03/Tue 20:56 [EDIT]
Brighton1487さん
おっしゃる通りだと思います。TOEICでも「守・破・離」の流れは同じです。そのベースとして、深く自分で考えることが大切だと思います。そうでないと、いつまでたっても「守」の段階で止まってしまいますから。私もしっかりと精進して、少しでも生徒が「守」から次の段階へ進めるようにしなければと思います。なかなか難しいことではありますが。
TEX加藤 | URL | 2012/01/03/Tue 21:02 [EDIT]
izumiさん
あけましておめでとうございます。本年もizumiさんらしい突っ込んだ記事を楽しみにしています。
本年もよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2012/01/03/Tue 21:03 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.