単語本
執筆中の単語集の参考にするため、市販のTOEIC用の単語集を片っ端からチェックしたところ、収録単語の選び方は以下のいずれかのパターンのようです(一部は立ち読みなので、内容に間違いがあったら私のチェックミスです)

1. 公式教材
神崎さんの「デルボ」のように、公式問題集に出ている単語を分析して、頻度の高いものを収録する、というタイプです。

2. 筆者の受験経験
中村澄子さんの著書や、森鉄さんの「単語特急」、アルクの「スーパー英単語」、韓流の単語本などはこのタイプですね。受験経験豊富な著者が自らの経験をベースにして単語を選んでいます。

3. 公式+市販の模試
「出る順」「30万語のデータベース」などと書いてある単語集は大抵このタイプだと思います。それにさらにコーパスデータを加えたものもあります。

4. 自社のデータベース
自社制作の模試や教材から選ぶタイプです。

5. 公式教材+受験経験
Jayさんの「出る語句」はこのタイプです。公式教材にプラスして最新の受験傾向を反映させています。

6. 謎
「TOEICの頻出単語」「TOEICに出る単語」などと謳っているものの、ベースにしているデータが不明なものです。

受験参考書の世界では、入試問題が公開されているので、「過去5年間に出題された単語」等、単語集に掲載する単語の選定基準は明確です。それに対し、TOEICは問題が非公開ですから、どうしてもあいまいな部分が残ります。とはいえ、店頭で手に取る単語集の中に、上記の6のタイプが意外と多いのにはちょっと驚きました。「TOEICキング」キム・デギュンさんは、ベストセラー『TOEIC TEST「正解」が見える』(講談社インターナショナル)の序文でこう書いています。

ほかの方々の著書を批判するつもりはありませんが、一つだけ指摘しておこうと思います。はたしてTOEICの本の著者の方々は実際に試験を受けた上で本を作っているのだろうか? もし受けたなら、何回受けたのか? TOEICの試験について、どのくらい分析して本を作っているのだろうか? (中略) 筆者は能力の及ぶ限り、これまでの受験経験と講義経験をもとに簡潔明瞭なTOEIC入門書を作ろうと夢見てきました。それを結実させたのが本書です。

さすが、受験回数世界一の方の言葉だけに重みがありますね。私もこの言葉を胸に刻んで単語本作りに全力投球します。もちろん、完璧な単語集などあり得ませんが、読者のスコアアップにつながる一冊にしたいですね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEX先生のファンなので発売が楽しみです。
NK+ | URL | 2011/12/15/Thu 21:45 [EDIT]
NK+さん
ありがとうございます。部屋でクリスマスソングを聞きながら作業に励んでいます(笑)
TEX加藤 | URL | 2011/12/15/Thu 21:56 [EDIT]
TEXさんの作る本なら
200%信用できますからね。
日本最強のTOEIC連続受験満点講師、最高です、僕の目指すところです。

ちなみにキム・デギュンは、1997年から今まで一度も休まずに、(途中韓国を追放された2年間は日本で毎回受験)TOEICを受験し続けており、現在160回を超えて連続受験しています。
この前Facebookで、キム・デギュンに“いいね”を押していただけたときは感激しました。
HUMMER | URL | 2011/12/15/Thu 21:59 [EDIT]
HUMMERさん
私はただのTOEICオタクですよ。キム先生の160回超ってすごすぎますね。気が遠くなる世界です。
それだけの情熱があるからこそ、大きな成功をおさめられたのでしょう。素晴らしいです。
TEX加藤 | URL | 2011/12/15/Thu 22:32 [EDIT]
TEX先生の分析で選ばれた単語たちにお目にかかれるのが楽しみですねぇ。
読解特急2の頻出重要語ページはそれだけでも単語本になりそうなクォリティだったので、単語本にもとっても期待しています。
haru | URL | 2011/12/15/Thu 23:07 [EDIT]
haruさん
読解特急2の単語ページは神崎さんの担当でした(笑) 「デルボ」に負けないクオリティにすべく頑張ります。
TEX加藤 | URL | 2011/12/15/Thu 23:51 [EDIT]
重要な基準が抜けているのでは?
おはようございます。

「謎」だかといって必ずしも質が悪くなるとは限らないと思います。『デルボ』『出る語句』『即効単語』『イクフン』の見出し語を見比べて、ほとんどの本に載っているものを選べば「自社のデーターベース」よりも質が高くなるかもしれません。製作費も安く済むので、あとは良心とか道義とかを無視すればいいだけです(苦笑)

冗談はさておき、「筆者のTOEIC指導経験」も重要な基準となるのではないかと思います。「筆者の受験経験」とダブる点もあるかと思いますが。。。

同じ頻度の単語でも、TOEIC学習者が簡単にできる語とついつい間違ってしまう語、苦手な語などに分かれてくるはずです。英単語を客観的な頻度ではなく、学習者の主観による「親密度」という観点から調査したものがあるのも、このような問題意識があるのではないでしょうか。

もちろんまずはTOEICで使われている、使われそうな単語を選ぶ必要がありますが、その後には「どんな単語を学習者が苦手としているのか」を現場で直接体験していることも重要な要素になるのではないかと思っています。

別にハードルを上げているわけではありませんがTEX加藤さんはこの点では適任ですよね、楽しみにさせていただきます!!
Yuta | URL | 2011/12/17/Sat 05:57 [EDIT]
Yutaさん
あ、単語分析の鬼がやってきた(笑)どうでもいいことですが、韓流の単語本は掲載単語、しかもハイレベルな単語にかなり重複が見られます。おそらく公開テストの内容分析が日本より進んでいて、実際に出題されたものを盛り込んでいるのでしょう。そういう意味で信頼度は高いですね。おっしゃる通り、簡単な単語なのに、実際に出題されると非常に難しく感じるものが多いのがTOEICの特徴だと思います。たとえば、scene(場面、現場)という単語はアルクさんの語彙レベルでは1で中学レベルです。ところが、arrive at the ------- of the investigation(調査の現場)に入れるとなると途端に難しくなります。後ろのinvestigation(調査)もセンター試験レベルですが、それより難しく感じるのは組み合わせの妙でしょうね。なかなか難しいことですが、少ない指導経験の中で感じる部分をうまく盛り込めればと思います。
TEX加藤 | URL | 2011/12/17/Sat 09:01 [EDIT]
単語本♪
私も楽しみにしてます(^_^)
yuki | URL | 2011/12/17/Sat 12:13 [EDIT]
yukiさん
特急シリーズの新刊なので、手軽に効率よくTOEIC頻出単語を覚えられるような内容にしようと考えています。分厚くて例文や派生語が豊富な単語集をマスターするのは時間のない社会人にとっては大変ですから。
TEX加藤 | URL | 2011/12/17/Sat 12:40 [EDIT]
質問させてください。
TEXさんは洋画どれくらい聞き取れますか?たとえばパイレーツオブカリビアンでいうとどれくらい聞こえますか?国内学習者でTOEICの延長でどれくらいのレベルまで聞こえるようになるのかなというのに興味がありまして。990ぎりぎりでは、話にならないと思うのですが。
映画聞きたい | URL | 2011/12/23/Fri 00:17 [EDIT]
映画聞きたいさん
すみません。私は映画といえば「寅さん」以外ほとんど見ません。もちろん、パイレーツオブカリビアンも見たことがありません。先日クリスマスの授業で使おうと思って購入した「34丁目の奇跡」という映画は9割程度は聞き取れましたが、使われている語彙が易しめで、子供向けの内容ですので、参考にならないでしょう。映画はスラングや、ビジネス英語以外の生活用語がたくさん出てきますから、内容によってはさっぱり分からないものもあると思います。スピードよりも語彙の方が理解度に与える影響が大きい気がします。とはいえ、映画ファンであれば、英語字幕が出るDVDやトランスクリプトを購入して継続的に映画を見れば、相当聞き取れるようになるのではと思います。あまり参考にならない答えですみません。映画やドラマ関連のブログを運営されている方に質問された方が的確な答えが返ってくると思います。確か何人かいらっしゃるはずですから、ブログランキングをチェックされてはいかがでしょうか。
TEX加藤 | URL | 2011/12/23/Fri 00:43 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.