“司法試験流” 知的生産術
NHKテレビテキスト 仕事学のすすめ 2011年9月
“司法試験流”知的生産術 伊藤真

のご紹介です。

問題を解答するときに重要なのは、難しい問題を解ける力ではなく、自分が解ける問題、もしくは誰もが解けるはずの問題を選び抜く力なのです。

これはTOEICにも言えることですね。本番の試験では、今の自分の実力で解くことができる問題かどうかをすばやく判断する力が求められます。難しい問題に出会ったら、「3分考えて間違える」のではなく、「3秒で間違える」ことが大切です。


自分が知っている問題と知らない問題、この2種類以外は絶対出ないということに改めて気づいたんです。どちらかしか出ないのだから、怖がる必要はない。未知なる問題にどう対処するのかという方法論さえ確率しておけばいいだけの話だ。

問題を数千問あるいは数万問解いても、公開テスト本番では必ず新問が出題されます。ですから、やみくもに問題を解くのではなく、その過程で自分なりの方法論を確立することが大事です。「盤石の基礎は、未知なる問題に対処する力となる」と伊藤さんも述べられていますが、TOEICでもこれは同じです。たくさんの問題を解くのはあくまで基礎をより強固にするためであって、解くこと自体が目的になってはいけません。


勉強というのは、らせん階段のイメージだと思うんです。(中略)らせん階段のように繰り返して全体を何回通せるかどうかは、勉強法の極めて基本的なところだと思います。(中略)記憶力というのはやっぱり繰り返しなんですよ。ということは結局、記憶する力は続ける力。飽きずにあきらめずに続ける力なのです。

スコアが停滞したり、なかなか単語が覚えられなかったり、同じ問題を間違えたり、というのは、誰もが通る道です。そこであきらめずに、一歩一歩前に進むしか目標を達成する道はありません。そうしているうちに、ある日気づけば、らせん階段の高いところまで上ってきた自分に気づくはずです。


その際、絶対に気をつけなくてはいけないのは、やはり空いている時間をすべて勉強に使おうと思わずにアイドルタイムを残すということです。(中略)時には勉強しない勇気、切り捨てる勇気も重要なんです。

私も授業準備や執筆の合間に、「寅さんDVDマガジン」を見てリラックスしたり、本を読んで気持ちを切り替えたりしています。購入した参考書も、途中まで読んでいまいちだな、と思ったら、それ以上読むのを止めるか流し読みにします。TOEICの勉強ばかりだと息が詰まりますから、うまくオンオフの切り替えができるとストレスも減るのではないでしょうか。


失敗やスランプはネガティブに捉える必要は全くない。自分が成長できる場を与えてもらえたと考えるといいのです。(中略)「試験に合格しようが、残念であろうが、どちらでも自分の人生を豊かにすることができたならば等価値だ」と思えるようになれればいいんだなと、思ったんですね。

英語で、Take a glass-half-full approachという言葉があります。コップに水が半分入っている時に、半分しか入ってない、と考えるのではなく、半分も入ってる、と考えるポジティブな物の見方のことです。TOEICのスコアも、「730点しか取れなかった」と考えるより、「730点も取れた」と考えた方が次に好影響が出る気がします。

この本には、今日ご紹介した勉強法の他、プレゼン術や自己管理法など、伊藤さんの著作のエッセンスが詰まっていて、お値段も550円と、とてもお買い得です。ご興味のある方は、書店で見かけたら是非ご一読ください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

「司法試験流 知的生産術」
素敵な本の紹介、ありがとうございました。
読んでみます。

TOEICオタクさんの記事、すごくいい内容で
「そうだ、そうだ」と心のなかで何度もうなづきました。

「記憶する力は続ける力」ですね。


ケアマネゆり | URL | 2011/10/14/Fri 07:02 [EDIT]
ケアマネゆりさん
この本のほか、サンマーク文庫の「夢をかなえる勉強法」もおすすめです。機会があれば是非ご一読ください。
TEX加藤 | URL | 2011/10/14/Fri 09:55 [EDIT]
TOSHIAKI
先生、ぜひ、僕のTWEETERのプロフィール写真を御覧ください。またもや、ささやかなサプライズをご用意しました。あっ、先生は、TWEETER見れないんだ、残念、=^-^= はは、おやすみなさいませ。
TOSHIAKI | URL | 2011/10/17/Mon 20:31 [EDIT]
TOSHIAKIさん
あいにくTwitterはやっていませんので、今度神崎さんに聞いてみますね。楽しみにしています。
TEX加藤 | URL | 2011/10/18/Tue 02:15 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.