仮説と検証
「先生、この間ENGLISH JOURNAL読んでたら、先生のコラム見つけて爆笑だったんだけど。奥様のヤツ。先生あんなのも書いてるんだね」と授業前の教室で生徒に話しかけられ、答えに窮してしまったTEX加藤です。

夏休みのTOEIC合宿の生徒のコメントも、「K先生、TEXありがとうございました」「K先生とTEXのおかげで楽しかったです」と、ほぼ全員が、後半の5日間を担当した私だけが呼び捨てでしたし、自分の教師としての権威が失墜したことを実感する今日この頃です。え、最初から権威なんてないんじゃないのって。ごもっともでございます。

さて、突然話は変わり、「TOEIC新公式問題集Vol.3」(国際ビジネスコミュニケーション協会)に、

Tex Corporation has managed to do more than just ------- in the market.

の空所に動詞のsurviveを入れさせる品詞問題があります(問題は解答に影響のない範囲で一部簡略化してあります)。

解説を読むと、これはA more than Bの比較の問題で、Aがhas managed to do、Bが has managed to surviveで、has managed toが省略された形、といった説明がされています。この説明を読んだとき、じゃあこの問題が、Tex Corporation did more than just ------- in the market.だった場合、AとBの形を合わせるのなら、surviveがsurvivedになるのかという疑問がふと浮かんだんです。

早速NY TimesのHPで”did more than just”でフレーズ検索してみると、この場合もjustの直後はsurviveと原形で、survivedと過去形にはなっていません。つまり、doであろうがdidであろうがdo/did more than just ------の空所には動詞の原形が入ることになります。

私がここで言いたいのは、たとえばTOEIC新公式問題集に取り組む際、ただ漠然と取り組むのではなく、「これはこうだからこうではないか」と仮説を立て、それを実際に自分で検証する「仮説→検証」というプロセスを繰り返せば、一冊の本からたくさんのことが得られますよ、ということです。

上記の例題でも、「do more than just surviveっていう表現は、どういう意味でどういう場合に使われるのだろう」「Tex is more than just a TOEIC teacher.って表現をどこかで見た気がするけど、いったいどういう意味なんだろう」といった疑問を持って自分で調べれば、どんどん知識が深まっていきます。もちろん、皆さんの目的は「TOEICのスコアアップ」ですから、このthanが何詞だとか、ここのsurviveは原形不定詞ではないのかとか、この文は第何文型なのか、といったマニアックな文法知識は必要ありません(そんなのワシも知らん)。「do/did more than just V原形」や関連表現の用例を調べ、表現をモノにすれば十分です。

「自分で考える」姿勢で是非効率的にスコアアップを目指してください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

教材に書いてある以上のことを探ろうとする努力が必要ですね。
上級者のかたはこの態度を持ってる方が多いと思います。
これはこういう意味だから、じゃ別の単語でどういえばいいのかな?
とかどんどん自分で考えていく。
勉強に余裕が出てくるのでしょうか。

それにしても先生を呼び捨てにするのは
いかがなものかと思います。怒って良いでしょう
せどリッシュ | URL | 2011/09/16/Fri 09:30 [EDIT]
せどリッシュさん
自分で考えて得た知識は応用がきくと思います。実際に使えますしね。
「仮設→検証」を繰り返している人とそうでない人は応用力に差が出る気がします。
Texはファーストネームで、親しみを込めた呼び名なので問題ありません。
ネイティブなんかもファーストネームで呼んでますから、それと同じですね。
「加藤」はさすがにまずいと思いますが、そういう生徒は一人もいません。
フレンドリーな感じで私はTEXって呼ばれるのは実は嬉しいんです(笑)
TEX加藤 | URL | 2011/09/16/Fri 10:21 [EDIT]
なるほど!!ザワールド!!
「自分で考える」姿勢で是非効率的にスコアアップを目指してください。

なるほど!!ザワールド!!たぶん、先生のことをTEXで呼ぶ生徒は、この番組のこと知らない世代なのか?それにしても懐かしすぎる、、、

 疑問に思う箇所がハイレベルすぎて、へえ~、なるほどね~という感想しか浮かばず。問題を解きながら、発展的な学習へと自らつなげる事などは、僕には、まだまだ先の話ですが、最近の僕の悩みは、
start with と start from の、
違いが何度調べても分からないことです。質問とかではなくて、今回の先生の記事を読んで、ふと、思い出した、僕の心のつぶやきなので、流しといてください。そのうちに、この用法の違いに気がつくと思います。もしくはあきらめて、FROMで統一します。はは^^



TOSHIAKI | URL | 2011/09/16/Fri 18:41 [EDIT]
TOSHIAKIさん
懐かしい番組ですね。「はい消えた!」ってキンキンのセリフが懐かしいです。
きっと生徒は誰も知らないでしょうね。子供のころ見てたかな。
どんどん英語を使われているようで何よりです。楽しんで学習を継続してください。

TEX加藤 | URL | 2011/09/16/Fri 21:33 [EDIT]
NY Times
TEX先生、こんにちは。

恥ずかしながら「do/did more than just V原形」を知らなかったので、記事を読んで得した気分になりました。と同時に、このフレーズを実務の中で使いたくてウズウズしています。

そして、自己学習の効率を高めるヒント有難うございます!
普段は用法・用例を確認するために電子辞書で検索していますが、NY Timesで検索するとは思いつきませんでした。ビジネス英語表現の宝庫ですから、これを使わない手はないですね。今まで、『これでいいのかな?』と疑問に思って、辞書や文法書で解決できずに保留してきたことがかなり解決できそうです。
haru | URL | 2011/09/17/Sat 22:02 [EDIT]
haruさん
Googleで検索をすると、正用法でなくても多数ヒットしてしまうので、TOEICの問題を作る際も、NY Timesは、重宝しています。ただし、検索結果の表示は無料ですが、クリックして記事を見ようとすると、一カ月に無料で見られる記事の数が決まっていて、一定数を超えると無料では閲覧できなくなるので注意してください。実際にビジネスで使われる表現なのかどうか、を調べる目的で使われるのがよいかもしれません。
TEX加藤 | URL | 2011/09/18/Sun 00:02 [EDIT]
解説ありがとうございます!
TEX加藤先生

3年程前から大変楽しくブログを拝読させていただいており、お蔭様でTOEIC学習へのモチベーション向上に繋がっております。
さて、「do more than just ~」の件ですが、以前この問題を解いた時から、解説を読んでもしっくりいかず、今回のブログでやっと頭がスッキリした感じです。
(Forestやジーニアス等、手元の文法書等ではこの表現が見つからず、よく解りませんでした・・・。)
①「do/did more than just 動詞の原型」として覚えてしまう
②意味としては、「単に~するだけではなく、それ以上のことをする」
というように理解して覚える、ということで良いのでしょうか。
数日遅れの質問で、すみません。

現在の最高スコアが815で(実力は750ぐらいだと思いますが)、年内に900達成をを目標としています。
今後も、楽しいブログ期待しています。
TAKA | URL | 2011/09/19/Mon 11:02 [EDIT]
わかりますわー
そーゆーのん、わかります☆
私も、じゃあ、もしこうだったら、こうなるのかな?ってすぐ考えてしまうんです。
正直、それで、時間を浪費して、 問題をどんどん解いてる方が、効率いいのになぁ。って思います。でも、すごく調べたくなるんです。

こないだ、足の角質を食べてくれる、ドクターフィッシュの記事を読んでいると。
You feel like as if you are given massage by the doctor fish.って書いてたので、are じゃなくて wereでしょ?って思った。
ネイティブに確認すると、実際、魚がマッサージしてるかしてないかは『個人の見解』なので、are でもwere でもいいよと言われました。

それから、友人と待ち合わせをしてる時、私が早く着いた時、今来たところだよと言う時は、I just arrived.と言いますが、昨日、飛行機に乗った時に、
着陸した瞬間 We have just arrivedってHAVEをつけていたんですよ。
これも気になってネイティブに聞いたら、過去形の方は、ほんのさっきという意味があって、現在完了は、いつかわからないけど、到着してしまった(完了した)ことを言いたい時だそうです。もちろんTEXさんは御存じかとおもいますが。
そういえば、ロバート先生の直前のテクニックの付属CDに
I'll show you how to use 直前のテクニック you have just purchasedになってましたわー
あっきー | URL | 2011/09/19/Mon 17:13 [EDIT]
TAKAさん
ブログ開設当時から読んで頂けているとのこと、ありがとうございます。
その理解でよいと思います。たとえば、J2から昇格したばかりのチームがJ1で戦うことに
なったとして、The team can do more than just survive.とすれば、単に残留する以上の
存在になる、というニュアンスが出ますね。目標スコア達成に向け、頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2011/09/19/Mon 20:47 [EDIT]
あっきーさん
疑問を持って勉強されるのはよいことだと思いますよ。
英語学習のゴールと到達までのスケジュールを決めて、
こだわるべき点とそうでない点のメリハリをつけられると
より効率的に学習できるのではないでしょうか。

たとえば、日常会話がうまくなりたい、というのが学習の目的なら、
arrivedとhave arrivedとの違いにこだわらず、ドンドン話した
方がいいですよね。

ちなみに、過去形と現在完了形の違いについては、
「ここがおかしい日本人の英文法」で詳しく説明されています。
ご興味があればご一読ください。
TEX加藤 | URL | 2011/09/19/Mon 21:00 [EDIT]
ご回答ありがとうございます!
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
公式問題集を解いていて、自分なりにいろいろと調べても文法的になかなか理解しづらいものが出てくることがあります。
「じゃあこの問題が○○だったら?」と深く考えることで更に理解が深まることにより、実際のテストの際に迷わずに解答できるようになるのでしょうね。
今年あと3回のTOEIC、目標達成目指して頑張ります!!
TAKA | URL | 2011/09/20/Tue 00:25 [EDIT]
TAKAさん
根本がわかると、応用が効くようになるはずです。
是非、目標達成に向けて頑張ってください!
TEX加藤 | URL | 2011/09/20/Tue 00:36 [EDIT]
お返事ありがとうございます。
一応、目標は年末までに900以上です。
実は英会話講師になりたくて、大手では860以上が要求されます。

私は、一歳のBABYを子育てしながら、一日中、何かしら英語と関わってます。
日記を書いて添削してもらったり、スカイプで会話したり、NHKラジオの英語を聞いたり、英字新聞読んでみたり、シャドーイングしたり。
色々しすぎて一貫性がないです。
本当は、ひとつに集中すればいいんですが・・・。

ところで、半年で900点突破!!とかよくMIXIとかで見ますけど、
私は、真剣にやり始めたのが、今年の年初めで、1,3,月連続受験、ちょっとブレイクして、7,9、月と受験してるけど、下がったり横ばい続きです。。。。
(164回は730、 最高780)
半年で900点取れる人もいるから、やり方悪いんかなぁって悩みます。
半年で900ってごく一部なんでしょうか?
900って話せなくても、英語わかってる感がある気がします。

あっきー | URL | 2011/09/20/Tue 16:37 [EDIT]
あっきーさん
スタートの点数にもよりますが、半年で700点台から900点は十分可能性があります。
私の生徒でも実例がありますよ。リスニングは95問程度正解すれば満点が取れますので、
そこをまずは目指されるのが良いのではと思います。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2011/09/20/Tue 20:10 [EDIT]
ありがとうございます
半年で700点台→900点にUPした場合
英語力(リーディング&文法力)も一緒にUPされてるんですかね??
あっきー | URL | 2011/09/20/Tue 22:13 [EDIT]
あっきーさん
それはもちろんケースバイケースです。もともと900点レベルの実力があって、初回は
実力が出し切れなかったケースもありますし、猛勉強で実力UPするケースもあります。
大切なのは、「やればできる」と信じる気持ちです。「できないかも」って思ってしまうと
できるものもできませんから。目標を明確にイメージして、自分を信じて頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2011/09/20/Tue 23:14 [EDIT]
ありがとうございます
できるという気持ちをわすれずに頑張ります!!
あっきー | URL | 2011/09/21/Wed 09:53 [EDIT]
あっきーさん
最後は熱意ですよ! 頑張ってください!
TEX加藤 | URL | 2011/09/21/Wed 16:35 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.