なでしこ力
「なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう!」(佐々木則夫著・講談社)

「なでしこジャパン」を感動のW杯優勝に導いた佐々木監督の著書です。私が普段TOEICを指導している大学や専門学校の生徒の8-9割は女子で、中には、三十数名全員が女子というクラスもあります。その指導の参考になればと思ってこの本を購入したのですが、なるほど、と思う箇所が随所にありました。以下でいくつかご紹介します。

仲間の心の状態を感知するアンテナが、女性は男性以上に鋭いのだ。

これって、クラスの仲間同士はもちろん、先生に対しても言えることだと思います。たとえば、先生の機嫌が悪かったり、やる気がなかったりすると、彼女たちはそれを驚くほど敏感に悟ります。ですので、私も授業中はなるべくテンションを上げるように心がけています。つい先日も生徒から、「なんでいつもそんなに元気なの」って呆れられましたが(笑)


僕は日本サッカー協会と契約してなでしこジャパンの監督を任されているのだが、気持ち的には「クライアントは選手たちだ」という感覚で仕事をしている。

「生徒は顧客」という意識を持ち、生徒のニーズがどこにあるかを理解し、可能な限りベストのサービスを提供することが教師にとっても大切だと思います。普通の商売なら、サービスが悪いと顧客は離れていきますからね。その点では教師は恵まれていますし、生徒がいるという状況が当たり前になってはいけません。


僕はこれらのことを、選手から気に入られようと思ってやっているわけではない。僕が考えていることは、選手が楽しくサッカーに取り組むために、何をしてあげられるかだ。

これは私の仕事でも同じで、生徒に気に入られようと思って授業をしても、うまくいかないと思います。それよりも、生徒が楽しく勉強できるような環境作りに力を注ぐことの方が大切です。私が似顔絵シールを作ったのも、生徒に気に入られたいからではもちろんなく、小テストや問題演習のモチベーションUPのためです。目的と手段が逆になってはいけませんよね。


どれほど論理的に戦術を構築しても、どれほど熱く選手を激励しても、見た目がだらしなければ伝わらない。

佐々木監督って確かにスーツが似合ってダンディーですよね。我々の仕事でも、見た目って本当に大事です。どんなにいい先生でも、鼻毛が出ていて髪の毛はぼさぼさ、ヒゲもちゃんと剃ってないし、シャツは薄汚れてヨレヨレ、靴もボロボロでは女子生徒の評価は大きくマイナスになってしまいます。彼女たち自身おしゃれに敏感ですからね。オシャレである必要はありませんが、最低限清潔感のある身だしなみを心掛けたいです。


選手が成長するかどうかは、技術や知識ではなく、「決意が本物かどうか」で決まるものだと、僕は思っている。

TOEICのスコアって、「英語力(knowledge)×スキル(skill)×やる気(motivation)」の掛け算だと思うんです。この三つの要素の中で最も大事なのは「やる気」です。これが上がらないとスコアは伸びません。ですから、我々教師にとっては、生徒のやる気を高めることが、最も大切な仕事だと思います。極端な話、生徒が本気になりさえすれば、教える側は何もしなくてもスコアは伸びますからね。まあそれが難しいので日々試行錯誤の毎日ですが。


今が旬の本ですし、女子社員や女性生徒と良い関係を築きたい、と思われる方には特に一読の価値のある一冊だと思います。「なでしこジャパン」がなぜあそこまで強くなったのかの戦略的な分析もされていますので、サッカーファンにもお勧めです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

興味深い本ですね!
さっそく、Amazonのほしいものリストに入れさせていただきました!TOEIC900点取ったら読みます(笑)

女性の考え方を理解するための本て興味深いなと思います。男ってオンナゴコロを理解するのがヘタな生き物ですし(笑)

直近では「女は3語であやつれない」という本が面白かったです。
「女性は感情を大切にしていて、共感し合うことを重視している」という点は、男とは根本的に違う点だなと気付かされました。

他にも「こういう風に言ってもらえたら、女性は嬉しいやろうな」という気づきがたくさんありました。
ツウクン | URL | 2011/07/31/Sun 11:52 [EDIT]
ツウクンさん
本のご紹介ありがとうございます。一冊本を読むと何らかの気づきがあるのが本を読む楽しみですよね。
私は今日も本を3冊購入し、さっきドトールで一冊読了しました。「読解特急3」の原稿を書かないとまずい
のですが・・・
TEX加藤 | URL | 2011/07/31/Sun 18:32 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.