TOEIC完全ガイド
「TOEIC (R)テスト完全ガイド」が発売されました。以前ブログ記事で、「このTOEIC本がすごい!」って本を出してください、普遊舎さん、と書いたのですが、本当に実現するとは。内容に関しては、突っ込みどころはいろいろとありますが、これまでなかった類の本ですからね。まずは出すことに意義があると私は思います。

私も家庭用プラネタリウムを発売した後、「日時指定ができず、惑星が投影できないのはプラネタリウムじゃない」「所詮は玩具の域を出ないクオリティ」「ただのフィルム投影機で技術的には新しくない」等、特に玄人筋からは否定的な意見も頂きましたが、何でも最初にやるのは大変です。「ゼロから1を作る」ことは、「1から100」を作るよりも難しいことだと私自身強く実感しているので、今回の企画が実現したことに敬意を表したいです。出版に携わられた皆様、ご苦労様でした。

ところで、こういう雑誌を生徒に見せるとどういう反応があると皆さんは思われますか? 「へぇー 先生、ってすごいんだね。超尊敬」って反応は残念ながらありません。特に女子生徒は、「ふーん」「何この雑誌、マニアックすぎ」「TEXのネクタイ、派手だね」といった感じで、かなりどうでもいいんです(笑) 

私の場合、指導している生徒の多くは18~21歳の女子です。で、これはあくまで私の個人的な感覚ですが、彼女たちが先生を判断する最大の基準って、その先生の肩書や経験、実績ではなく、「好きか嫌いか」なんです。たとえば、彼女たちに、「ほら、先生この雑誌で著者8傑に選ばれたし、毎回TOEICで満点なんだよ」なんて自慢げに語ると、「何、この先生、うざい」とむしろ確実にマイナス評価になります。もちろん、TOEIC講師としてのスキルも評価基準にはなりますが、それは「好き嫌い」の次に来る基準だと感じます。

こうした先生に対する評価基準には、男女間の違いもあるように感じます。男子生徒の場合、「先生、TOEIC満点で本も出してるんっすね。すごいっすね」と、まずは先生の実績を評価する傾向にあります。一方、女性生徒の場合、先ほど書いた通り、「好きか嫌いか」「うざいかうざくないか」が最初の判断基準になります。また、「あの先生うざいよ」という評判が一度立つと、恐ろしい勢いで広まってしまうのも女子の特徴です。もちろん、それとは逆に、「あの先生いいよ」という印象を与えることができれば、それが口コミで勝手に広まります。

では、女子生徒にどうやったら好かれるか、ですが、それは私にもわかりません。きっと方法論はありませんよね。自らのTOEIC講師としてのスキルを高めつつ、目の前の生徒一人一人のために全力投球するしかないと思います。先生が自分たちのために頑張ってくれている、って生徒が感じれば、少なくとも「あの先生嫌い」ってことにはならないはずですから。そう信じて日々私も悪戦苦闘しています。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

さっそく買ってしまいました
TOEIC(R)テスト完全ガイド
さっそく買ってしまいました。
これで、よい参考書に出あえればいいのですが。
1駅1題読解特急、今2週目をおえるところですが、
これってPart4の勉強にも使えますよね?
少し文章が長いですかね?
ATSU | URL | 2011/07/05/Tue 16:53 [EDIT]
ATSUさん
読解特急、ご愛用いただき、ありがとうございます。
パート4と7は連動していますから、読解特急のリスニングは
パート4の勉強にももちろんなります。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2011/07/05/Tue 20:52 [EDIT]
完全ガイド見たいです・・・
まだ書店でみつける事ができずにいます。
まあ、どんなに良い先生に出会っても、
どんなに良い書籍や学習方法を見つけても、
自身が努力を続けないと結果をだせない事は
わかりきっているんですけれどね・・・。
努力が足りないKIYOでした・・・。
KIYO | URL | 2011/07/06/Wed 07:14 [EDIT]
KIYOさん
スコアアップの最大の原動力は、受験者のやる気ですからね。
それをいかに高めることができるか、また、高まったやる気を
効率的にスコアアップに結びつけてあげることが我々講師の仕事です。
私も日々修行中です。
TEX加藤 | URL | 2011/07/06/Wed 22:37 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.