都市伝説
昨日ご紹介した『プロアナウンサーの「伝える技術」』(石川顕著・PHP新書)の中に、こういう記述があります。

聞いた話ですが、アメリカのイェール大学で2000人の卒業生を対象に調査したところ、「あなたは目標をもっていますか?」「それを計画しましたか?」「それを書きましたか?」の三つの質問すべてにイエスと答えた人は3パーセントだけ。それから二十年後(中略)、驚くべきことに、2000人の総収入の9割をその3パーセントの人たちが占めていたのです。

ちょうど次の日が、千葉大学の新入生相手のTOEICガイダンスだったので、目標設定の重要さを説明するにはいい例かも、と思ったのですが、念のため、本当にあった話なのかどうかを調べてみることにしました。

最初に日本語のキーワードで検索すると、同様の調査結果を引き合いに出しているサイトがいくつか見つかったのですが、そこでは調査の参加者が「2000人」ではなく「200人」になっていました。うーむ。にわかに信憑性に疑惑が。

そこで、今度は英語で検索してみると、Yale大学の公式HPに同様の質問が寄せられていて、以下の通り回答がありました。

Question: Where can I find the Yale study from 1953 about goal-setting?
Answer: It has been determined that no "goals study" of the Class of 1953 actually occurred. In recent years, we have received a number of requests for information on a reported study based on a survey administered to the Class of 1953 in their senior year and a follow-up study conducted ten years later. This study has been described as how one's goals at graduation related to success and annual incomes achieved during the period. The secretary of the Class of 1953, who had served in that capacity for many years, did not know of the study, nor did any of the fellow class members he questioned. In addition, a number of Yale administrators were consulted and the records of various offices were examined in an effort to document the reported study. There was no relevant record, nor did anyone recall the purported study of the Class of 1953, or any other class.

石川さんの本でも「聞いた話ですが」と書かれていますが、どうもこれは都市伝説だったようです。もちろん翌日のガイダンスではこの例は出しませんでした。この本を読まれた方、念のため上記ご確認ください。こうやって都市伝説って広まっていくんでしょうね。

それにしても、この程度の長さの英文を見ると、つい空所を3箇所あけて問題を作りたくなるのは職業病ですね(笑)

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.