伝える技術
花粉症で鼻が止まらないTEX加藤です。今日の昼食時に1時間くらいマスクなしで過ごしたのがまずかったのでしょうか。ティッシュの消費量が尋常ではありません。編集者のS藤さんに教えたもらった秘密兵器「ナザール」と、普段愛用している漢方薬を投入しても止まりません。鼻の調子が悪いと、夜寝苦しいんですよね。シャワーで洗い流して、寝る前に再度「ナザール+漢方薬」のコンボで戦うとします。

『プロアナウンサーの「伝える技術」』(石川顕著・PHP新書)

昨日読んだ本です。書店でタイトルに惹かれ、中身をパラパラと立ち読みしていて思い出したのですが、この方は、私が子供のころ野球中継でよくその声を耳にした実況アナウンサーでした。当時は、TVの野球中継が時間切れになると、ラジオの野球中継に切り替えていたのですが、放送局がTBSラジオだと、「実況石川顕(あきら)でお送りしています」という声が中継中にたびたび流れていたんです。お名前を拝見した途端、扇風機を回しながら、スイカを食べつつラジオを家族全員で聞いていた少年時代の夏の夜の記憶が鮮やかに蘇りました。

この本のタイトルにもありますが、連日の震災の報道を見ていると、「伝える技術」の大切さを強く感じます。伝える側のスキルの違いによって、聞く側はいらいらしたり、安心したりしますよね。この本の中では、石川さんが長年現場で培われた実用的な「伝える技術」がたくさん盛り込まれていて、とても参考になりました。以下でいくつか印象的な部分をご紹介します。

いい声を出す基本は「姿勢」です。

まず大切なポイントは、話すスピードです。(中略) 早くてよいことは一つもありません。

話術は「間術」です。“間”のとれない話し手を、プロは「間抜け」と言います(笑)。

言いにくい言葉は、思いきって単語を区切って、“間”をとれば大丈夫。プレゼンテーションやスピーチなどの本番で、焦らず、とちらないためのテクニックです。

プレゼンテーションは聞き手が主役。事前に相手のニーズや情報を知ることが大切です。自分の主張だけでは真の意味で「伝える」ことにはなりません。

お笑い芸人と同じやり方でウケをねらう必要はありません。(中略)みんなに笑ってもらおうという意識自体が大切なのです。

「しゃべりは人なり、言葉は人なり」と私は思っています。つまり、人間性がすべてなのです。精神論と技術論、どちらが重要かと聞かれたら、私はきっぱり精神論と断言します。

究極の「伝える技術」は、その人の人間力そのものなのです。(中略)五十年近くスポーツアナウンサーを続けてわかったことは、まさにこれなんです。


この本を読み進めながら、自分にはこれが足りない、これも足りない、と反省点ばかりだったのですが、最後の部分で救われた気がしました。もちろん「伝える技術」を向上させる努力は怠ってはいけませんが、最も大切なのは伝える側の気持ちですよね。これは私が普段講師の仕事をしていて感じていることでもあります。

今日は千葉大で新入生へのTOEICガイダンスでした。明日はエッセンスの新タームの授業初日で、明海大学と神田外語学院の新学期の授業ももうすぐ始まります。気持ちも新たに生徒のモチベーションUPにつながる授業ができるよう頑張りたいです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

私は間抜けです・・・
TEXさんこんにちは
いつも人間味のある記事をありがとうございます。

私は興奮したり緊張すると早口になる傾向があります。 滑舌も良くないし、どもりがちだし・・・。

TEXさんの講義は受けた事がありませんが、ヒロ加藤さんとの対談などの音声を聞く限りTEXさんの声は聴き取りやすいですよね。 きっと、英語講師が天職なのでしょう。

新学期も一人でも英語に魅せられる学生が増えるよう頑張ってくださいネ!
KIYO | URL | 2011/04/03/Sun 12:45 [EDIT]
花粉症大変ですね。私もナザールは必需品なんですよ~。

私の場合は緊張すると、ハスキーボイスになって、有声音が出なくて、内緒話みたいになってしまうんですよ。。。
それが、面接とか、プレゼンとか、大切なときには必ず・・・。

耳鼻科で声帯を診てもらったら「声帯溝症」という病気でした。
学生のころ合唱部だったので、声の使いすぎが原因です。
講師のお仕事は声を使うと思いますので、お気をつけくださいねっ^^;
喉を楽にして響かせるように発声することが予防になると聞きました。
ねこのドンちゃん | URL | 2011/04/03/Sun 18:31 [EDIT]
伝える技術
TEX加藤さん、こんばんわ。
このブログを読んで早速、石川氏の伝える技術を読みました。
池上氏の伝える技術とは違う視点で書かれている箇所が多く、
最後のあとがきはジーンと心に響きました。
生徒の表情は先生の鏡と言いますが、やはり心を大切にしたいと改めて思いました。絶対積極の精神を肝に銘じます。
いよいよ新学期ですね!TEX加藤さんと学生のやりとりの新しい記事を楽しみにしています!
k2 | URL | 2011/04/03/Sun 19:15 [EDIT]
KIYOさん
こんにちは。私は「早口+間抜け」です(笑)
緊張した時は意識的にゆっくり話したほうがいいようです。
私も緊張すると早口になるので、この点に留意して話そうと思います。
なかなか難しいことなんですけどね。
TEX加藤 | URL | 2011/04/04/Mon 09:26 [EDIT]
ねこのドンちゃんさん
ナザールいいですよね。鼻が詰まっていても、寝る前に投入すると鼻が通ってぐっすり眠れます。
鼻が詰まると寝不足になってしまうので、とても助かっています。

声帯を使いすぎるとそんな病気になることがあるんですね。歌手の方もよく喉を痛めているので、
私も注意します。普段から発生しておくのが予防になるのはおっしゃる通りだと思います。
授業の際は自宅で喉をウォームアップすることを心掛けたいです。
TEX加藤 | URL | 2011/04/04/Mon 09:31 [EDIT]
k2さん
こんにちは。この本、結構実戦的ですよね。ちょっと自分の世界に酔いしれている印象を後半部分では受けましたが(笑) 私も絶対積極の精神で新学期に臨みます。互いに生徒の笑顔のためにがんばりましょう!
TEX加藤 | URL | 2011/04/04/Mon 09:33 [EDIT]
TOEICのように、あちこちの会場で行うイベント、停電の影響はどうなるでしょうね?5月は電力消費が減るのでOKかもしれませんが、計画停電が考慮される季節になるとしばらく中止という可能性もありますね。姪が今一生懸命受けているのでチャンスがなるべく残されることを祈ってますが・・・ 
TOEIC教師業界にも少なからぬ影響がありそうですね。
英語の旅人 | URL | 2011/04/04/Mon 15:02 [EDIT]
英語の旅人さん
公式HPでは、5月のTOEICは一部地域を除いては今のところ試験自体は開催予定で、6月も仙台以外は実施の予定だそうです。無事開催されることを私も祈っています。
TEX加藤 | URL | 2011/04/04/Mon 20:39 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.