読んでみたい本
今日は午前中から神田外語学院に出かけ、来期の授業についての説明を受けてきました。その際、担当していた2年生2クラスの12月のIPテストの結果を頂いたので、どきどきしつつ結果を見ると、どちらも5月からクラスの平均点が数十点UPしていました。

まあ頑張ったのは生徒で、私はもっぱら「いけるでー」「がんばってやー」と声をかけていただけなのですが、いくら楽しく授業していても結果が出ないのでは意味がありませんからね。ちょっとほっとしました。みんな頑張ってくれて嬉しいなあ。

ところで、さきほどアマゾンを見たら、イングリッシュ・モンスターさんの著書が、一般書に交じって20位台にランクインしていました。私はまだ実物は目にしていませんが、語学書としてはかなりのロケットスタートではないでしょうか。この勢いでどんどん売れるといいですね。これはワシも「イングリッシュ・ポケットモンスター」ってニックネームで本を書いたら売れるで。忘れんうちにさっそくS藤さんに提案しとかんとな(完全な二番煎じ)

本と言えば、今読んでみたいなあと思っている本があるんです。それは、「なべつぐのあすなろ数学」というシリーズで、今から30年ぐらい前に出版された受験参考書です。本の執筆の参考にと購入した「語りかける中学数学」(高橋一雄著・ベレ出版)という本の中で、著者と、当時数学の神様と言われていた渡辺次男先生(通称なべつぐ先生)とのエピソードが紹介されていて、「なべつぐ先生」の温かいお人柄にとても惹かれました。

で、さっそくネットで調べてみると、「数学が苦手だったのに、やさしく語りかけるような、なべつぐ先生のこのシリーズのおかげで数学が好きになった」という内容のブログ記事が多数ヒットするではありませんか。これはきっとTOEICの参考書を書く際の参考になるぞ、と思ってアマゾンで検索してみると、

「なべつぐのあすなろ数学 中古本6点 ¥79,994より」

8千円なら清水の舞台から飛び降りるつもり(おおげさ)で買いますが、8万円ですからね。さすがにしがない貧乏TOEIC講師の私には手が出ません。復刊の予定がないものかと復刊ドットコムをチェックすると、復刊を望む声が多数あったものの、残念ながら復刊にはいたらなかったようです。うーむ。残念。

このブログの読者には理系の方もいらっしゃると思いますから、「貸してやってもいいよ」という親切な方、いらっしゃいましたらご一報ください。御礼に3月発売予定の新著「入門特急」を贈呈させていただきます(と言いつつまだ原稿ができていませんが)。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEXさん、
こんにちは!

「なべつぐのあすなろ数学」は私も受験生の頃にやりました。
非常に懐かしいです(泣)

確か、解答が袋とじになっていて、
「いいかい、問題を自分でまず解いてから解答を見るんだよ」
なんていう調子で書かれていたような記憶があります。

解法もモダンなやり方ではなくて、基本的なやり方を
積み重ねていく素朴なやり方を教えていたようでした。

TOEICで言えば、Part3&4は先読みは最小限に音声に集中するとか、
Part5は頭から全部読んで解答とか、そんな解法を推奨している感じでしょうか。

さすがに手元にはもうありませんが・・。
OJiM | URL | 2011/01/26/Wed 23:02 [EDIT]
OJiMさん
こんにちは。やはりお持ちでしたか。そういう語り口調だったんですね。
TOEICの参考書でそういう語り口のモノってないですよね。
社会人の受験者の方がほとんどなので、そういう口調だと受けないのかもしれません。
私が書いても、立ち読みしたOLさんに、「なにこのおやじの口調、うざいね」
と敬遠されそうです(笑) 情報ありがとうございました!
TEX加藤 | URL | 2011/01/26/Wed 23:25 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/01/26/Wed 23:36 [EDIT]
隠しコメントさん
え、そうなんですか。図書館って手がありましたか。今度さっそくチェックしてみます。
情報ありがとうございます。
TEX加藤 | URL | 2011/01/26/Wed 23:45 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/01/27/Thu 00:13 [EDIT]
隠しコメントTさん
「絶版図書は国会図書館を利用する」という鉄則を覚えておきます。
なべつぐ先生の著書、お持ちなんですね。今でも手元にあるということは、それだけの
価値があるということなんでしょうね。そういう参考書を私も書いてみたいです。
重ね重ね情報ありがとうございました。
TEX加藤 | URL | 2011/01/27/Thu 09:04 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/01/27/Thu 14:29 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/01/27/Thu 14:47 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/01/27/Thu 15:20 [EDIT]
とくめいさん
まとめコメントで失礼します。発売後数十年たっても愛されている参考書ってそんなにはないと思います。
なべつぐ先生の著書がそれだけ思い出に残るものだったということなんでしょうね。
「フィラー」という言葉は私は知りませんが、TOEIC関係の言葉でしょうか?
TEX加藤 | URL | 2011/01/27/Thu 19:02 [EDIT]
フィラーについて
TEX先生こんにちは。

um, uh, you know, I meanなどはフィラーです。

フィラーやつなぎ語と呼ばれるものがuhやumという音です。言いよどみともいいます。特に意味を持たない音ですが、次に発することばを考える時間を稼ぐ役割があるなどと言われています。すぐに言葉が出てこない時や考えをまとめている時などに出てくるものです。
you knowは「ね」、likeは「ま」くらいの軽い意味です。
とくめい | URL | 2011/01/28/Fri 03:59 [EDIT]
とくめいさん
こんにちは。情報ありがとうございます。参考になりました!
TEX加藤 | URL | 2011/01/28/Fri 08:08 [EDIT]
TOEICのスコアを伸ばすには、英語の基礎はやっぱり大切?
加藤先生、こんにちは。

私は、残念がなら真面目な学生ではなかったので、英語の基礎(文法&読解など)には自信がありません。(英語に限らず、基礎学力もありません。涙)

自分のレベルにあったところからコツコツ勉強できるので「公文式」にチャレンジして学力を高めよいかと思っているのですが、英語の先生としてはどう思いますか?

成人した人が子供達に混ざって、いまさら英語の基礎を勉強するより、TOEIC対策の英語学校に通った方が良いと思いますか?

TOEICのスコアを伸ばすには、英語の基礎はやっぱり大切でしょうか?

英語の先生からのアドバイスが頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
| URL | 2011/01/29/Sat 11:00 [EDIT]
学さん
こんにちは。まずは基礎から始められるのが良いと思います。中学英文法と中学校の単語をしっかりと復習してください。ここができていいないと、TOEICのスコアを伸ばすのに時間がかかってしまいます。まずは、以下の2冊の参考書の内容を覚えることから始められてはいかがでしょうか。

くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
くもんの中学英単語1500 新版 (スーパーステップ)

だらだらと時間をかけずに、1カ月以内でマスターするぐらいの意識で、短期集中で取り組んでください。その後に、実際にTOEICを受けたり、学校に通われるなり、対策本で勉強するなりといった次のステップに進まれるとよいと思います。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2011/01/29/Sat 11:43 [EDIT]
はじめまして
あすなろ数学、たぶん実家にあると思います。30年ほど前のことを思い出して、ウルっときました。ネットどころか情報が今から比べると全然無い時代に、あの問題集というかテキストは、まるでナベツグ先生が目の前にいるような本でした。私も、とある資格学校で非常勤講師をしていますが、ブログを拝見してナベツグ先生を思い出し、自分の講義に反映しようと思い出しました。ナベツグ先生を思い出させていただき、ありがとうございますm(__)m
クッキー | URL | 2011/01/29/Sat 20:21 [EDIT]
クッキーさん
はじめまして。やはりとても温かい先生だったんですね。私も時間を見つけて国会図書館で拝読したいと思っていますし、そういう参考書を書くことを目標にしたいです。
TEX加藤 | URL | 2011/01/29/Sat 21:17 [EDIT]
はじめまして
サトウキビ畑といいます

自分も先生の教え子です

先生の著書手に入りますよ

是非サイトに遊びに来て下さい

ブログ がんばれ受験生 なべつぐ伝説

です
サトウキビ畑 | URL | 2012/11/07/Wed 00:23 [EDIT]
サトウキビ畑さん
情報ありがとうございます!
本の複製も販売していらっしゃるんですね。それほどの影響力のある「なべつぐ先生」ってすごいです。
なべつぐ先生のような、温かみのあるTOEICの参考書をいつか書いてみたいです。
TEX加藤 | URL | 2012/11/07/Wed 21:01 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.