人間力
今朝、生徒から嬉しい報告が寄せられました。明海大学で指導しているSさんです。11月の公開テストで、進級条件であるTOEIC500点をクリアしたとのこと。4月から勉強を始めて7か月、ついに目標達成です。

彼女は、入学時に受験したIPテストの点数が320点でした。これは不当に低い点数ではなく、その後受験した公開テストでもほぼ同じ点数でした。中学高校と英語が苦手で、ゼロからのスタートです。推薦入試だったので、受験勉強もしていません。中学英文法の基礎ができておらず、基本単語も知らない状態です。

そんな彼女は、放課後に行われるTOEIC対策講座(1.5時間×2コマ)に入学時からほとんど休まずに毎日出席し続け、目標を達成したのです。一日3時間の勉強を7か月も続けるというのはなかなかできることではありません。

これは現場で指導してみての実感ですが、TOEICで300点から500点にスコアを伸ばすためには、英語力以上に人間力が問われます。定められた目標に向かい、単純作業に毎日コツコツと取り組んで、なかなか結果が出なくても絶えず努力を続け、試験本番でも最後まであきらめずに集中して頑張り抜き、その結果として目標を達成する。それには生徒本人の人間力が必要ですし、そこを伸ばしてあげるのも講師の役目である気がします(難しいことではありますが)。

TOEICを通じて、こうした目標達成プロセスを経験することは、きっと学生の将来にとって大きな財産になるでしょう。社会に出てからの仕事でも同じプロセスが必要だからです。学生にとっては、TOEICを通じて得られる英語力よりも、私はむしろこうした成功体験の方が大切ではないかと感じています。将来どんな仕事に就いたとしてもその経験は必ず生きます。

冒頭で紹介したSさんは、常に前向きで明るく素直で努力を怠らず、まさに他の学生にとってのロールモデルでした。その彼女が目標を達成したことで、TOEIC講師として、小手先の試験テクニックを教えることではなく、生徒をやる気にさせることの方がはるかに大切であると改めて感じます。

きっと、こうして生徒の成長の場にリアルタイムで立ち会えることが、講師という仕事のやりがいなんでしょう。そういうお仕事をさせていただけて、本当に幸せだなあと思います。生徒と一緒に日々成長したいですね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

指導者のやりがい
SさんTEX加藤先生も素晴らしいです!
自発的に努力できる人を創るのが指導者の役目だと思います。
双方が相まってこそなせる業。
私もアツい指導を心がけていきます。
fukken | URL | 2010/12/27/Mon 13:38 [EDIT]
私も先生に報告があります。
覚えていらっしゃるかわかりませんが、以前900越えしたいと言っていたあーさです。
大学院試で800以上がラインで、学内TOEICと公式と両方先月受験しました。学内TOEICは公式の1週間前にあり、やり終えた瞬間「できた!」と実感しました。しかし学内の点数は正規で認めてくれるか分からないので、本番は公式TOEICでした。
公式の日、大好きなリスニングが頭に入ってこなくて、初めてあんな体験しました。手応えなく、終わった瞬間絶望にみちあふれ、帰ってから号泣でした。
学内TOEICでの結果は910で、結果凄く嬉しかったのですが、これが公式だったらな…と心の中でモヤモヤしていました。
そして昨日、公式の結果が届きました。700点台を確信していて、悪い点数でも仕方ないと腹をくくって開けました。そしたら…
930取れてました(>_<)予想外すぎる結果で、これ本当に私の点数?!TOEICの人間違えたんじゃない?!と疑ってしまいました。

未だに実感は沸きませんが、こんな結果が待っていようとは死んでも考えていませんでした。
努力が実ると本当に嬉しいです。これも全て先生のBEYONDの教えを実践したからです。本当に本当に感謝しています!!

あーさ | URL | 2010/12/27/Mon 15:00 [EDIT]
fukkenさん
ここに掲載しているのは成功例ばかりですが、実際にはなかなか厳しい状況もあります。
変わるも変わらないも結局最後は本人ですから、指導する側としては悩みもありますが、
こちらとしては全力で頑張るしかありませんよね。
TEX加藤 | URL | 2010/12/27/Mon 15:20 [EDIT]
あーささん
素晴らしい結果ですね。おめでとうございます。大学生でそれだけのスコアを取る人はそんなにはいないでしょう。これもご本人の努力の成果だと思います。この結果を是非今後のご活躍につなげてください。Congratulations! You made it!
TEX加藤 | URL | 2010/12/27/Mon 15:22 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/12/27/Mon 23:09 [EDIT]
隠しコメントさん
ご友人の方からは先日ご報告をいただきました。受講生の方が目標を達成されて私もうれしいです。
英語指導を始められてさっそく成果を出されるとは素晴らしいですね。おっしゃる通り、生徒の成長が教える側にとっての何よりの喜びだと思います。是非ほめまくって生徒を伸ばしてあげてください。
TEX加藤 | URL | 2010/12/27/Mon 23:28 [EDIT]
ためになります!
はじめまして。

私も昨年の11月よりTOEIC受験をはじめました。
最初の点数は忘れもしない300点!
その一ヶ月後に受けた社内TOEICは330点。

ほとんど勉強してなかったから当たり前といえばそうで、
こんな自分を変えたいと、心機一転し
まじめに取り組みはじめ、
英語教室にも通い、この9月の試験から毎試験受験するようにしました。
結果、475->435->490と
現在、迷走状態です。
なので、Sさんの500点越えはどれだけ嬉しかったことかよくわかります。

TEX加藤先生の書いておられる、
”英語力以上に人間力が問われます。”という言葉は胸に響きました。
自分でも、よい機会と思っています。
たくさんの誘惑があり、それを断ち切ってがんばるのは
自分の将来のために(あまり先は多くはないですが)
有効なことだと、私もおもうからです。

この正月、性根をすえて頑張ります。

Atsu | URL | 2010/12/28/Tue 11:10 [EDIT]
Atsuさん
はじめまして。着実に進歩されていますね。具体的な短期目標を設定して、それに向かって努力されるのが良いと思います。是非着実に前に進んでください。
TEX加藤 | URL | 2010/12/28/Tue 14:42 [EDIT]
お礼
遅ればせながら、この記事は個人的に「教える」「教わる」ということについて色々と考えさせられるきっかけとなりました。今後どういうアクションに繋げていくべきか、まだ消化しきれていませんが、まずはお礼をお伝えしておきたいと思います。ありがとうございました。
渥美クライマックス | URL | 2011/01/11/Tue 09:24 [EDIT]
渥美クライマックスさん
いえいえ。私の記事が何かのお役にたてたとしたら幸いです。学生の場合、「スキル」ではなく「やる気」をどれだけ伸ばせるかの方が大切ではというのは実感です。
TEX加藤 | URL | 2011/01/11/Tue 17:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.