11月TOEIC正答数換算表
皆さん、多数のご報告ありがとうございます。皆さんのご協力のおかげで、両フォームとも全項目の問題数が判明しました。以下が項目別誤答数の算出用の表です。クリックで拡大します。

図1   図2


正答数の計算方法ですが、リスニングは、それぞれの項目別の誤答数を合計し、100からマイナスすると合計正答数になります。リーディングは、複数の項目でダブって計上される問題が、メジャーで11問、マイナーでは10問あったようですので、単純に各項目の誤答数を合計した数よりも実際の誤答数は少ない可能性があります。

なお、初めて表をご覧になる場合の表の見方につきましては、こちらの記事をご参照ください。AMの項目の内容につきましては、こちらの記事をご覧ください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

加藤先生
すみません。知らない間にデータの収集が終わっていて、すでに換算表ができていました。お力になれずにすみません。
この換算表でいくとReadingで21問も落としていました。今までTOEICマガジンで練習している時でも、悪くても11問ぐらいだったのでかなり間違えてしまいました。
時間がなかったのでPart 5, 6は空欄の前後しかみていませんでした。9月も同じような状況だったのですが、それでも455は取れました。今回は全体を読まないと解けない問題が多かったのでしょうか。それともPart 7でも結構間違えたのかもしれませんね。
今までPart 7から回答していたのですが、これからはPart 5, 6を先にやり確実に取れるところでは取っておくことにします。最悪ダブルパッセージの最後5問ぐらいが塗り絵になっても仕方ないという気持ちで臨みます。
小手先ではありますが、「最低でもこれぐらいは取れる」というラインを守れる英語力を目指します。
こんな思いはもう二度とごめんです。やはり990はまだまだ先です。
Tad | URL | 2010/12/27/Mon 14:52 [EDIT]
Tadさん
リーディングは10-11問重複問題がありますから、21問落とされたわけではなく、実際には十数問のミスだと思います。おおよその目安としては、AMの右下2つがパート5・6、真ん中がパート6・7、右上2つがパート7です。
TEX加藤 | URL | 2010/12/27/Mon 15:13 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/12/28/Tue 14:39 [EDIT]
隠しコメントさん
こんにちは。ベストスコア達成、おめでとうございます!

AMを拝見する限り、Rのバランスはよいと思います。特にパート7が安定していますね。
あえて弱点があるとすれば、語彙の部分でしょうか。ここで後4-5問は底上げできるはずですから、
コロケーションを増やしたり、頻出単語を覚えることを意識されたほうがよいかもしれません。

とはいえ、あまり点数を意識せず、今のまま英語学習を日々続け、英語力が伸びれば、
来年は900overされるのと思います。是非、日々楽しく英語学習を継続してください。
TEX加藤 | URL | 2010/12/28/Tue 14:53 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.