良い面を見る
ある本に以下のような実験の結果が出ていました。

3つ同条件の部屋を用意し、同じ種類の花を同じ容器に入れて置きます。その上で、1つ目の部屋の花には、「きれいだね」といった褒め言葉を毎日かけます。2つ目の部屋の花には何の言葉もかけません。無視ですね。3つ目の部屋の花には、「バカ」といったネガティブな言葉を毎日かけます。すると、何度やっても、1つ目の部屋の花が一番長持ちするのだそうです。

この実験の真偽は私にはわかりませんし、それはここでは問題ではありません。

私は学生を教える仕事を本格的に始めて数か月ですが、良いところを見てほめてあげる、というのはとても大切なことだと実感しています。

たとえば、ある生徒に見せられたTOEICのスコアが、L250 R100 T350だったとします。それを見て、「リスニングすごいね。このまま頑張って300点を目指そう」と嬉しそうに声をかけるのと、「うーん、リーディングひどいなあ。これをまずは何とかしないと500点取れないよ」と渋い顔をして答えるのとでは、その後の伸びが違うと思うんです。

先生に褒められてリスニングが楽しくなって毎日聞くようになると、どんどんスコアが伸びますし、それにつられてリーディングのスコアも伸びるようになります。英語力が伸びているのですから当然ですよね。そうなるとスコアアップが自信になって、よいスパイラルに入ります。実際、このパターンで2か月で300点台から500点を突破した生徒が何人もいます。

全然努力をせずにさぼっている場合はともかく、一生懸命努力している様子がうかがえたら、できない部分にはある程度目をつぶり、良い点を見てあげることが、特に学生には必要なのではないかと思います。

こうして考えると、講師の一言で時には生徒の成績が大きく左右されてしまうので、責任の重さを感じますね。何気なく発した一言で生徒のやる気がなくなってしまわないよう、細心の注意を払わないといけません。

もちろん、まったくそう思ってないのに、「すごいね」と口先だけで言っても、それは相手に伝わりません。また、嫌いな先生に何を言われても効果がないので、生徒との信頼関係を築くことが大切です。私も生徒に、「ふん、あんたに褒められても嬉しくないんだよ」って思われないようにしないとなあ(汗)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

物は考えようってやつですね

Look on the bright side!
とある学生 | URL | 2010/08/25/Wed 17:22 [EDIT]
人はいくつになっても誰かに褒められると嬉しいものですよね。「認められてる」っていう実感は即、力になります。僕もちょっとしたことでも周りの人を褒めてあげるようにしています。お互いに気持いいですよ。認め合うっていうことは。ちょっと話はそれますが、コンビニのトイレだって「皆が気持よく使用できるように綺麗にご使用ください」っていう張り紙より、「いつも綺麗にお使いいただいて有難うございます」のほうが効果があるそうです。自分は既に認められているっていう意識が良い方向に向かわせるのですね。
Rabbit | URL | 2010/08/25/Wed 19:39 [EDIT]
とある学生さん
そうですね。「人生は心の持ち方ひとつ」です。
TEX加藤 | URL | 2010/08/25/Wed 20:26 [EDIT]
Rabbitさん
そうですよね。まあ、「褒め殺し(笑)」にならないようにしなければいけませんが。
「自己肯定感」は何歳になっても必要だということですよね。
TEX加藤 | URL | 2010/08/25/Wed 20:29 [EDIT]
初めまして!
BEYOND990やってます!

私は大人ですが、
以前英語学習を続けていた時、
妻に、「英語なんて勉強していても
一銭にもならないんだから・・・」
などと皮肉めいた事を言われてやる気が
うせました。

反対に、英語の試験で良い成績だった時
妻に、「すごいねぇ!」
と言われて、やる気が出ました。

いい年した大人でも、こんな調子ですから、
小学生や中高生なんか尚更でしょうね。

私も英語を教える時は充分相手の事を
考えるようにしようと思います。
KIYO | URL | 2010/08/25/Wed 20:55 [EDIT]
+のストローク
教えるときに、教える側が、この人達は出来が良い、すごくできる、と
思って教えるのと、この人達は出来が悪いと思って教えるのには、
結果に差がでるそうです。 
教える側の期待が何らかの形で相手に伝わるのでしょうね。
私は、先生バカなので、教え子はみな出来る、凄いと思って教えて
います。
受験生を教えていますが、出来ない箇所を指摘するときも、
あまりネガティブワードを使わずに、ここは重要だからもう一度
復習したほうがいいね、となんとか相手を凹まさずに、しかも
やる気がでる言い方はないかなあと、考えています。
生徒にもプライドがあるでしょうから。

でも優しいだけじゃなくて、厳しくがっつり叱ることも必要だと
思います。
夏に大学のスクーリングで、教えられる側になったのですが、
先生らしく毅然とするのも大切だなあと思う授業がありました。

教える技術、だんだん磨いていけるといいな、と思います。
英語力あって、あたりまえその上でいかに解り易く教えるか。
課題です。
SI | URL | 2010/08/25/Wed 23:09 [EDIT]
KIYOさん
はじめまして。BEYONDをご購入いただき、ありがとうございます。
他の方もコメントされていますが、年齢に関係なく、人間には「自己肯定感」が
必要なんですよね。教える仕事を始められたら是非生徒を褒めまくってあげてください。
TEX加藤 | URL | 2010/08/25/Wed 23:57 [EDIT]
SIさん
確かに、時には厳しさも必要ですよね。
教えるスキルを互いに磨いていきましょう。私も日々修行です。
TEX加藤 | URL | 2010/08/25/Wed 23:58 [EDIT]
伸び悩んだときの対処法
TEX加藤さん、おはようございます。僕もほめられて育つタイプです(笑)

得意な事だけやってしまうと伸び悩んだときに大変になる気もします。僕が見てきた範囲ですが、リスニングが得意な人はそれに偏り、たとえばTOEICではLは400を楽に取るのにRは300で伸び悩む。本人もやらないとわかっているけどなかなか取り組めない。

これと反対のこともよく見てきました。なかなか克服しづらい問題だなと思っています。「苦手な事をてほどきする」これはとってもむずかしいことだなと思います。
Yuta | URL | 2010/08/26/Thu 03:49 [EDIT]
Yutaさん
おっしゃる通りだと思います。学生の場合、リスニングのスコアだけが極端に高いと、
読み書きを要求される仕事に就くと苦労するという問題もあります。仕事相手への
メールが文法エラーやTypoばかりではしゃれになりませんよね。苦手なことに取り組ま
せるには、強い動機付けが必要になるのではと思います。それに取り組むことによって、
自分がどうなるのか、がイメージできるようにしてあげないといけませんよね。
TEX加藤 | URL | 2010/08/26/Thu 09:00 [EDIT]
楽しいのがいい!
学生のころ、英語の教科書を読んでいて、「声が小さい!」と何度も叱責されました。(もともと、声は通らないし・・) でもって、私はどんどん読めなくなり、学校に行けなくなりました。。1ヶ月家にこもり、でも、ひたすら読む練習をして次はちゃんと出来ました。先生は、OKと言ったけど・・結局私は学校を辞めました。
だから、楽しく勉強できる仕組みを作って欲しいです!そのうち、自分で自分に鞭を入れる時が来るんじゃないかと思います。
yuriyuri | URL | 2010/08/26/Thu 21:37 [EDIT]
yuriyuriさん
そんなことがありましたか。
英語が好きかどうか以前に、「先生が嫌い」ってなってしまうと、どうしようもないですよね。
そうならないように私も頑張らないといけません。
TEX加藤 | URL | 2010/08/26/Thu 22:51 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.