The One Minute Manager
最近、管理職としていろいろと悩みがちなので、リーディングの勉強も兼ねて、以前に邦訳を読んだことのある「The One Minute Manager」を原書で読んでみました。約100ページと薄手で、非常に簡単な英語で書かれていますし、内容も平易で専門用語も全くないので、ビジネス本を英語で読んでみたいと思っている方の最初の一冊としてはお勧めできるのではと思います。

ストーリーはシンプルで、1分間マネージャーと呼ばれる人物に、ある若者が教えを請いに訪れ、教えに感銘を受けた若者はそれを実践し、年月を経て、その若者が新しい1分間マネージャーに成長し、新たな若者が彼に教えを請いに訪れる、という自己啓発本です。

何より私が読んでよかったと感じたのは、シンプルながらも深い内容です。要約すると、「1分間マネージャー」とは、

He sets One Minute Goals.
He gives One Minute Praisings.
He gives One Minute Reprimands.
He asks brief, important questions; speaks the simple truths; laughs, works, and enjoys.
And, perhaps most important of all, he encourages the people he works with to do the same.

部下に対して、1分で理解できるゴールを設定し、1分褒め、時には1分叱り、簡潔で重要な質問をして、シンプルに真実を語り、笑い、働き、楽しむ。そして、おそらく最も重要なこととして、共に働く部下に対して、彼と同じように1分間マネージャーとして行動するようencourageする。

うーん。こんなマネージャーになりたいものですね。TOEICに無理やりこじつけると、praisingやreprimandってよく単語集に出てきますよね。そういう単語集の中で、「褒めること」「叱責」なとど暗記するよりも、こういう本を読んで文脈の中で理解するのがベストだと思います。まずは自分の興味の持てるジャンルの洋書を少しずつでもいいので読み始めて、それを積み重ねることが、特にパート7のスコアアップには効果的ではと思います。

↓少しでも参考になった方、クリック頂けると励みになります。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.