合格のお守り
いよいよ明日はTOEICですね。今日は、「合格のお守り」(伊藤真著 日本実業出版社)から、受験者の皆さんの役に立ちそうな部分をご紹介します。

受験とは、「あるがままの自分」が、「なりたい自分」に向かってどれだけエネルギーを注げるか、全身全霊でぶつかってみることのできる、一生に一回か、あるいは数えられるほどのチャンスです。

「勉強とは、夢との距離を縮めていくこと」と本の中で書かれています。いい言葉ですよね。この本の題材となっている司法試験とは異なり、TOEICは何度でも受験できますが、ただ受験するだけでは意味がありません。何かしらの目標を持ち、試験に向けてコツコツ努力を積み重ね、全力で受験することで、次なる目標や夢につながっていきます。

結果には必ず原因があります。
原因はコントロールできるのです。
それが、今あなたにできることです。
目の前にあることに集中しましょう。問題の一つひとつに集中しましょう。
そして冷静な判断を下していくことです。
不安や恐怖は、あなたの頭の中にある妄想にすぎません。


あさってのTOEICの結果をコントロールすることはできませんが、今の自分はコントロールできます。これまでやってきたことに自信を持ち、自分を信じ、体調を万全に整え、取り越し苦労をせず、目の前の試験に全力投球しましょう。

私は、試験前日に決まってそれら(自分が良い成績を取ったときの答案や成績表)を眺めるようにしていました。うまくいったときの試験場の空気、自分の調子を追体験し、それを試験当日も同じようにイメージできるようにするためです。

これもいいアドバイスですね。私も全問正解だった時のAMを眺め、イメージトレーニングしてみようと思います。皆さんも是非、自己ベストのスコア票を眺めるようにしてみてください。

できるだけ早く試験場に出かけてください。そして、会場の周辺を散歩するのです。ほんの短い時間でも、無心で景色を眺めながら歩いていると、忘れていたことをふと思い出したり、今日をどう戦うかと落ち着いて考えられたり、どんな問題が出ても必ずやれるという気持ちを呼び起こせたりするものです。

これはTOEICでも同じです。ぎりぎりで会場に駆け込んだり、駅の三分間写真で写真を撮ったりすることのないよう、事前の準備をしっかりとして、余裕を持って試験に臨みましょう。

たとえ真剣勝負の試験であっても、意外性を楽しむことは忘れないでいてください。私は、知らないところから出題されたら、「しめた! と思え」ということを自分に言い聞かせていました。

これは私も行っています。予想していなかったような問題が出て意表を突かれても、「お、そう来たの。ETSさん。やるわね」ぐらいの心の余裕を持って対応できれば素晴らしいですね。

私も今日の午後、公式問題集4をさっと解いて、しっかりと準備しようと思います。受験される皆さん、互いに頑張りましょう。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

「勉強とは、夢との距離を縮めていくこと」何のために英語を勉強するのか。そうです。自分の夢の実現のためです。頭の中のもやもやが晴れた気がしました。ホントいい言葉だと思います。
DIO | URL | 2010/03/13/Sat 12:37 [EDIT]
DIOさん
いい言葉ですよね。私も感動しました。夢に向かっての一歩を、是非明日の試験で踏み出してください!
TEX加藤 | URL | 2010/03/13/Sat 13:06 [EDIT]
はじめまして
>結果には必ず原因があります。
>原因はコントロールできるのです。

本当にそうですね。
今ある状況を作り出しているのは、自分自身ですね。

ありがとうございます。
ちゃすけ | URL | 2010/03/13/Sat 17:12 [EDIT]
ちゃすけさん
目の前の試験に集中し、ベストを尽くしてください!
TEX加藤 | URL | 2010/03/13/Sat 23:52 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.