1日1問TOEIC0308
「日経ビジネスアソシエ」最新号で神崎さんの「正解一直線」が晴山陽一さんのお薦め本として紹介されていますね。特集の内容が、「やり直し『英語』勉強術」で、TOEICについてもかなりのページが割かれていますから、ご興味のある方は是非読んでみてください。

さて、このブログでも何度か書いていますが、TOEICの問題を解く際、ビジネスの背景知識があった方が、会話や文書の内容を理解するのにかなり有利です。たとえば、パート7の文書の内容が、Tex Manufacturing社の社内文書(memorandum)、差出人の肩書がmarketing managerだったとします。

ここで、もし、マーケティグという仕事が何をすることなのかまったくわからない場合、しっかりと文書を読み込む必要が生じます。ところが、マーケティングというのが、自社の商品やサービスを広くお客様に認知させるために宣伝販促計画を立案・実行する仕事だと分かっていれば、文書の内容が「当社の業績報告」や「不良品の原因究明」等ではなく、「宣伝販促計画」についてであろうことが推測できます。

私の場合は、宣伝、営業、マーケティング、バイヤー、商品企画、商品開発といった仕事を一通りサラリーマン時代に経験することができたので、それがTOEICの問題を解く際に大きな強みになっていると思います。とはいえ、いきなりそういうお仕事の経験をするのは無理ですので、どうも自分はTOEICの話の内容が今一つピンと来ないなあと思ったら、ビジネス書で疑似体験されるとよいと思います。

TOEICでは、例えばマーケティングにしても、専門的な業務内容が出題されることはありません。ですから、基本書を読めばOKです。私のオススメは、中経出版の「面白いほどわかる」シリーズですね。マーケティングであれば、「コトラーのマーケティング理論が面白いほどわかる本」などは初心者にもわかりやすいと思います。実例から入るのであれば、今話題の「フリー~<無料>からお金を生み出す新戦略」(クリス・アンダーソン著 日本放送出版協会)もよいと思います。

TOEIC対策というよりも、マーケティングって言葉が時々TOEICに出てくるけど、いったいどんなことをする仕事なんだろう、と興味を持ち、自分で本を読んでみるって大切なことではと感じます。それがきっかけでマーケティングの面白さに目覚めるかもしれませんしね。

では、最後に今日の一日一問です。

Tex Corporation will provide ------- benefits to new employees, or those accepting a change in their work site.
(A) relocate
(B) relocated
(C) to relocate
(D) relocation

まず、文法的に、他動詞provideの目的語がbenefitsですから、空欄にはこの目的語となる名詞を修飾する語句が入りますね。この時点で、動詞の原形の(A)は不正解です。また、provideはto不定詞を取らないので、(C)も×です。

残るは(B)(D)です。文法的にはどちらも入りますので、意味をチェックします。relocateは、locateから推測できる通り、「新しい場所に移る、引越しする」の意味です。ですから、relocated benefitsと(B)を入れると、「移動されたbenefit(恩恵、利益)」となって意味が通じません。正解は(D)relocationです。「移動のための手当て」ですから、ここでは「転勤手当」「移動手当」の意味ですね。前の名詞が後ろの名詞を説明するいわゆる複合名詞で、
「テックスコーポレーションは、新入社員や、勤務場所の変更を受け入れた社員に対し、転勤手当を支給します」が文意です。those acceptingの形を忘れてしまった方は、土曜日の記事を再度ご確認ください。

後一週間、しっかり準備して日曜日のTOEIC、頑張りましょう!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

英文法(質問)
TEX加藤先生~英語の質問をしてもよろしいでしょうか?
How many of the engineers in the company have the skills required to participate in this contract?
という例文があったのですが、「of the」は何で必要なのでしょうか?
How many engineers in the company・・・じゃあだめなんでしょうか?
それとも微妙なニュアンスの違いなのでしょうか?
初歩的な質問ですみませんがよろしくお願い致します。
プチメタボ | URL | 2010/03/09/Tue 00:02 [EDIT]
プチメタボさん
おおっ、ハイレベルな質問ですね。

まず、文法的にはどちらも正しいです。ですので、ニュアンスの違いですね。

上のofが付いた方は、「所属」のofですから、話し手は、engineerだけについて
話しています。「うちの会社のエンジニアのうち何人が~」です。その契約に参加
するのは会社の中でエンジニアだけで、エンジニアという枠組みの中での話です。

下の方は、「何人のエンジニアが~」なので、エンジニア以外の社員もその契約に
参加することが感じられます。デザイナーとかマーケッターとかも参加するんだけど、
エンジニアは何人ぐらい参加するんですか、というニュアンスですね。

ですので、文法的な問題ではなく、話し手が置かれているシチュエーションによる
ニュアンスの違いだと思います。あまりこういうことは普段考えないので、私に
とってもいい機会になりました。

念のため、ネイティブにも確認をしたら、上記と同じ答えが返って来ましたので
ほっと一安心です。
TEX加藤 | URL | 2010/03/09/Tue 09:25 [EDIT]
先生ご回答ありがとうございます!!
そういうニュアンスの違いがあったのですね!!!
これってリスニングの例文なのですが、TOEIC630の私には理解できませんでした。
How manyの後になんでof theが来るんだ!!ってうなってました。

次回は7月にある会社のTOEIC-IPで去年のリベンジを図るつもりです。
550すらいかなかったので超悔しかった。。。
今年は730目指してがんばるんば!
プチメタボ | URL | 2010/03/09/Tue 21:57 [EDIT]
プチメタボさん
730目指して「がんばるんばって」ください!
TEX加藤 | URL | 2010/03/09/Tue 22:16 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.