現代文と英語の共通性
パート7対策を指導する際の参考になるのでは、と思い、中学・高校入試向けの現代文(国語)の参考書を5-6冊読みました。その中で、最も参考になったのが、先日ブログでご紹介した「田村のやさしく語る現代文(田村秀行著 代々木ライブラリー)」です。

田村さんは、私が受験生の時代に既にカリスマ現代文講師でした。クラスメートから、「『田村の現代文講義』はすごい。あれを読むと現代文のスコアが間違いなく伸びる」と言われ、あわてて書店に出かけて購入したのが懐かしいです。その当時は正直私の現代文の成績に大きな影響はなかった(笑)のですが、今こうして20年以上経ってから読むと印象が違うのが不思議です。

「現代文講義」は今でも「新田村の現代文講義(田村秀行著 代々木ライブラリー)」として現役なので、シリーズの1を購入し、合わせて読みました。当時はもう少し記号とか線の引き方まで細かく記されていたと思うのですが、現代版はだいぶシンプルになっていますね。

では、田村さんの2冊の中から、TOEIC対策として役に立ちそうな部分をご紹介します。

文章にはっきりと書かれていて、問題を答えるのに役立つものを<根拠>という。
文中に<根拠>があって答えることを<客観的>という。
現代文は、「本文」で言われたとおりに答える<客観的>な科目である。
文中に<根拠>を求めよ。


これはもうそのままずばりパート7に当てはまりますね。パート7の問題は、例外なく100%本文に答えがはっきりと書かれています。もちろん、「infer」「most likely」といった言葉が使われる「類推問題」もありますが、それにしても、答えの根拠となる具体的な情報が必ず本文にありますから、それを「根拠」にして答えることができれば正解できます。

<逆接>というのは、前のことからは逆に思えることが後に起こるつながり方をいう。
<逆接>の接続詞は、そのあとの内容が重要であることを示す。
<逆接>の接続詞の前の事柄は、その文章で重要性がない。


これも同じですね。パート7でも、but, however, neverthelessといった接続語の後には重要な情報が来ますから、こうした言葉を見つけたら、その後はしっかりと読まなければいけません。また、although, while, despiteといった接続語の場合は、その直後ではなく、カンマ以降の文が重要になりますね。これは日本語と異なる点です。

<論理>とは、順番に考えていけばわかるような筋道のことをいう。
考えが順番にわかりやすくとおっているような状態を<論理的>という。
言葉として書かれていることだけを考えるのが<論理的・客観的>になる方法である。


TOEICの英文は、しっかりとした論理構成になっていて、前後のつじつまが合わないことはありません。ですので、読んでいて、「あれ、さっき書いてあったことと違うけど、まあ作者の気分が変わったんだろう」なんて思って答えるのは確実に読み間違いです。英文は、特に、接続語や指示語で論理がつながれるので、そこに着目すると論理が追いやすくなります。「あ、ここでhoweverがあるから、話の流れが変わるぞ」と構えるわけです。

以下は、参考になりそうな部分の箇条書きです。皆さんの参考になればと思います。

選択肢は自分の意見を問われるものではないので、感情的に好き嫌いで選んではならない。
文章の表面に書かれていることを追っていかなければならず、裏読みをしてはならない。
文書全体についての問題では、主題に触れた部分をもたないものは正解にならない。
複雑な設問文は、本文以上によく読まなければならない。


どれもパート7を解く際の鉄則です。当たり前の話ですが、英語も言葉なので、現代文の解法と通じる部分があるのだと改めて感じますね。この2冊のうち、特に「やさしく語る~」は語り口調で読みやすいので、ご興味のある方は是非手に取ってご覧ください。「なるほどー」と目からうろこが落ちると思いますよ。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEXさん、こんばんわ~!
先日はコメントありがとうございました。
偶然にも先月からロジカル・リーディングのため現代国語の読み方を読んでました。
私は横山先生の「ロジ・リー」から「出口の現国」にいったんですが。
読み方についてはまさしく「目」からうろこでしたね。この2冊を読んだあと、1級の読解問題を解いたら俄然、誤答が少なくなってびっくりしました。
語彙が少ない、構文がわかってないとこはままあるにもかかわらず、正答が選べるんですよ。恐るべし。(←コレをブログの記事にしようと思ってたのにダメじゃん、人んちのコメ欄で語っては、とほほ)
ジャスミン・リュー | URL | 2010/03/04/Thu 21:36 [EDIT]
追伸
あ~、忘れてた。
ランチ・パックの「グリコ味」食べたことある?
まさしく、グリコのキャラメル味で思い切り、ノスタルジー。
大阪本社のグリコだけに関西限定なのかな?
ジャスミン・リュー | URL | 2010/03/04/Thu 21:39 [EDIT]
ジャスミン・リューさん
国語力や背景知識があると、多少語彙や構文があやふやでも文意が推測できますよね。そういう意味では国語の参考書も役に立つと思います。横山さんの参考書はちょっと興味があったので、今度書店で立ち読みしてみます。
TEX加藤 | URL | 2010/03/04/Thu 23:22 [EDIT]
ジャスミン・リューさん
あ、それは関西限定ですよ。きっと。

私の近所では、「富士宮やきそば味」というモノが販売されていて割と美味しいです。

全国のランチパックを集めたフェアでもやってくれると嬉しいんですけどね。
TEX加藤 | URL | 2010/03/04/Thu 23:23 [EDIT]
しょうもないけど
TEXさん、ココ↓見てみて。

http://ameblo.jp/oosakasirona/entry-10387370357.html
ジャスミン・リュー | URL | 2010/03/05/Fri 16:36 [EDIT]
ジャスミン・リューさん
す、すごいですね。東京にもオープンしてほしいです。
東京駅あたりに出店してくれないかなあ。情報ありがとうございました。
帰省の際にはぜひ立ち寄らせて頂きます。
TEX加藤 | URL | 2010/03/05/Fri 21:22 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.