TOEIC詐欺に注意
ETSのTOEICのページに行くと、「フィッシング詐欺に注意」という告知が掲載されていました。ETSを語り個人情報を盗もうとする「TOEIC詐欺」のようです。すごい詐欺だなあ。皆さんも注意しましょう。

せっかくなので、この注意文を、パート6風にしてみます(笑)

Phishing Scam Alert! Protect Yourself.

ETS customers have recently reported receiving fraudulent e-mails from sources pretending to be ETS. These companies are not associated with ETS (1) ------- are they acting on behalf of ETS. If you happen to receive a suspicious e-mail, do not click on any of the links contained in the e-mail. ETS will (2) ------- send you an e-mail asking for credit card information, bank account numbers or any other financial information.

You may also be directed to a site posing as ETS. These sites may resemble the authentic ETS website, but may be scams that seek to compromise (3) ------- information, such as your username, password and credit card information.

If you suspect a fraudulent e-mail or an imposter website, please contact us immediately at ContactETS@ets.org.

(1)
(A) and
(B) or
(C) nor
(D) but

(2)
(A) ever
(B) never
(C) even
(D) also

(3)
(A) confident
(B) confidence
(C) confidential
(D) confidentially

うーむ。意外といい問題だなあ(笑) ETSの中の人も、まさか自分のサイトの警告文がパート6の問題にされるとは思ってもいなかったに違いありません。模試特急に入れようかな(もちろん冗談です)。

ちなみに正解は、(1)C (2)B (3)Cです。(1)は空欄後が倒置になっているので、否定のnorを入れるのがポイントです。(2)は文脈語彙問題です。ETSは、クレジットカード等の個人情報を依頼するメールを送ることは決してない、という意味なので(B)neverが正解です。(3)は語彙問題で、「機密情報を盗もうとする詐欺」ですから、(C)confidentialが正解です。ここの動詞compromiseの用法が面白いですね。「妥協する」ではなく、「情報等を権限のない人に洩らす」あるいは「危険にさらす」の意味です。jeopardizeが正解の同義語問題でTOEICに出そうな気がするなあ。

いよいよ今日の正午にネットでのスコア発表ですね。TOEIC神社は別途建立します。8回連続990が取れているといいのですが。ドキドキしますね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

問題集はTEX加藤さんのアドバイス通り、公式問題集4と直前の技術の2冊に絞りました。過去のTEX加藤さんのブログの記事も参考にしつつこの2冊の完全理解を目指します。
ブログの記事がスゴイ面白いです。今日の英文も親しみやすいし&面白いです!これでパート6の対策になってるとか最高すぎます^^
| URL | 2010/02/22/Mon 01:47 [EDIT]
卵さん
しっかりその2冊をフル活用してください。公式問題集は、まずは解いてみて、知らない単語は調べ、英文の構造を理解して、音読したり、シャドウイングをしたり、幾らでも活用法はあります。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/22/Mon 09:42 [EDIT]
いい問題ですねぇ
(1)間違いました。

一瞬 倒置構文が光った(引っかかった)のですが、空欄 are they acting on behalf of ETSの意味から 後ろは否定せずに 普通に「 これらの会社はETSとはassociated withしていないが、 彼らはETSであるかのように振舞っています」かなぁ~
と ??? 状態で and を選択してしまいました。 まだまだです。
カズ | URL | 2010/02/22/Mon 17:02 [EDIT]
カズさん
on behalf of~は、~を代表して、~に成り代って、の意味ですから、その解釈には
ならないですね。その解釈で行くなら、せめて逆接のbutを選んでください(笑)
These companies are not associated with ETS but are acting as if they were.
ならbutが入りそうですね。
TEX加藤 | URL | 2010/02/22/Mon 18:46 [EDIT]
お恥ずかしい限り
ご指摘のとおりですね。
今回のも強烈に印象に残りましたので、多分一生忘れません。

解説、ありがとうございました。
カズ | URL | 2010/02/22/Mon 19:13 [EDIT]
カズさん
いえいえ。しっかりと文のロジックと英語のロジックをとらえることがパート6攻略のために
必要ですから、スキルを磨いてください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/22/Mon 20:19 [EDIT]
ナイス問題ですね!
これは本当に実用的な英文で、実際にこの種のものがサイトに掲載されたりメールで送られてきたりするので、知っているといいタイプの内容ですね。TOEIC的には詐欺をトピックにした文章は出ないので、TEX加藤さんの冴えた出題も実際に出題されることは…と思っていたら半年後にはもしかすると出てるかも?

さて、この使いかたのcompromiseは私の守備範囲ですね。ネットワーク管理やサーバの構築・運用などをしている関係で、セキュリティ関係の情報をウォッチしていますが、ソフトウェアに何か問題があって、そこを攻撃する悪質なソフトウェアに対してcompromiseする、という書きかたは頻繁に使われます。仕事がら毎日のようにcompromiseを見ているので、私は違和感なく読んでしまいましたが、他の局面でそんなに頻繁に見ることはないでしょうね。

元ページの全文をネタにしてPart 7風の問題も作れそうですし、元ページ全文が読めれば、セキュリティやコンピュータウィルス関係の情報を英語で読むのがかなり楽になると思います。その方面の頻出表現の山ですから。
ご隠居(a.k.a. 金沢のN) | URL | 2010/02/23/Tue 23:43 [EDIT]
ご隠居さん
守備範囲でしたか(笑) compromiseって「妥協する」って意味は知っていても、この用法は知らない人が多いと思いますよ。セキュリティ関係の仕事では頻出語なんですね。パート5あたりでも出題されるかもしれませんね。ETSのHPで使われている表現は要チェックです。
TEX加藤 | URL | 2010/02/23/Tue 23:57 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.