模試特急&セミナー
昨日の出版社での作業と、今日の午前中の原稿まとめで、ほぼ「模試特急」の原稿執筆作業が終わりました。後は週末の死の校正作業と、リーディングパートの音声収録を残すのみです。あとひと踏ん張りですね。今のところ、定価が1600円台で、3月のTOEICの前には発売になる予定です。

主な内容としましては、TOEICオタクの二人とダンの三人で練り上げた模試1回分、パート別の攻略法、全問題に二人の掛け合いの解説と詳細な語注、模試の中から必須単語を神崎さんが選んでまとめた単語集と、私が選んだパート5マル秘単語集、それに加え、さらに、Moreover, 「しょうもないオヤジギャグ」、となっております。

TOEICマニアの皆さんにとっての最大の見どころは、神崎さんが三浦の港で寒風吹きすさぶ中で撮影した船の写真がパート1で使われているところと、ダンがパート1に登場しているところでしょうか。原価削減のための著者の涙ぐましい努力が随所にうかがえる一冊となっております。

本の打ち合わせで、昨日神崎さんと話していて判明したのですが、現時点で二人合わせてTOEICの受験回数が80回を超え、990の取得回数が約40回、200問全問正解が5回です。まあそのうちのほとんどは神崎さんなわけですが(笑) IPも含めれば、今年中に二人の合計受験回数が100回を超えますね。いやあ、すごい数だなあ。え、そんなに受けてどうするんですか、って? そういうまじめな質問をする方はちょっと困った方なので、しばらくあっちに行っててください。

2008年の6月に、TOEICを約10年ぶりに受けた時は、それがきっかけになって人生が変わるとは思ってもいませんでした。せっかく英語学習を再開したのだから、モチベーションUPになりそうなTOEICでも受けてみるか、って気軽な気持ちだったのですが、人生何がどう転ぶか分からないものです。

これは全くTOEICとは無関係ですが、そういう人生に大きな影響を与える瞬間って、誰にでも訪れているのだと思います。時にはそれに気付かなかったり、気付いてもそっちにはいかなかったりすることもありますよね。まあ私も生活の不安はありますが、新しい道に進むと決めたのですから、周囲の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、自分のノウハウを周囲の皆さんに還元できるよう、楽しみつつかつ真摯に一歩一歩前進したいと思います。

あ、そういえば、もしかするとセミナーの第二回が緊急開催されるかもしれません。セミナーまであと一カ月以上あるのに定員となってしまったので、参加の機会を逃してしまった方に対して、一回目と同じ内容で行う予定です。日付や時間が決まりましたら、またブログにて報告させて頂きます。いやしかし、まだ一回目も行っていないのに大丈夫なのでしょうか。エッセンスはん、わしは知らんで、どないなっても。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

人生が変わる瞬間ですね。ささいな事が引っかかりとなって、急旋回していくのでしょうね。思い描いていたのとは違う結果なのかもしれないですが、それもまた成るべくして成ってる・・。私はどうなるんだ?と深く考え込んでしまいました。
yuriyuri | URL | 2010/02/10/Wed 13:10 [EDIT]
yuriyuriさん
え、そんなに深く考え込まれるとは(汗)

でも、きっと気付かないうちにチャンスや転機って訪れているのだと思います。
そういうチャンスや機会をものにしたいって思っていれば、それに気付くし、
何気に通り過ぎてしまうかもしれませんし、チャンスだと思ったらチャンスじゃ
なかったりするかもしれませんよね。チャンスをチャンスにできるよう、頑張らないと
いけないなあと思います。
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 13:32 [EDIT]
オヤジギャク
「しょうもないオヤジギャグ」にも期待しています。
うれしいのか,悲しいのか,読解特急にでた水森亜土や,先日の記事のバロム1もツボりましたので。

まさかPart1に赤影やライオン丸の写真が出てきたりしませんよね?
うみぶたきっく | URL | 2010/02/10/Wed 18:33 [EDIT]
セミナーの第二回
TEXさんの地元、関西での開催はありえないでしょうか。
移動費、会場等の関係でやはり無理でしょうか?
NY | URL | 2010/02/10/Wed 21:19 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/02/10/Wed 22:59 [EDIT]
セミナー 第二回
セミナー第2回是非とも開催!お願いします。
満席のため、現在、第1回のキャンセル待ちをしているところでした。
hiro | URL | 2010/02/11/Thu 00:23 [EDIT]
うみぶたきっくさん
さすがに大学生や新社会人が主な読者層なので、時代を感じさせるネタを盛り込めないのが
辛いところです。そういうTOEIC本があってもいいとは思いますけどね。笑える写真ばっかり
だったり、会話が全部昭和のお茶の間だったり。出版するのは難しいと思いますが(笑)
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 00:58 [EDIT]
NYさん
え、関西ですか。東京でのセミナーが不評で打ち切りの恐れもありますが、
好評なら是非そのうちお邪魔したいですね。とはいえ、まずは東京でのセミナーを
しっかりこなして実績を作るところから始めたいと思います。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 01:00 [EDIT]
隠しコメントさん
貴重なご意見ありがとうございます。私にはさっぱりその辺が分からないので、神崎さん
にも聞いてみますね。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 01:03 [EDIT]
hiroさん
あ、そうでしたか。エッセンスと現在調整中ですので、しばらくお待ちください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 01:04 [EDIT]
【切実】エッセンスと花田塾の評判
私は現在のスコアが500前後の者です。できれば今年の3月、遅くとも5月の試験で730以上をとらなければ退職するように上司から言われています。

フルタイムの激務の仕事をしているため、平日は机に座ってできる勉強が1時間、細切れの時間は30分~1時間ほどしか捻出できません。ちなみに勉強の時間は公式問題集、キム本、中村中村1日1分文法本6冊、DUOをひたすらこなしています。

極めて厳しい時間制限の中でスコアを200以上伸ばさなければならないため、TOEIC専用のスクールに通うことも考えております。評判を集めてみると、エッセンスと花田塾の評判が良いようです。

私は三重県に住んでいるため、毎週東京に通うことはできません。そこで短期集中講座のようなもの利用しようかと考えております。

エッセンスか花田塾の短期集中講座を利用された方から感想等をいただけると幸いです。また他に何か良い方法があるならばご教授いただけると幸いです。

私を助けてくださいませんでしょうか?よろしくお願いいたします。
さと | URL | 2010/02/11/Thu 04:11 [EDIT]
さとさん
それは大変な状況ですね。エッセンスや花田塾は、メールや電話で問い合わせをすれば、
しっかり対応してくれるはずですから、まずは相談されてはいかがでしょうか。
自分のニーズに合っているな、と感じれば、受講されてもよいと思います。

参考までに、730点を取るためには、LRともに約78問ずつ正解する必要があります。
8割正解すればいいことになりますね。ですから、まずは公式問題集を解いてみて、
自分がどの程度正解しているのかをチェックして、足りないところ、特にパート2・5
を中心に勉強されるとよいと思います。

TOEICにはスタミナも必要なので、週末のどこか空き時間を見つけて、なんとか2時間
模試を解く時間を作ってください。目標達成されますこと、お祈りしております。
自分を信じてできることを100%やるしかないですよね。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 09:18 [EDIT]
読解特急の誤植?
読解特急をスラッシュリーディングしていて、これって誤植じゃない?と思うところがひとつあって、でも、はっきり 「これは誤植だ」 って言い切れるだけの英語力も持ってないので質問してみます。
who以下の部分の文法が、なぜ have yet to submit ・・・となっているかもわからないレベルです。

読解特急(第1刷)の78ページ目の問題分の1行目で、
This message is sent to those who have yet to submit their project reports.

の who 以下の文が誤植では?と疑問に思ってます。
訳を見ると、「・・・を提出していない人たちに送られています。」
となってるので、who以下の文に、not とかなんかの否定の単語が入らないとこの訳の意味にはならないのでは?と思うのですがどうでしょうか?
ひょっとして、yet に否定の意味が含まれてるのかな?っと思って、Yahoo辞書を引いてみましたが、否定文の用法の例文は、全部 not とセットで使われていました。

答えてもらえるとありがたいです。
fuji | URL | 2010/02/11/Thu 09:55 [EDIT]
fujiさん
あ、これは誤植ではありませんね。フォーマルな表現ですが、have yet to do~で、
「まだ~していない」の意味です。

Yahoo辞書の、3 ((形式))(1)((肯定文で))まだ;まだ(…ない), これから(…する)((to do)) の部分をご覧ください。

例文として、
The full story was yet to be told. 話はまだこれで全部ではなかった

が挙げられていますね。よろしくご確認ください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 10:05 [EDIT]
読解特急の語注
回答ありがとうございました。
かなり勉強になりました。はじめて知りました。
やっぱり、TOEIC満点取られる方っていうのは、すごいんだなあ、と感動しました。目からウロコでした。

読解特急は、語注とか解説がついてないから上級者向けの教材だってだれかのブログに書かれていたのを思い出しました。

とりあえず、「前から順番に読む力をつける」練習に使うのは、自分のレベルでもできるので、それを中心にひたすらがんばります。

この力をつけるだけで、TOEICのRパートは400点を越えられそうだと思ってます。
fuji | URL | 2010/02/11/Thu 10:21 [EDIT]
fujiさん
え、いや、ご質問を頂いた後にすばやく文法書を必死に調べたんですよ(笑)

語注が欲しいというご意見を頂いたので、その分、模試特急は語注を充実させるように
意識しました。

基礎がある程度できたら、前からしっかり理解するトレーニングは効果があると思います
から、しっかり練習してください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 10:48 [EDIT]
JRの、フルムーンパスでしたっけ?夫婦あわせて何歳以上ならお得!みたいな。ああいうのがTOEICにもあればいいですね。
ふたりあわせて何回以上受験なら、受験料割引とか・・・ないか、ないですね、すみません。
わかを | URL | 2010/02/11/Thu 11:19 [EDIT]
わかをさん
マイレージとかあれば、継続受験する人が増えるかもしれませんね。
今は1年後の受験料がちょっとだけ割引になるのですが、だからといって受けている
受験者は少ないでしょうね。5回受験したら1回無料、ぐらいやってくれてもいいと
思うのですが。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 12:09 [EDIT]
>>TOEICマニアの皆さんにとっての最大の見どころは、神崎さんが三浦の港で寒風吹きすさぶ中で撮影した船の写真がパート1で使われているところと、ダンがパート1に登場しているところでしょうか。原価削減のための著者の涙ぐましい努力が随所にうかがえる一冊となっております

逆に、これには著者達の自作の本に対する愛情が感じられて、非常に微笑ましいことだと思いますよ(笑)。
伊角 | URL | 2010/02/12/Fri 10:01 [EDIT]
伊角さん
写真って結構難しいんですよ。肖像権の問題もありますからね。
肖像権の問題も解決できて、欲しい写真を自分で撮れるので、著者がモデルになって
撮影するのは一挙両得です。
TEX加藤 | URL | 2010/02/12/Fri 12:36 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.