パート2対策
今日はこれから、朝日新聞社にて、神崎さんとの共著第二弾「模試特急」の校正作業のため、ブログは手短にさせて頂きます。果たして本当に3月のTOEIC前に出版できるのかがにわかに不安になってまいりましたが、「二人が一人、バロローム」の「超人バロム1」の精神で頑張りたいと思います(←誰も分からないネタ)。

さて、昨日はパート1について書いたので、今日はパート2について少し書いてみたいと思います。とはいえ、パート2の基本対策については、「直前の技術」等、たくさんの良書が出ていますので、直接そうしたことには触れません。対策書をご覧ください。

パート2で私が一つ意識していることは、「集中力のメリハリ」です。パート2って、冒頭の一語に全神経を集中させないといけませんよね。ぼーっとしていて、「あ、今の、WhenだったかWhereだったか聞き逃してしまった」といった状態が発生すると、正解が分からなくなってしまうので、かなりの集中力を要求されます。

ところが、これはかなり疲れる作業です。30問連続ですからね。どこかでエアポケットがあったりして、上級者でも数問落としてしまうケースがあります。私もそうしたことが過去にはありました。そこで考案したのが、まずは冒頭に全意識を集中させ、選択肢の読み上げまで集中力を高め、正解が分かったら、次の問題に移るまでの5秒間は、リラックスする、という方法です。

集中力の高さの流れとしては、「ピーク→ピークに近い高さを維持→一気に落とす」といった形ですね。ここでスタミナを温存して、30問をうまく乗り切りつつ、パート3・4にもスタミナを残しておくんです。2時間の英語の試験ですから、集中力のスタミナをうまく配分しないと、マラソンでたまにある、前半飛ばし過ぎて後半失速、といった事態になります。パート3・4・7と、後半には長い坂が待ち構えていますから、比較的平たんな前半でスタミナをうまく温存することが大切です。

また、これは昨日の記事にもつながりますが、ある程度幅広い答えを予測しておくことも大事です。一つの会話から、たくさんの答えを生徒に考えさせる、というのは、このパートでもいい勉強法かもしれません。レベル次第では、日本語でもいいでしょうね。

たとえば、What time is the seminar tomorrow?(明日のセミナーは何時ですか?)という質問に対し、日本語で考えて、「10時です」「分かりません」「ジョンに聞いてください」「え、セミナーなんてありましたっけ?」「午前と午後、どちらに参加されるんですか」といった答えが考えられますよね。それを生徒に出させて、先生が英訳し、生徒にインプットした上で問題を解かせます。そうすると、生徒の英語力もUPしますし、TOEICのスコアにも直結しますよね。

うーむ。昨日の指導法は、パート2にも使えるなあと思い始めた今日この頃です。では、そろそろ家を出て、出版社に缶詰めになってきます(涙)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

は~っ!
>「ピーク→ピークに近い高さを維持→一気に落とす」

すっすごい、色々なテクニックがあるんですね~。
個人的には「ぼーっとしない」っていうのがすごい課題です。(←低次元)

「バロム1」結構好きだった。
ジャスミン・リュー | URL | 2010/02/09/Tue 09:39 [EDIT]
「模試特急」の値段
「模試特急」は、いくらくらいで発売予定なんですか?
読解特急みたいに、リーディングセクションにも音声がついてるんですか?

最近ちょっと生活が苦しいので、2000円越えるなら当分の間買うのはがまんしようっと思って気になってます。
fuji | URL | 2010/02/09/Tue 10:18 [EDIT]
1月のTOEICのパート2で何問か集中力が切れたので
「集中力のメリハリ」について参考になりました。

「模試特急」の執筆頑張ってください。
math | URL | 2010/02/09/Tue 19:26 [EDIT]
TEXさん、
こんにちは!

「Part1の10番簡単だったなあ」
「今の発音、イギリスかな?オーストラリアかも?」
「面白い答え方だなあ。ブログのネタにしちゃおう」
「左前に座っている女性、小雪にちょっと似てるなあ」
「ここまでパーフェクトかも。ってことはもしかすると・・」

なんていう、雑念が浮かんでくると決まって聞き逃してしまいます・・。
英語学習だけではPart2は攻略できないなあと思ってます^^;

OJiM | URL | 2010/02/09/Tue 20:31 [EDIT]
ジャスミン・リューさん
え、バロム1、好きだったんですか。懐かしいですよね。出てくる怪人がユニークでした。
クチビルゲとかいましたね。

テクニックと言うよりは、30問ずーっと緊張感を保ち続けるのは難しいので、この方法に
今は落ち着いています。「ぼーっとする」のは試験前に終えておきましょう(笑)
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 00:19 [EDIT]
fujiさん
えっと、まだ価格は確定ではありませんが、1600円ぐらいだと思います。
リーディングの音声は、CDにするかダウンロードにするかまだ分かりませんが、
付属させます。いい英語の勉強になりますからね。
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 00:22 [EDIT]
mathさん
集中力の保ち方、参考にして頂ければと思います。

模試特急、ラストスパートで頑張ります!
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 00:31 [EDIT]
OJiMさん
こんにちは。

そ、そんな雑念が(笑)

「明鏡止水」の精神で、澄み切った水面のような落ち着きで試験に臨んでください!
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 00:33 [EDIT]
「模試特急」
本の値段の返事ありがとうございました。
発売されたら早速買って、勉強がんばります。

この前いただいたアドバイスを参考に、昨年11月に「K/Hシステム」のセミナーを受けて習ったやり方で、ひたすら読解特急をスラッシュリーディングの練習してたら、読むスピードが速くなった気がします。
リーディングBOXの第1回目模試をやってみたら、換算点数で375点取れました。Lがやってもやっても伸びを感じないけど、そのうちブレークスルーするのを信じてやってみます。今年のなるべく早いうちに、800点越えできるようにがんばります。
fuji | URL | 2010/02/10/Wed 05:50 [EDIT]
fujiさん
スラッシュリーディングに音読を加え、読解特急の音声を聞いて内容を頭から理解する
練習をしてみてください。継続は力なりですから、リスニング力が伸びていくはずです。
頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 10:03 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/02/10/Wed 12:03 [EDIT]
隠しコメントさん
あ、その点はご心配なさらなくてよいかと思います。今回の模試は、英語力UPの
お役に立てるような内容も多く盛り込んであります。それだけにちょっと作業が大変な
部分はありますが。無事発売されましたら、是非店頭にてご覧ください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 12:21 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/02/10/Wed 12:43 [EDIT]
隠しコメントさん
え、念のため中身を見た方がいいですよ。あまりのオヤジギャグの多さに嫌気が
さすかもしれませんし(笑)
TEX加藤 | URL | 2010/02/10/Wed 13:03 [EDIT]
ルロロロロロロ~
出たな、トルゲ。

バロムクロスで、変身!

うーむ、わかるかな~。わかんねぇだろうなぁ(千登勢風)
白うさぎ | URL | 2010/02/11/Thu 07:58 [EDIT]
白うさぎさん
あ、やはりこのネタに反応されましたね。ありがとうございます。

友達とよくバロムクロスごっこ、やりましたね。当然変身できないので、俺とお前の
友情パワーが足りないからだ、なんて言いながら(笑)

しかし、子供心にもあの「クチビルゲ」とか「ウデゲルゲ」の造形はショッキングでしたね。

知らなかったのですが、ドイツ人の「ドルゲ」さんが、いじめられていると放送局に
抗議する事件があったんですね。そんな大人の事情があったとは。
TEX加藤 | URL | 2010/02/11/Thu 09:24 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.