背景知識とTOEIC
先日のTOEICについて、インターネット上での感想を見ていて、ちょっと面白いなあと思うことがありました。あるパート2の問題についての感想だったのですが、問題は再構築できないので、日本語にしてちょっとアレンジしてみますね。

女性:「お客様は、ピーナッツとたまご、どっちのランチパックの方が好きなのかしら」
男性:「ピーナッツの方が売れてるよ」

ちなみに、私、今朝はピーナッツ味のランチパックを食べたのですが、またもやスエットにこぼし、敗北を喫してしまいました。。新しいスエットを購入して、このスエットはランチパック用にするとしましょう。

話を戻すと、上記の問題で面白いなあと思ったのは、意外とシーンがイメージできない受験者の方が多かったように思われることです。なんだかよく分からなかったので消去法でマークした、とか、受付の会話でどっちをお客様に出そうか話をしていると思ったのに、そういう受け答えがなくて戸惑った、といった声が聞かれました。

私の場合は、質問を聴いた瞬間に、「あ、これは山崎パンの中の人の会話だ」とあまり疑いを持たなかったので、男性の、「ピーナッツの方が売れてる→ピーナッツの方が人気だよ」がスムーズにイメージできました。

ここで思ったのは、これって英語力ではなくて、ビジネスシーンの背景知識をどれだけ持っているかで受け取り方が変わるのではないかということです。特にリスニングパートでは、いかに素早く話の内容をイメージできるかが大切ですよね。パート2なら、聞いた瞬間にそのシーンがイメージできるかどうかが勝負です。パート3やパート4では、最初は何だか分からない話の内容が、次第にはっきりしてきます。ところが、そのシーンをイメージするのに時間がかかったり、最後までイメージできないと、特に大意を問う問題は正解することができません。

私はいちおう20年間、サラリーマンとして、大小さまざまな規模の会社で、営業、宣伝、マーケティング、製品開発、バイヤー等の仕事をしてきたので、それがTOEICで役立っているのだと思います。いろいろなシチュエーションが頭の中にあって、そこに問題が紐づけされる感じですね。

読者の皆さんがこうした背景知識を増やすには、もちろん普段のお仕事を通じて経験を積まれるのが一番ですが、それでは時間がかかるので、すぐにできることとしては、本を読んで疑似体験されるのがよいと思います。背景知識を増やすのが目的なので、日本語の本で構いません。

TOEICでは、幅広いビジネスジャンルから出題されますが、個々のジャンルに関しては、専門的な話は出題されません。「広く浅く」出題されるわけです。ですから、以前もブログで何冊かお薦めしましたが、会社や人物、商品の成功ストーリーを読まれるとよいと思います。一般読者向けに書かれているものであれば、TOEIC用にはちょうどいいです。

そんなサクセスストーリーの中から一冊お薦めの本をご紹介します。

『たかがビール されどビール』(松井康雄著 日刊工業新聞社)

皆さんの中にも好きな方がいらっしゃると思いますが、アサヒスーパードライの開発責任者だった方によるスーパードライの誕生秘話です。スーパードライはあまりに人気になってしまったので、さまざまな本が出版されていますが、私的にはこの本の著者がいなければ、スーパードライは生まれていなかったと思います。営業、マーケティング、宣伝といった要素が全てストーリーの中に入っていますし、一般読者向けに分かりやすく書かれています。皆さんにもなじみのある商品なので、ハードカバーでお値段はしますが、読んで損はないと思います。機会があれば書店で手に取ってみてください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/02/04/Thu 12:10 [EDIT]
隠しコメントさん
こんにちは。おっしゃる通りです。今回も、customersだったので、すぐにイメージが
クリアになりました。これが、guestsだとまた違ったシーンをイメージしますよね。
ホテルとか。そういった違いをおさえるには、ビジネス経験があるのが一番ですが、
それがない場合は、疑似体験して、うまく自分の経験として取り込んでおくのがよいと
思います。TOEICのスコアと英語力がよりうまくリンクするといいなとは私も思います。
そういう意味では、傾向の違った問題を出すというのも一つの方策ですよね。今回も、
難語とはいえ、字面からや文脈から推測できる語彙がほとんどでした。そういう力って
英文を読む際に必要ですから、いい傾向と言えばいい傾向ですね。

TEX加藤 | URL | 2010/02/04/Thu 12:17 [EDIT]
TEXさんのおっしゃることにうなづきマーチですv-270。学生と社会人の方両方に教える機会があると、背景知識の違いって大きいなーと思います。先日Edwinのクラスで「リーディングの授業におけるpre-readingの目的=activating learners' schemata」というが出てきましたが、その人が持ってるschemataでホント様々ですもんね。。TOEICのパート3・4だと質問を先読みして仮想ストーリーを作って備えるってのもアリですが、背景知識や社会経験が少ないと仮想ストーリーの精度も低くなっちゃうし。学生さんなんかは厳しい部分ですね。(そもそも学生のスキルをTOEICで図ろうとするところに無理があるとは思いますがv-15
Aya | URL | 2010/02/04/Thu 13:10 [EDIT]
Ayaさん
うなづきマーチって・・・ ナーナーナーウナウナウナナー

懐かしすぎますね。

TOEICの英文の内容は、学生さんにとっては厳しいですよね。合併とか出張旅費の払い戻し
とか言われてもピンとこないでしょう。受けさせられる方も大変です。
TEX加藤 | URL | 2010/02/04/Thu 19:55 [EDIT]

Track Back
TB*URL

TOEIC各パートに関連する小ネタ報告
昨日は息抜きに大阪市立近代美術館建設準備室に行って来たのですが、そこでPART3/4/7のテーマとなりそうな学芸員の方の説明を聴くことができました。今回の展示は「油絵の大阪」で、約40分の歴史や主要人物に関する説明はとても分りやすく、凄くよかったです。また、この?...  [続きを読む]
英語がアカン人のTOEIC攻略日記 2010/09/26/Sun 21:58
Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.