TOEICの復習
ウィットロック慶子さんとMorite2さんのTOEIC講評ラジオ、好評だったようですね。こうしてTBRを継続して頂けたので、喜んでいる受験者の方も多いのではないでしょうか。Morite2さん、ランキング1位おめでとうございます。

さて、今回のTOEIC、語彙のレベルは確かに高かったとは思うのですが、私個人としては、これは新傾向というよりも、テスト的な部分もあるのではないのかなと感じます。たとえば、パート1でも異常に難しい問題が出たことがありましたが、あれは一種のテストだったように思います。その時は採点対象外になりましたが、「あ、これは難しすぎたな」とETSの中の人も思ったのでしょう。ですから、今回の受験者の出来を見て、「あ、これは難しすぎる」「これはOK」などといった判断基準にするのかもしれません。あくまで推測ですが。

また、語彙のレベルが高いとは言っても、正解の語彙を英辞郎に入力すると、レベル10以上のモノは2つだけです。そのうち1つは語彙問題ではなく、助動詞の後の空欄に動詞の原形を入れるという文法問題だったので、語彙レベルは関係ありません。ですから、受験者の皆さんもにわかに難しい単語集を買う必要はなく、普通に英文をたくさん読んで聞くという基本的な学習で英語力を伸ばす努力をされた方がよいのではないでしょうか。TOEICの点数に振り回されて学習スタイルを変える必要はないと思います。ちなみに語彙問題の数自体は普段のTOEICと変わりませんでした。難し目の問題が多かったので、いつもより語彙問題が多かったように感じますよね。

毎回書いていますが、TOEICで大切なのは基礎です。たとえば、今回、leave A 過去分詞という問題が出ましたよね。leave A 過去分詞でAを~の状態にする、の意味です。これをもし間違ったとしたら、少し突っ込んで考えてみることが大切です。単純に動詞の原形が間違いで形容詞が正解ではありません。

たとえば、ビートルズのThe Long And Winding Roadの歌詞の一節はこんな感じです。

You left me standing here a long, long time ago.
Don't leave me waiting here.

ここで大切なのは、SVOCのOとCの間にはSVの関係があって、能動か受動かで現在分詞なのか過去分詞なのかが決まる、ということです。上の例では、I was standing, I was waitingと能動態なので、現在分詞になっています。これが、

You must leave your room locked.

なら、Your room is locked.なので、ここに過去分詞が入るわけです。もちろん、形容詞は補語になれるので、形容詞が来る場合もあります。Leave me alone.ですね。

また、leaveには、SVOOの形もあります。

My father has left me one million dollars.

ですね。My father has left his estate to me.ともいえます。

leave A to do~の形で、Aに~を任せる、という形もあります。

I'll leave her to make the decision.

ですね。つまり、leave A -------の空欄には、過去分詞も現在分詞も形容詞もto不定詞も名詞も入る可能性があるわけです。その中から、文法的、文脈的に正しいものを選ばなければいけません。

「leaveってどういう風に使われるのかな」と疑問に思って、英和辞典や文法書を少し調べるだけでもたくさんのことが分かります。そうして「疑問→検証→実践」の作業を地道に繰り返すことが基礎を築いていくのではないかと思います。受けっぱなしではもったいなので、是非皆さんなりの方法で復習してください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

「I was standing, I was waitingと能動態」という説明を高校時代から、何度も見たり聞いたりしたことがあります。でも気になることが1つあります。もし能動態⇔受動態だと定義した場合、これらstandやwaitに基本的に受動態が存在しないことを考えると「いや、受動態はないんだから、能動態って呼べるの?」とツッコミたくなってしまいます。それとも、このように能動・受動を考えることが間違っているのでしょうか?
教えてください | URL | 2010/02/02/Tue 13:16 [EDIT]
TEXさん、
こんにちは!

正に今回出題された難単語が載っている単語集を探していました。
この記事を読んで、これまでのスタイルを続けていく勇気がでました。

#ちなみにですが、不正解の選択肢にレベル12の単語が出ていました

OJiM | URL | 2010/02/02/Tue 17:55 [EDIT]
惨敗
この問題に関しては 文法以前に r が入っているのが読みとれず、全然別の単語なのに頭のなかで「~立ち尽くす・・・」と組み立ててしまったようです。
そういう意味で間違いが発覚したときのダメージは大きかったです。(恥)

ところで英辞郎のレベル表示ってどうやったら見れるんでしょうか?
普段、英辞郎 on the Webを利用しているのですが、DL版の話でしょうか?
カズ | URL | 2010/02/02/Tue 18:31 [EDIT]
オタクのあなたにマイナーのホットチップスです。
eloquence(レベル8)は他の選択肢にperseverance(A)が混ざっていました。
lapse(レベル7)は選択肢Dでinclination (レベル6)がAです。単純に勘で四択といっても人間Aに目が行きがちですよね。
雄弁さと忍耐力。。。どちらもいけそうな雰囲気抜群ですね。
選択肢にこそ技あり。さすが巧みのETS!
TEXファイルに登録していいですよ。
やす | URL | 2010/02/02/Tue 20:55 [EDIT]
ありがとうございます
祝っていただきありがとうございます。

僕も実験だと思っています。ブログにも書きましたがこれでETSがうまくいった、と判断し、「この傾向が続いたら」新たな対策が必要だと思います。
朝日かエッセンスで今度お話しましょう
Morite2 | URL | 2010/02/02/Tue 22:02 [EDIT]
教えてくださいさん
いえ、すでにかなりの英語感覚をお持ちのようなので、あえて能動や受動を考える
必要はないと思います。ただ、初中級の方ですと、「待たされる、だからwaitedかな」
と受身にしてしまう方もいらっしゃいます。そういった方は、「いや、I was waitingだよな」
と考えることで、間違いを避けることができるので、感覚が身に付くまでは、面倒でも
基本にしたがって考えた方がよいのではと思うんです。能動か受動かというのはあくまで
日本語の言い回しなので、基礎レベルを脱したら、あえて意識する必要はありません。
TEX加藤 | URL | 2010/02/02/Tue 23:35 [EDIT]
OJiMさん
こんにちは。ご興味のある英文記事などを読んだ方がきっといいと思います。
デジタルグッズなどは結構面白いサイトがたくさんあると思いますから、チェック
されるのもいいかもしれませんね。そうして生きた英語に触れることが大切だと思います。
不正解の選択肢には時折語彙レベル10を超えるものがありますが、大抵の場合は
絶対に正解になりようがない単語ですよね。
TEX加藤 | URL | 2010/02/02/Tue 23:40 [EDIT]
カズさん
英辞郎のレベル表示は、派生語等は表示されない場合もありますね。たとえば、
shortcomingと入れて検索すると、単語の訳語の下にレベル10と表示されます。
普通に見れますから試してみてください。TOEICで問われるのは、ほとんどが
6・7レベル以下の単語です。
TEX加藤 | URL | 2010/02/02/Tue 23:45 [EDIT]
やすさん
情報ありがとうございます。確かに、ETSの作る問題は、選択肢の配置が巧みですよね。
あれはなかなか素人には真似しづらい匠の技です。
TEX加藤 | URL | 2010/02/02/Tue 23:47 [EDIT]
Morite2さん
明らかに語彙レベルが高かったですよね。受験者のスコアを見て、配分を調整する
のではないでしょうか。もしこの傾向が続くようなら、語彙のちょっとした対策が
必要になるかもしれませんね。
TEX加藤 | URL | 2010/02/02/Tue 23:49 [EDIT]
丁寧なご返答ありがとうございました!すごくわかりました。
教えてください | URL | 2010/02/03/Wed 10:46 [EDIT]
教えてくださいさん
あ、参考にして頂けたなら何よりです。さらに英語力に磨きをかけてください!
TEX加藤 | URL | 2010/02/03/Wed 11:13 [EDIT]
先日は、Lアドバイスありがとうございました。
戻り読みをしないでしかも日本語に訳さないで英語を理解する力をつける勉強法の本をさがしてたら、ブックオフで見つけた
安河内哲也さんの「きめる! センター 英語 リスニングトレーニング」

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%82%81%E3%82%8B-%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93V-BOOKS/dp/4053020093/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1265161875&sr=1-3

が、TEXさんにこのアドバイスいただいた内容をもっと具体的に初心者向けに解説してあったので、この本のやり方で読解特急と公式問題集を中心に、英語を直感理解できるようにするトレーニングしてみます。

公式問題集は、リーディングパートに音声がついてないので、まず読解特急の音声を使って、この本のやり方で音読してみます。

TEXさんの勝手に表彰式で表彰してもらえるようを目標に頑張ってみます。
fuji | URL | 2010/02/03/Wed 11:30 [EDIT]
fujiさん
もともと基礎力はお持ちなのですから、どんどん頭から理解する練習をすれば、すぐに
リスニングもリーディングもスコアが上がるはずです。「直読直解」を意識して勉強して
みてください。スラッシュリーディング、シャドーイング、音読といった学習はTOEICの
スコアにも直結するはずです。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2010/02/03/Wed 11:46 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.