パート7完璧化対策
帰郷予定を明日に伸ばし、「模試特急」の原稿に追われていたTEX加藤です。年内の予定分はほぼ書き終わりました。同時に上級者向けのTOEIC本も書き進めていて、こちらも順調に進んでいます。まあ、パート6の空欄が3箇所ではなくて6箇所で、解くのに異常に頭を使うとか、パート5で簡単な問題が全然ないとか、相当変態向けの内容ですが(笑)

昨日の記事で、パート5・6、特にパート5は迷うことがよくある、と書きましたが、私の場合、パート7は比較的迷うことが少ないです。答えが全て本文の中にあるからですね。ですから、もし間違うとしたら、迷うことなく勘違いして間違うパターンでしょう。設問の主語の人物を勘違いしていて間違いそうになったり、うっかり読み間違って引っかけにはまりそうになり、見直しで修正したことは何度もあります。TOEICの問題って、嫌らしいくらい、上級者もうまく引っかかるように作ってありますよね。かなり性格が悪くないと良問は作れないかもしれません。え、それならあんたは大丈夫だって?

仮に満点を目指すのであれば、パート7は1問も落としたくありませんよね。で、上級者が意外に陥りがちなのが、設問をさっと読んでしまって勘違いして間違ってしまうパターンだと思います。つまり、ちゃんと問題文を読めば解けたのに、しっかり読んでいなかったためにミスしてしまうケースです。TOEICの問題はよくできていて、ちゃんと読んでいないと間違ってしまうような罠が仕掛けられています。

たとえば、加藤さんという担当者からのインターンシップの案内と、それに対する応募者の学生からのメールというダブルパッセージで、こういう問題があったとします。

What information is not included in the e-mail although requested by Mr. Kato?

下のメールの出し手がメールに添付しなかったものを問う問題です。で、メールには、大学の成績証明書が間に合わなかったので、今回は送れません。後で送ります、って書いてあったとします。

選択肢を見ると、うまい具合にcollege transcript(大学の成績証明書)があります。ですが、これは正解でしょうか?

問題文を最後までよく読むと、although requested by Mr. Kato? とあります。ということは、加藤さんがもし成績証明書の提出を求めていなかったら、この答えは誤答ということになります。ですから、加藤さんがはたして成績証明書を求めているのかを、上の案内でチェックしなければ正解と判定できません。

ポイントは、設問や選択肢は最初から最後まで丁寧に読む、ということです。簡単そうに見える問題に限って落とし穴があったりしますから、そういう問題こそ慎重に解いた方が良いと思います。もちろん、時間制限がある中ではなかなか難しいことですが、ミスを減らすためには必要なことです。

あ、せっかく昨日の記事はいい締めだったのに、記事を一個追加してしまいました。ということで無理やりですが、皆さん良いお年を! 今度こそ帰郷します(笑)


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEX加藤さん、初めまして。いつも楽しくブログを拝見しております。

毎晩、携帯からTEXさんのブログに行き、1日1問TOEICを解いています。
その効果なのか、昨日の夢にその問題が出てきました(笑)
夢にまで出てくる位にTEXさんの1日1問TOEICが好きです♪

今回の記事の「最初から最後まで丁寧に読む」にドキっとしました。
私はせっかちな性格な為、じっくり読むことが苦手なので、
英文をじっくりと丁寧に読む練習が必要だと感じました。
いつもブログを通してヒントを下さって、本当にありがとうございます!!

後、私は明日からTEXさんの故郷に行ってきます♪
旅行中の御供はもちろん特急シリーズです!!
隙間時間を活用して、取り組む予定です。

では、これからも楽しく、為になるブログを楽しみにしております。
はる | URL | 2009/12/29/Tue 00:55 [EDIT]
はるさん
はじめまして。え、夢に1日1問が(笑)
大阪旅行されるんですね。
楽しい旅行&英語学習で良い年末年始をお過ごしください。
TEX加藤 | URL | 2009/12/29/Tue 01:44 [EDIT]
TEX加藤さん、パート7関連の記事は大変助かります。「設問や選択肢は最初から最後まで丁寧に読む」は分かっているんですけどね(滝汗)。なんか英語の読解力だけでなく、論理思考力や情報整理力も鍛えないといけない感じですね。

「答えが全て本文の中にある」ということは、ある程度設問のパターンは限られるということですよね。引っ掛け方もそんなにパターンはないはずです。TEX先生頼みで恐縮ですが、その当たりを解明した本を是非出していただけないでしょうか(笑)

1年間楽しく、興味深く読ませていただきありがとうございました。良いお年をお迎えください!
Yuta | URL | 2009/12/29/Tue 23:42 [EDIT]
こんにちは。いつも楽しくブログを拝見しております。
私はPart7が苦手なので最近多読を始めました。「英語を英語で理解しよう」と意識して易しめの洋書を読んでいるのですが、どうしても知らない単語や、難しい構文に出会うと、日本語で考えてしまいます。(汗)また、自分は英文を正しく理解できているのかと半信半疑で、読んでしまいます。(←目だけで読んでいて、頭に入ってこないような感覚です。)
このような状態でも、多読を続けた方が良いのでしょうか。アドバイスを頂けたら嬉しいです。
Tonta | URL | 2009/12/30/Wed 04:10 [EDIT]
TEXさん、
こんにちは!

『模試特急』ですかぁ!楽しみです。早く読みたいです。
「特急」とタイトルが付いただけで買いたくなってしまいます。
間違えて「特急列車年鑑」とか買わないように気をつけねば・・。

上級者向けの「変態特急」も楽しみにしてますよ♪
OJiM | URL | 2009/12/30/Wed 12:31 [EDIT]
Yutaさん
うーん。その手の本は3000部ぐらいしか売れない気が(笑)
こちらこそ、Yutaさんの濃い内容の記事、楽しませていただいています。
良い年をお迎えください。
TEX加藤 | URL | 2009/12/30/Wed 14:51 [EDIT]
Tontaさん
こんにちは。多読に関しては、おそらく人によって意見が異なりますし、受験者のレベルや英語学習にかけられる時間によってもアドバイスが変わってくるかと思います。個人的な意見としては、まず、基礎的な文法事項を覚えて、正確に読むことから始めるのがいいのではと思います。

最初のうちは知っている単語がほとんどの読み物から読み始め、知らない単語を調べたり、分からない部分は戻り読みしてもよいと私は思います。それを繰り返しているうちに、次第にそういう回数が減ってきます。日本語で考えてしまうのも、最初は当然のことです。読む量が増えてくると次第に日本語が介入しなくなると思いますよ。

多読用のマテリアルと並行して、精読用の短い文章がまとまった参考書を使われてもよいかもしれません。個人的には、「とにかく分からなくてもいいから多読しろ」という方法はあまりお勧めできないです。海外に住んでいる等、量で質をカバーできる状況にいらっしゃるなら話は別ですが、丁寧に読む、という作業も最初のうちは並行して行った方がよいと思います。今お持ちの素材でも、時折立ち止まって丁寧に読んでみてはいかがでしょうか。
TEX加藤 | URL | 2009/12/30/Wed 15:10 [EDIT]
OJiMさん
こんにちは。
OJiMさんには「変態特急」の方がお勧めですね。
パート7を1問1分なんて各駅停車でどうする、1パッセージを1分で理解するのが特急だ、
みたいな内容ですから(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/12/30/Wed 15:12 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/12/30/Wed 22:49 [EDIT]
隠しコメントさん
こんにちは。スコアが6倍になった、というのはある意味記録ですよ(笑)
素晴らしい成果ですね。

花田先生もイベントでおっしゃっていましたが、TOEICもカラオケと同じで、
練習をすれば誰でもうまくなります。是非TOEIC学習で得たスキルを、実用面にいかすべく、
2010年も継続学習に取り組んで下さい。

励みになるコメント、ありがとうございます。良い年をお迎え下さい。
TEX加藤 | URL | 2009/12/31/Thu 11:32 [EDIT]
TOEICも実は
加藤さん、こんばんは。もうすぐTOEICに明け暮れた1年が終わろうと
しています。つい先日、久しぶりに英語を使う機会がありました。
アウトプットには役に立たないTOEICだと思っていましたが、なんのことは
ない、しっかり話せるようになっていましたよ。TOEICはインプットの道具に
すぎないと思っていましたが、案外と役に立つことがわかりました。
先日書き込みしたように、これをステップにして、さらに英語学習にはずみ
をつけたいですね。しつこいようですが、加藤さんはじめ、英語学習に燃える
日本全国のTEXブログファンのみなさまに、よいお年を!
middleager | URL | 2009/12/31/Thu 19:48 [EDIT]
middleagerさん
こんばんは。TOEICの英語はアウトプットの模範です。スピーキングにせよ、
ライティングにせよ、TOEICの英語が使いこなせれば英語の達人ですね。
是非フル活用して下さい。

しつこいようですが、良いお年をお迎えください!
TEX加藤 | URL | 2009/12/31/Thu 19:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.