「なぜだめなのか」で学ぶ
先日のセミナーを受講した際、面白いなあと思った参加者の方からのご質問があります。パート6で、以下のような感じの流れの問題に対してのご質問です。

Tex Corporation started selling A and B two years ago, and both of them have been selling beyond their expectations. Last year, A sales ------- exceeded one million dollars.

(A) alone
(B) afloat
(C) aware
(D) above

このブログの読者の方は、それほど悩まずに正解を選べたかもしれません。「TEXコーポレーションは、2年前AとBの販売をスタートして、予想以上に売れている。昨年は、Aの売上だけで100万ドルを超えた」の意味になる、(A)aloneが正解です。名詞の後ろに置かれて、「~だけで」の意味で名詞を修飾しています。

(B)afloatは、「(水の上等に)浮かんで」の意味のほかに、having enough money to operate or stay out of debtの意味で、「借金をせずに」といった意味もあります。Tex Corp. is struggling to keep the company afloat. といった形で使われます。(C)awareはおなじみの形容詞で、「気付いて」ですね。どちらもここでは文の意味に合いません。

会場で質問が出たのが、(D)aboveについてです。aboveを、salesを後置修飾している形容詞ととらえ、「上記の販売が」と考えることはできないか、というものです。確かに言われてみると、前文でAとBが販売好調、と書かれていますから、そう考えることもできなくはないですよね。「なるほど、そういう考え方もあるなあ」とハッとさせられました。

で、なぜ、ここでaboveがだめかと考えたのですが、まず、aboveは形容詞で使われた場合、「上述の」「上記の」の意味で使われますが、必ず名詞の前に置かれます。ですから、the above sales of A、あるいはthe above A salesとしなければいけません。ロングマンのオンライン辞典でも、only before nounと明記されています。また、aboveは副詞でも使われますが、その場合、直接名詞を修飾できないので、sales mentioned aboveあるいは、above mentioned salesと言葉を補う必要があります。この副詞用法なら、sales above mentionedという形もありえそうです。

もちろん、高得点者であれば恐らくすんなりとaloneを選べるとは思いますが、こうして他の選択肢がなぜだめなのかを考えるのは勉強になりますね。生徒さんのご質問は、本当に自分にとっても学びになるなあと改めて感じます。

一般の受験者の皆さんでも、たまにはこうして、「なぜだめなのか」を突っ込んで考えると、自分の英語の幅が広がるかもしれませんね。


banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

不正解の選択肢
不正解の選択肢で思い出しましたので質問させてください。
公式問題集VOL2のTEST2 のPart2の問題(問題番号23番)です(そのまま転記しますが、問題があったら書き込みを削除してください)。

What color do you think we should paint the walls?
(A) It's that one over there.
(B) I prefer green.
(C) No, I don't care for it.

壁を緑に塗るってどうなのよ、という疑問はおいといて
正解は(B)なのですが、ここで(A)が正解になる状況もあるのでは、とずっと考えていたのです。

例えば、壁の前にずらりとペンキを並べている状況で
「どの色で壁を塗りますか?」
「向こうにあるそれです。」
という状況です。ペンキ屋さんが見本をずらっと持って来たような場合には、この選択肢もアリかなと・・・

師匠、良かったらご意見をお聞かせください。
izumi | URL | 2009/11/24/Tue 12:13 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/11/24/Tue 12:53 [EDIT]
izumiさん
こんにちは。ご質問の件、口語表現としてどうかは別として、TOEIC的にはだめだと思います。

代名詞のoneは、「一つの」のニュアンスがあるため、不可算名詞には使えません。この質問文ではcolorが不可算名詞で使われていますから、それをoneで受けることはできません。

たとえば、izumiさんのイメージされているようなシチュエーションなら、

Which paint bucket are we supposed to use to paint the wall?
It's that one over there.

といった質問なら、paint bucketは可算名詞ですから、oneで受けることができます。

まあ、実際にizumiさんの想像されている状況なら、問題文の質問に対して(A)で答えても通じるのではないかとは思いますが、TOEICはあくまで与えられた一文に対しての適切な答えを選ばなければいけないので、そういう意味では(A)は不正解です。
TEX加藤 | URL | 2009/11/24/Tue 13:00 [EDIT]
引っ張ってすみません・・・
>この質問文ではcolorが不可算名詞で使われていますから、それをoneで受けることはできません。

colorを辞書で引きますと、blue, red, greenなどのcolorは可算名詞です。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/colour_1
可算名詞の例文として
What colour are his eyes?が載っています。

What color do you think we should paint the walls?のcolorが不可算名詞というのは、どこを見ればわかりますか?
ホントに基本的な質問ですみませんm(_ _)m
izumi | URL | 2009/11/24/Tue 13:40 [EDIT]
隠しコメントさん
ご質問ありがとうございます。形容詞の後置修飾は、something coldのように、thing, body, one等で終わる不定代名詞を修飾する場合、any material availableのように、able, ibleで終わる形容詞が最上級を表す表現を伴う時、あるいは、おっしゃっている通り、他の語と語群を作っている時等に名詞の後ろに置かれます。

この問題で、aloneが形容詞か副詞かというのは微妙です。ロングマンでやコウビルドでは形容詞、とされていますが、エキサイト辞書等、副詞としているものもあります。ですので、副詞と考えられても問題ないと思います。

aboveが語群を伴うと形容詞として名詞を後置修飾できるかは不明です。sales above in this articleですと、in this articleにかかるように感じられます。above sales in this articleならsalesにかかりますが。

形容詞単独での名詞の後置修飾としては、数は多くないのではと思いますが、たとえば、people present were A, B, and Cなら、「そこにいたのはAとBとCだった」のように、形容詞のpresentが名詞を後置修飾しています。

とはいえ、選択肢の中から、副詞として意味の通るものを選んだ、という解答方法でまったく問題ないと思います。「名詞 ------- 動詞」の位置で副詞を選ぶのは正しい感覚ですから。
TEX加藤 | URL | 2009/11/24/Tue 14:03 [EDIT]
izumiさん
ふむ。なるほど、確かに、これは文脈によってはありえるかもしれませんね。色は、数えられるものに使うと可算名詞です。例えば、目ですと2つですよね。これは明らかに数えられます。ですので、数えられる状態の色、たとえば、ペイントバケツやカラーチップ等を見ながら話していると仮定すれば、選択肢の答えもあり得そうです。ただ、この一文の中だけでは、oneが何を指すのかが分からないので、一般的な色を指す不可算名詞と考えるのが自然ではと思います。「向こうにあるあれ」と言われても、聞き手は何の事だか分りません。たとえばパート3で、oneが何を指しているのかが明らかに聞き手に分かる話の流れであれば、正解になりえますね。ただ、この一文では、「数えられる何か」が不明なので、可算名詞と判断する根拠がありません。文房具屋さんでいろいろな色のペンを見ながら話しているとか、洋品店でいろいろな色のドレスを見ながらな話しているとかであれば、oneが使えるでしょう。
TEX加藤 | URL | 2009/11/24/Tue 14:34 [EDIT]
ありがとうございます。
丁寧なご説明、ありがとうございます。

日本語の解説では、(A)は「質問と関係のない応答」とバッサリ切られていましたが(笑)、英文から考えて、そうとも言いきれないんじゃないの、とずっと疑問に思っていました。
明らかに正解の"I prefer green."がなく、微妙な選択肢が2つあったら、もしかしたら私は正解を選べないかも、などと色々悩んでいたのを「不正解の選択肢」で思い出しました ^ ^

でも確かに、この一文のみでは判断できない場合、Part2の性質から考えて不正解ですよね。

師匠に聞いてよかったです ^ ^
ありがとうございました。
izumi | URL | 2009/11/24/Tue 15:01 [EDIT]
izumiさん
参考にして頂けたら幸いです。

TOEICでは、本文やナレーションの中の情報で正解が導けないといけませんので、リスニングでも
どちらとも取れる問題は出ません。ですから、迷っているということは、それは解釈が間違っている、
というケースが多いと思います。そういう、「どっちかな」と迷うことが少なくなると、どんどん正答数
が上がりますよね。

11月、頑張りましょう!
TEX加藤 | URL | 2009/11/24/Tue 15:42 [EDIT]
これも・・・
TEX加藤さん、すみません。連続で・・・。
これも間違えました。aboveを選びました。
>もちろん、高得点者であれば恐らくすんなりとaloneを選べるとは思いますが、
こういうところで、多くミスをしているんだと思います。
ようするに、作成者の思うままに間違っているんですね。
>一般の受験者の皆さんでも、たまにはこうして、「なぜだめなのか」を突っ込んで考えると、自分の英語の幅が広がるかもしれませんね。
ハイ!センセイ!
転妻koala | URL | 2009/11/24/Tue 16:57 [EDIT]
転妻koalaさん
奥様なので、連続して間違われてもOKです。本番では、優美に正解してください。
TEX加藤 | URL | 2009/11/24/Tue 22:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.