奥様のためのTOEIC講座
さて今日のトピックは、「奥様のためのTOEIC講座」です。特に深い意味はありません(笑)

では皆さん、スイーツを食べる手を止めて、まず、以下の問題を解いてみてください。

The personnel director asked the applicants ------- the second round of job interviews to fill out the application form first.

(A) take
(B) to take
(C) taking
(D) took

いかがですか? 単語がまずちょっと難し目ですよね。え、そんなことないわよ、って。そ、そうですか。これは失礼しました。念のため、皆さんが分かっていらっしゃることは承知の上でご説明いたしますと、最初の「personnel director」は、日本語でいう「人事部長」です。「human resources director」ともいいます。あれ、メモを取られているような気が。これはきっと紙のスペースや時間を無駄にしない、という奥様ならではの節約術ですよね。

続いて、「applicant」は「応募者」です。「candidate」とも言います。「apply」が動詞で「応募する」、名詞はこの文の後ろに出てきますが「application」です。その後に空欄があって、「the second round of interviews」は「二次面接」です。interviewsと複数形になっているのに要注意でございます。「細かいわね。単数だっていいじゃないのよ」と言われるかもしれませんが、ここは複数形にしないといけません。最近は不況なので、面接にも応募者が殺到しますよね。当然、一次面接を通過した人もたくさんいます。なので、二次面接もそれぞれの応募者に対して一人ずつ行われるわけで、全員まとめて一回で終わるわけではないので、複数形になります。

その後の、「fill out」は「埋める、記入する」っていう意味です。「fill in」とも言います。で、最後の「application form」は「応募フォーム、応募用紙」ですね。皆さんもよくスーパーで懸賞の応募用紙に記入されると思いますが、あれのことです。最後のfirstは副詞で文末に置かれ、「まず、最初に」の意味です。

とこれで、全体の意味が分かりましたよね。もう一回ここで答えを考えてみてください。いかがでしょうか。考えが変わったら書き直して頂いて結構ですよ。よろしいでしょうか。では答えを発表します。答えは、(C)takingです。

皆さん、「もー何なのよ」って顔をされていますが、(B)to takeを選ばれた方も多かったかと思います。「ask 人 to do~で、人に~することを頼むでしょ」って思いますよね。確かに、空欄の前後だけを読むと、これを選んでしまいますから、むっとされるのも分かります。「I ask my husband to take out the garbage every morning.」ですよね。

ところが、この問題では、後ろの方に、to fill outと、toがありますよね。「あらやだ。気づかなかったわ」とハッとしたような顔をしていらっしゃる方がいらっしゃいますが、この問題は、asked (the applicants taking the second round of interviews) to fill out~と、カッコの部分が「二次面接を受ける応募者」でカタマリになっているんです。

the applicants taking the second round of interviewsのところのtakingは、「二次面接を受ける」という動詞の役割をしつつ、「二次面接を受ける受験者」とthe applicantsを説明する形容詞の役割もしていますね。こういう一人二役をしている「~ing」のことを「形容詞用法の現在分詞」といいますが、そんな文法用語、聞きたくないですよね。でしたら、applicantsとtakingの間に、関係代名詞の「who were」を入れてみてください。するとtakingが自然に感じられますよね。

ということで、今回のポイントは、「うまい話には裏がある。ちゃんと最後まで読んで確認すること」、でした。スーパーの特売や特価商品を買う際、何か裏があるんじゃないかしら、と思って隅々までパッケージをチェックされるぐらいの注意力で是非問題を最後までお読みください。

以上、奥様のためのTOEIC講座でした。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

TEX師匠、こんにちは

“奥様の・・・”というから取るものも取りあえず、馳せ参じて参りました。(笑)
問題文の途中まで読んで to take だよ!と答えてしまった粗忽者です。

TEXさんのブログ記事のように、ちゃんと最後までしっかり読んで、
オチを味わってから回答しないといけんっーことですね。
本番には、そんな余裕もオチもないけど。
Nemo | URL | 2009/11/12/Thu 11:34 [EDIT]
TEXさん、
こんにちは!

また1つ芸域を広げられましたね。^^;
TEXさんのブログ記事を楽しく読んでもらう為の工夫を開発しようとする
姿勢を見習いたいと思います。

"奥様"シリーズに続いて、「OL編」、「キャビンアテンダント編」、「教師編」などの展開を期待しています。(特に深い意味はありません)

あっ、もちろん今日の問題も参考になりました。
OJiM | URL | 2009/11/12/Thu 11:48 [EDIT]
わたくし、ひっかかりませんでしたわ!
TEX加藤さん、こんにちは。
こういうの好きです♪またお願いいたします^^。

>「I ask my husband to take out the garbage every morning.」ですよね。
ハイ。我が家はそうです^^。


転妻koala | URL | 2009/11/12/Thu 12:39 [EDIT]
まんまとひっかかりました。
こんにちは。

作者に喜んでいただくために、まんまとひっかりました(笑い)
直感で taking ちょっと前を見て askがあるやん ホンナラ自動的に to take...
(後ろは読んでない・・・ この間約3秒)

ちくしょう・・・

どこやらの読解特急にPart7の問題は必ず全部読むこと!あてずっぽうでなく なぜそうなるのか自分に論証できること!って書いてあるから 最近の私のテーマは Part5 = 15分、 Part6 = 6分としていました。

なので結構初歩的なヒッカケに陥りやすい体質になりつつあります。

でもよくよく考えたら・・・ Part7で全文しっかり読むってことは 当たり前だけど Part 5 & 6も読むってことだよな・・・

TOEIC恐るべし・・・ まだまだ修行が足りませぬ・・・ ニンニン
カズ | URL | 2009/11/12/Thu 13:18 [EDIT]
奥様ではありませんが
まんまとひっかかったくちです。

TOEICに頻出のなが~い名詞句の問題ですね。ちくしょう~、注意して
いたはずなのに(笑)。
a round of interviewsもfill out ~も頻出ですね~。
middleager | URL | 2009/11/12/Thu 13:50 [EDIT]
次回はマダムねらい?
TEXさん、つぎはこのニッチな市場をねらって反応みてるのね、たぶん。

でも、私、ひっかからなくてよ。ほーっほほ(←サンタではない)
Nemoさん、脇が甘い!

ジャスミン・リュー | URL | 2009/11/12/Thu 14:00 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/11/12/Thu 17:10 [EDIT]
Nemoさん
フフフ。引っかかりましたわね。本番のTOEICでは、時間もなくて焦りがあるので、落ち着いてとくことが大切ですね。セレブなマダムの落ち着きがあれば大丈夫ですよ。
TEX加藤 | URL | 2009/11/12/Thu 23:55 [EDIT]
OJiMさん
え、げ、芸域って(笑)

OJiMさんも十分理系的分析で独自の雰囲気があってファンもいるじゃないですか。

私もブログネタが尽きてきたので、いろいろとやってみないといけません。

この構文は11月のTOEICで出る可能性のある要注意タイプです。本番で出たら軽くクリアしてください。

TEX加藤 | URL | 2009/11/12/Thu 23:58 [EDIT]
カズさん
引っかかって頂いて、ありがとうございます(笑)

パート5・6の合計20分はよいペースですよ。大事なのはメリハリです。秒殺問題は5秒で解いて、読ませる問題は30秒時間をかける、といった強弱を是非付けてください。

に、忍者ハットリくん、懐かしいですね。
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 00:05 [EDIT]
middleagerさん
TOEICでは、長めでちょっと難しい構文のものも混じっていますから、要注意ですよね。
このパターンの問題は11月に出るかもしれないので、本番で出たら是非クリアしてください!
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 00:06 [EDIT]
ジャスミン・リューさん
う、ば、ばれたか。「全国TOEIC奥様会」を作って、TOEIC界のきみまろ、を目指します!
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 00:09 [EDIT]
隠しコメントさん
奥様向けの企画なので、英語の達人の皆さんの参加はご遠慮ください(笑)

そうですね。ここでは意味が通じませんが、文脈次第では、ask~to~toも可能ですね。ここでは、人事部長が、廊下や待合室に並んで面接を待っている受験者に、「先にフォームに記入してください」と話しかけているところを無理やり想像して頂けると助かります。
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 00:21 [EDIT]
転妻koalaさん
あれ、さっき返事をしたと思ったら、FC2のサーバーエラーでなぜかコメントが反映されていません
でした。すみません。奥様。このタイプの記事を毎回書くと、授業の際に奥様口調になってしまい
そうなので、不定期とさせていただきます(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 00:24 [EDIT]
the applicants (to take the second round of interview)
として、
(to take the second round of interviews)が、
the applicantsを後置修飾する形容詞句ととらえてはいけませんか?
通りすがり | URL | 2009/11/13/Fri 13:31 [EDIT]
TEXさん
「奥様のためのTOEIC講座」、私も参加しま~す^^
でも、スイーツもいいけど、ビールもいいですね。と、私みたいに思う奥様もほかにいらっしゃるのではないでしょうか??
恵比寿には、ランチビールを楽しむキレイな奥様たちがいっぱいいらっしゃいますし・・。 v-275
yuki | URL | 2009/11/13/Fri 14:24 [EDIT]
通りすがりさん
構文解釈的には考えられると思います。ただ、もしapplicantsの後にto不定詞を入れて、この文章を頭から読んだり聞いたりしたら、100%の人が、ask人+to不定詞で、「応募者に二次面接を受けるよう依頼した」と認識するでしょう。ですので、その後にまたto fill outとto不定詞が来ると、これを目的を表す不定詞の副詞的用法と捉えてしまい、「応募用紙に記入するために二次面接を受けるよう依頼した」と意味不明になってしまいます。そうした誤解を避けるためにも、あくまでこの文脈ではの話ですが、ここにto不定詞を使うのは避けた方がよいと思います。
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 15:36 [EDIT]
yukiさん
あれ、yukiさんって奥様でしたっけ? HNに妻が入っている転妻さん以外は、どなたが奥様なのかが分かりません(汗) 恵比寿の奥様TOEICランチ、いいですね。この企画、いけるかも(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/11/13/Fri 15:40 [EDIT]
うーん、申し訳ないですけど、納得しがたかったです。
1文中に不定詞にしても、前置詞にしても、toが連続することは
普通だと思いますし。
そういうリズム的なものではなく、
doingによる修飾と、to doによる修飾には
意識的な使い分けがあるのではないでしょうか。
でも、おいそがしいなか、ご丁寧に答えていただきありがとうございました!
通りすがり | URL | 2009/11/15/Sun 11:55 [EDIT]
通りすがりさん
説明力不足ですみません。おっしゃっている通り、toが連続して使われることは普通です。
現在分詞を使うと、今面接を受けている、という印象があり、to不定詞を使うと、これから面接を
受けようとしている、という未来志向のニュアンスになると思います。たとえば、最後のto fill out
以降が、to move into the third interviewという形であれば、「三次面接に進むために、二次面接を
受けるように応募者に依頼した」と普通の文章なので、動詞や文脈によって、その都度フレキシブル
に考えるしかないのではと思います。
TEX加藤 | URL | 2009/11/15/Sun 22:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.