1日1問TOEIC1021
昨夜のテンプルの授業で、十数名のネイティブを相手に40分の文法の授業を行うという課題を終えてぐったりしているTEX加藤です。「Tense and Aspect」をテーマに、教科書の簡単なサマリーをして、その後、グループワークを行う、という課題です。「日本人が間違いやすいWillとBe going toの用法の違い」をトピックにして、何とか乗り切りました。いや、いい経験になりますね。ほっとしたのもつかの間、今日はエッセイライティングの課題の提出日です。さすがに大学院は楽じゃないですね。気合と火事場の馬鹿力で頑張らねば。

ということで、今日の1日1問は手短にさせて頂きます。え、いつも長すぎだから、これぐらいの短さでいいんじゃないのって?(汗)

Tex Kato is preparing for his presentation which is going to start at 12:00 -------.

(A) subtly
(B) briefly
(C) precisely
(D) timely

まず、選択肢を見ると、副詞っぽいものが4つ並んでいますね。なので、これは語法か語彙の問題だなあと判断します。次いで、位置を見ると「12時」という特定の時間の後についています。ここで定型表現に気づけば正解を選べますが、仮に気付かなかったとしましょう。

語法や語彙の問題ですから、まず冒頭から読み進めると、presentationまでで文章が完結していますね。次いでwhichが続き、この節に主語がないので、関係代名詞の主格だと判断できます。先行詞のpresentationを説明しているわけです。構文的には比較的簡単ですね。ということは、この文末の副詞は、追加情報であるwhich節に関係していて、副詞は名詞を修飾しませんから、startという動詞を修飾していることが分かります。「12時XXXに始まるプレゼン」ということです。

ここで再度選択肢を見ます。まず、(A)は、subtle(微妙な)の副詞形です。「12時微妙に始まる」ではおかしいですね。最近の若い日本人の女の子なら選んでしまうかもしれませんが(笑) 続く(B)を選んでしまった方がいるかもしれませんが、「手短に」「しばらく」の意味なので、「12時しばらくに始まる」は変ですね。文意に合いません。続いて、(C)preciselyですが、これは、「accurately and exactly」の意味ですから、「12時丁度に始まる」となって意味が通じて、これが正解です。時の1点を表す「at」とのつながりもぴったりです。類似表現で、「at 12:00 sharp」も押さえておきましょう。

(D)のtimelyですが、これ、実は形容詞なんですの。奥さん。日本語でも「タイムリーな話題」っていいますよね。ちゃんと名詞を修飾しています(笑) ググってみると、timelyが「折よく」「時節にあった」の意味で副詞で使われる例もあるようですが、私の手持ちの電子辞書のコウビルドとオックスフォードには形容詞としか書かれていないので、あまり使われないのではと思われます。ポイントとしては、このtimelyのように、「名詞+ly」は形容詞になる場合があるので要注意です。friendly, manly, lovelyなどがそうですが、どれもTOEICではあまり出そうにないですね。

10月TOEICまで残りわずかですが、最後の追い込み、頑張りましょう!


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/10/21/Wed 10:50 [EDIT]
隠しコメントさん
あ、連絡ありましたよ。よろしくお願いします。メールフォームってあるんですね。試してみようかな。情報ありがとうございます。
TEX 加藤 | URL | 2009/10/21/Wed 10:53 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/10/21/Wed 13:18 [EDIT]
隠しコメントさん
あ、ご指摘ありがとうございます。早速修正しました。奥さんではなくても参考にして頂けたら何よりです。timelyって副詞っぽいですからね。
TEX 加藤 | URL | 2009/10/21/Wed 13:40 [EDIT]
読解特急買いました。さすがコストパフォーマンスがいい本ですね。気になったのですが、第一章の問27の人物名本文とスペル違いませんか?単なる誤植ですか?
やす | URL | 2009/10/21/Wed 16:59 [EDIT]
お疲れっした パート2
プレゼンお疲れ様でしたーv-275
他のコースでは10-15分のプレゼンが多いと思いますので、すでに40分を「経た」TEXさんはもうグランドチャンピオンv-20ですね。
(byごっつええ感じ)

おくればせながら特急、買いました。
総武線の秋葉原→小岩間で解いてみましたが、駅1つ分で1パッセージできるのがホントにいいですね。中断・再開しやすいのも、この本のグランドチャンピオンなところです。
今度サイン下さーい。
Aya | URL | 2009/10/21/Wed 19:03 [EDIT]
34-38やりました!
友達から授業中に読解特急を強奪して、34-38の問題をやらせていただきました!
……part7には少し自信があったのですが、難しかったです……(*_*)
あんな問題が10月に出るかも知れないと思うと緊張します。
実際友達に借りて少しやってみて、私も読解特急も購入したいと思いました。
でも、まだおすすめいただいた文法特急が終わっていません…ヾ(^_^;
がんばります☆
さやか | URL | 2009/10/21/Wed 20:10 [EDIT]
やすさん
すみません。誤植です。お手数ですが、以下の神崎さんの誤植ページをご参照頂けると幸いです。
http://toeicblog.blog22.fc2.com/blog-entry-729.html#more
TEX 加藤 | URL | 2009/10/21/Wed 22:49 [EDIT]
Ayaさん
40分のプレゼンが終わったのでほっとしたのもつかの間、次はレポートだし、イントロのレビューも出さないとまずいし、もうふらふらです。互いに単に取れるよう、頑張りましょう。あ、今日神崎さんがAyaさんのこと、話されていましたよ。サインは是非、神崎さんからもらってください(笑)
TEX 加藤 | URL | 2009/10/21/Wed 22:51 [EDIT]
さやかさん
ちなみに、家具の問題が出るわけではありません。あの両文書参照型問題の解き方のポイントを押さえておいてください。同じような問題が出るかどうかは分かりませんが・・・ 文法特急、しっかり取り組んでくださいね。
TEX 加藤 | URL | 2009/10/21/Wed 22:55 [EDIT]
お世話になっています。
読解特急は皆さんのコメントにあるとおり、少し難しいですね。
テスト対策としてとても良く研究されていると感じました。
11月のテストまでに3回通しすべくこつこつ読ませて頂きます。もちろん、ご指摘いただいた文法を最優先で。
ところで、今日の日記の「WillとBe going toの用法の違い」が気になってしかたがありません。日常では特に意識しないで使っていました。お時間の許す範囲で教えて頂ければ幸いです。
Torinosuke | URL | 2009/10/21/Wed 23:51 [EDIT]
Torinosukeさん
読解特急、考えさせる問題が多いかと思いますので、しっかり読んで解いてください。

WillとBe going toの違い、折を見て説明したいと思いますが、記事にできるのがいつになるかわかりませんので、是非、「ここがおかしい日本人の英文法」(T.D.ミントン著 研究社)読んでみてください。一番最初の章で丁寧に説明されています。シリーズで4冊ほど出ていると思いますが、黄色い表紙の第一弾です。すらすら読める本なので、書店でチェックしてみてください。

念のため、簡単に一言で言いますと、willはその場で決めたこと、be going toは前もって計画していたこと、の差です。ですので、「Shall we go to see a movie tonight?」と誘われて、「I will have a dinner with my friend.」と答えてしまうと、その相手と映画に行きたくないからその場で友達と食事することを決めたかの印象を相手に与えてしまいます。「I am going to have a dinner with my friend.」なら、予定がある、ということが相手に分かるので、こちらを使うのが適切です。
TEX 加藤 | URL | 2009/10/22/Thu 00:05 [EDIT]
みなさまお疲れさまでした。
TEXさま
フォーム23でしたが、リスニングがぼろぼろでした。
特急からP60の問題と、家具の類似問題出ていましたね。
それと、preciselyもどんびしゃでした。さすがでした!
速報も楽しみにしています。よろしくお願いします。
リスニングはどうやって鍛えましょ?(泣)
middleager | URL | 2009/10/25/Sun 16:05 [EDIT]
middleagerさん
フォーム22も難しかったですよ。読解特急と同じような問題、出ましたね。正解して頂けたようでしたら何よりです。リスニングは、公式問題集を聴くだけでなく、音読したり、Listen and repeatする等、口に出す練習をされるとよいかもしれません。読めない英語は聴けませんから。日々少しずつでもいいので、是非アウトプットを練習に取り入れてみてください。
TEX 加藤 | URL | 2009/10/26/Mon 01:32 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.