TOEIC本番で緊張を和らげる方法
昨日は、飲み会で帰宅したのが日をまたいでしまい、ブログをかきそびれてしまいました。まあ、こういうことでもないと変に意地になって毎日更新しようとしてしまうので、よかったのかもしれません。今後もマイペースで楽しみながら更新できればと思います。

さて、TOEIC本番で実力またはそれ以上の力を出すために、テニスのメンタルトレーニングが役立つのではないか、ということを先日ブログに書いたところ、拍手をたくさんいただいたり、コメントをいただくなど、ありがたい反響がありました。

先日紹介したのは、視線を集中させることや、消極的な独り言を言わない、自信のある態度を取る、使い慣れた道具を使い、決まったやり方でTOEIC本番に臨む、といった集中力を高めるためのメンタルトレーニングの基本でした。今日は、そうはいってもやっぱり本番では緊張してしまう、という方のためのリラックス法です。

しぐさをゆっくりにして深呼吸する
緊張すると、やたらにせかせかしてしまいがちですが、すべてのしぐさをゆっくりにするよう心がけます。特にリーディングでは、あわてて気ばかりが急かないよう、緊張感や焦りを感じたら、一旦軽く深呼吸してみましょう。もちろん、試験前の深呼吸も緊張の緩和には効果的です。

外見だけでも落ち着いているように見せる
これは前回書いたことと同じですね。焦って頭を掻きむしったり、いらいらと貧乏ゆすりしたりしてはいけません。外見はメンタルに影響するので、更なる焦りを生んでしまいます。貧乏ゆすりしながら頭を掻きむしりつつ、「なんでこんなのが分からないんだよ」などと消極的な独り言で自分を責めるのは最悪です。

もちろん、人によってリラックス法は違うでしょうから、ここに書いたことを念頭に置きつつ、自分なりのリラックス法を見つけるのがベストですね。

↓参考になった方、クリックいただけると嬉しいです。

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.