AMの見方(その2)
今日は昨日に続き、LのAMの見方についてです。ちなみに、昨日のAMから正答数を算出する方法の1つ目と3つ目の項目の母数はそれぞれ21と19であることが分かったので、記事を修正しておきました。1つ目のAMが81、3つ目のAMが89の方がいらっしゃることが判明したためです。ただし、誤差の範囲なので正答数はほとんど変わらないと思います。

昨日例にとったある方のAMはこんな感じでした。

81 100 100 95

で、1つ目の項目で4問、4つ目の項目で2問の合計6問間違えたことになるというのは昨日書きました。さらに、1つ目の項目を鍛えて、後2問正解すれば495になることも分かりました。で、その項目を見るとこう書かれています。

短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる。

ん、よく分かりません。ということで、3つ目の項目を見ると、こう書かれています。

短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる。

え、これって1つ目の項目とどう違うんだろう。よく分からないし、まあAMは証明書みたいなもんだから、引出しにしまっておこう。と受験者の大半はここで考えるのを諦めて、AMを封筒に戻して、それっきり二度と見ることはないのであります。このAMの方もおそらく、「何かよく分からないけど、パート1と2でとにかくしょうもないミスをしないようにすればいいな」程度でAMをしまってしまうでしょう。

ヒロ前田さんの検証によると(とまたもや完全な他力本願)、「直接的な表現」が3つ目の項目、「間接的な表現」が1つ目の項目に該当するそうです。例えば、今回のパート1で、なぜかお尻が痛そうな岩場に座って本を読んでいる女性3人の写真がありましたよね。で、答えが、「They are reading some books.」でした。これは見たままの表現なので、3つ目の項目に入ります。

また、女性二人が向かい合って握手してる写真で、「They are greeting each other.」っていうのがありましたが、これは間接的な表現ですよね。直接的な表現なら、「They are shaking hands.」ですが、「挨拶している」という間接的な表現を答えにしています。なので、この問題は1つ目の項目に分類されます。

同様に、パート2で、「Where is the meeting room?」ってディレクションの質問を例に取ると、「It’s the first room on the right.」なら直接的な答えなので、3つ目の項目に入りますが、「I’m not sure.」なら直接質問に答えていないので、1つ目の項目に入ります。

当然、受験者にとっては、間接的に答えを類推させる1つ目の項目の問題の方が難しいので、平均点も普通は1つ目の項目の方が低くなります。例えば、6月の試験では、それぞれのAMの平均は、66/79でした。

このことから、AMが、81 100 100 95の受験者の方は、1つ目の項目だけが突出して数値が低いので、恐らく、TOEIC特有の「間接的な回りくどい地獄のパート2言い回し攻撃」、に慣れていないだけだと推測されます。疑問文に対して疑問文で切り返すなど、返しのセリフのパターンが豊富ですからね。

我々みたいに何回も受けていると、返しのセリフが面白いと、「そう来るかあ」「そう来たのね。フフ。引っかからないわよ」などとマニアックな喜びを抱くのですが、試験に慣れていないと戸惑うかもしれません。なので、もし、この方がLで495を取りたい、というのであれば、対策本でパート2の問題に集中して取り組んでパターンさえつかめれば、次回は確実に495が取れるだろう、と思われます。どこのどなたか存じませんが、このアドバイスを胸に、次回頑張ってください。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

今回のAM、一つ目だけが異様に低かったので参考になります
part2対策がんばります。
さやか | URL | 2009/08/04/Tue 00:47 [EDIT]
さやかさん
Part2は慣れも必要なので、他の3つのAMが高いのであれば、形式に慣れればスコアアップされると思います。頑張ってください。
TEX加藤 | URL | 2009/08/04/Tue 06:43 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.