AM活用法
スコア表が届くと、気になるのは、「自分がどのパートで何問間違えたのか」ということでしょう。いまいちよく分かりませんよね。私にも分かりません(笑) ちょっとマニアックな内容になりますが、リスニングパートのAbilities Measured(以下AM)から、自分が何問間違えたのかを計算する方法をご紹介します。

まず、AMから、以下は分かりますね。

上から1・3番目の項目 → パート1・2に該当(計40問)
上から2・4番目の項目 → パート3・4に該当(計60問)

ただし、同じパートでも、問題によってどっちの項目に該当するかが異なりますので、どのパートで何問間違えたか、までは分かりません。

で、ここからはちょっと面倒な計算は省略しますが、ヒロ前田さんの検証結果や、私の過去のAM、ネット上のAMのサンプルをチェックした結果、6月の第147回TOEICのフォーム4FIC12のリスニングパートのAMの各項目別の母数は以下の通りであったと推測されます。※サンプル数が少ないので多少の誤差はあるかもしれません。

1つ目の項目 21問 1問の価値 約4.8%
2つ目の項目 19問 1問の価値 約5.3%
3つ目の項目 19問 1問の価値 約5.3%
4つ目の項目 41問 1問の価値 約2.4%

6月のパート3・4では4つ目の項目に該当する問題が多かったのかもしれません。神崎さんの4つ目の項目の数字が98なので、小数点以下を四捨五入しているとすると、この項目で40問以上あることになります。これまでの私のAMでは、1問間違えるとこの項目の数字は97だったので、今回はこの項目が多めだったんでしょうか。

例えば、積読亭さんの6月のAMは、100 95 95 95 ですが、ここから何問間違えたかを計算することができます。

1つ目の項目 (100-100)÷4.8=0 全問正解
2つ目の項目 (100-95)÷5.3=0.95 1問ミス
3つ目の項目 (100-95)÷5.3=0.95 1問ミス
4つ目の項目 (100-95)÷2.4=2.05 2問ミス
合計96/100 スコア495

と、パート1・2で1問、パート3・4で3問の計4問のミスだったことが分かります。同じくネット上のサンプルで、L485(81 100 100 95)というものがありました。フォームが分からないのですが、仮に同じフォームだったとすると以下の計算となります。

1つ目の項目 (100-81)÷4.8=3.99 4問ミス
2つ目の項目 (100-100)÷.5.3=0 全問正解
3つ目の項目 (100-100)÷5.3=0 全問正解
4つ目の項目 (100-95)÷2.4=2.05 2問ミス
合計94/100 スコア485

つまり、この方は、パート1か2を後2問正解していれば495だったことになりますから、495を目指すのであれば、パート2の形式に慣れれば次回は495が取れる可能性が高いことになります。こうやって具体的なターゲットが分かると、効率的なスコアアップ対策になるかもしれませんね。

リーディングパートもこうした分析をやってみようかなあと思いましたが、頭が飽和したので、ご興味のある方はヒロ前田さんのブログをご覧ください。

なお、この計算式は、あくまで第147回の4FIC12にのみ適用されます。AMの数値はフォームや受験回によって異なりますので、あらかじめご了承ください。

参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

解説ありがとうございます。
AMがわかっても、ふーんで終わっていたので(笑)、大変参考になります。
リーディングパートも解説頂ければ、更にありがたいのですが(笑)。

ところで、パート1の10問目が採点対象外だったのは、5月の146回の方ではなかったでしたっけ?


積読亭 | URL | 2009/08/02/Sun 15:18 [EDIT]
積読亭さん
あ、そうでした(汗) 修正させて頂きます。ご指摘ありがとうございます。
TEX加藤 | URL | 2009/08/02/Sun 15:25 [EDIT]
TOEFL ibt
TexさんはTOEFL iBTは受験されないのでしょうか?

Tanno | URL | 2009/08/02/Sun 23:33 [EDIT]
Tannoさん
うーん、考えたことがないですね。学生の時は、留学に必要だったので受けたのですが、今は特にモチベーションがないので。TOEFLを教える仕事に就くとか、留学する必要があるとか、何らかの必要に迫られるか、違う形式の試験を受けることでの英語力UPという理由があれば、受ける気になるかもしれません。TOEICの場合は多少なりとも仕事につながっているので受けている感じもあります。
TEX加藤 | URL | 2009/08/02/Sun 23:49 [EDIT]
トゥエイシー
すごくわかりやすい換算式の説明、ありがとうございます。
何度もコメントして本当に申し訳ありませんが、
R96、L88だと
何点位になるでしょうか?
公式問題集だと875から940だといわれました。
しかし実力判定模試やパーフェクトも詩の換算式を適用すると
940から970になります。
模試によって換算式の出し方にgapがありすぎるため混乱しています。
TEX加藤さんは、上記の素点から、私は
何点くらいだと予想されますか?148回{今回}の難易度などから
予測して答えていただけると助かります。

TOEICで900を割ると死ぬ覚悟で臨んだ試験なので
絶対に900は超えたいです!よろしくおねがいします!
regularly | URL | 2009/08/02/Sun 23:51 [EDIT]
トゥエイシーさん
うーん、今それを考えても仕方ないですし、結果を待つしかないですね。試験によってスコア換算も変わりますし、何とも言えません。あくまで試算ということであれば、L88 R96であれば、L440前後 R470前後で、合計910前後ではないかと思います。
TEX加藤 | URL | 2009/08/03/Mon 00:23 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.