be supposed to
「ここがおかしい日本人の英文法」(T.D.ミントン著 安武内ひろし訳 研究社)のご紹介です。1999年に出版されたロングセラーなので、読まれた方も多いのではないかと思います。部屋の片隅に「積ん読」になっていたのを発見し、読んでみたのですが、ネイティブの英語感覚に触れることのできるとても良い本ですね。

この本では、日本人が苦手とする、「willとbe going to」「aとthe」「現在完了形と過去形」「recentlyとlately」「let人V原形とmake人V原形」「mustとhave to」などの違いが、分かりやすい身近なシチュエーションの例文を使いながら説明されていて、非常に勉強になりました。ネイティブ感覚を、難しい文法事項で説明するのではなく、例文を使いながらイメージで伝えてくれるので、読むのが辛くありません。

私は中学生の時、「will=be going to、be going toは近い将来を表す時に使う」と習ったのですが、それが間違いだったことがこの本を読むと改めて分かります。当時はまだ英語を習い始めたばかりの純粋な中学生だったので、何の疑いもなく先生の言うことをそのまま覚えていましたが、まあ、今にして思えば「近い将来っていつまでやねん」って話ですよね。明日なら近いのか、来週は、来月は、来年は、って話です。「近い将来っていつまでですか?」なんて質問したら、きっと先生も困ったでしょうね。

また、この本の中では、「be supposed to」について、「何か間違ったやり方をしているときによく使われます」と書かれています。「What are you doing? You’re supposed to be in bed.」のパターンです。「寝ていなければならないはずなのに、寝ていない」ということですね。

これを読んで、「そうなのかあ」と思っていたのですが、今朝、「AMERICAN BEAT(Bob Greene著 講談社英語文庫)を通勤電車で読んでいたら、以下のようなシチュエーションが出てきました。

新聞のコラムニストである著者が、平日の夕方の閑散としたクラブにふらりと立ち寄り、カウンターでお酒を飲んでいると、突然、トイレの清掃係の黒人の女性がピアノに合わせて歌い始めます。ところが、その歌が素晴らしくて感動してしまうんです。余りに感動したので、彼女に話を聞いてみると、彼女はかつてカーネギーホールで歌ったこともある歌手だったのですが、その後不遇をかこって今はクラブのトイレの清掃係として働いているのだと知ります。彼女の話を聞いているうちに、やがて店内にお客様が徐々に増え始め、それを見た彼女はこう言います。

“It’s going to be crowded soon, and I’m supposed to stay in there.”
「すぐに混んでくるし、トイレにいなきゃいけないから」

ここでの彼女の心境は、「本当はステージで歌っていたいんだけど、そうはいかないから、仕事場であるトイレにいなければいけない」ですよね。その前段として、「トイレの清掃係の仕事はやりがいがある」といった話を彼女はするわけですが、このsupposed toに、彼女の本心が伝わってきた気がしました。今までなら何となく読み過ごしていたsupposed toが、そのニュアンスを知ることで、にわかに生き生きした表現に感じられたので、ちょっと感動してしまったんです。こうやって、本やTOEICの参考書で得た知識を、実際の英語に触れて自分の感覚にして蓄積していくことって大切ですよね。その積み重ねが英語力につながるのだと思います。

余談ですが、この話を読んで、ある無名の黒人女性歌手が、カンザスのバーで歌っていたところ、たまたま客席にいた著名な2人組のバンドに発掘され、彼らが発売したアルバムへのゲスト参加を依頼され、アルバムは大ヒット、彼女もソロデビューし、グラミー賞候補にもなったというサクセスストーリーを思い出してしまいました。私は余り洋楽は聴かないのですが、米国に留学していた時のヒット曲だけはカバーしています(笑)ちょうどその時に流行った曲でした。彼らの歌に興味のある方はこちらをご覧ください。前奏が長い曲ですが、1:27あたりから彼女が登場します。素晴らしいパフォーマンスです。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

Wow!!!!!
That's Oleta Adams!!!! (≧∇≦*)きゃー

Brenda Russellの「Get Here」のカバーで、ブレイクしたんですよね、この人!一時期みんな、このOleta Adamsバージョンで、Get Here歌ってたことがありました。懐かしい~。
その前なんですね、このビデオ。うわー・・・・感激です。(*^-^*)
ころりん | URL | 2009/07/18/Sat 00:07 [EDIT]
ころりんさん
オリータ・アダムスのシンデレラ・ストーリー、懐かしいです。留学当時に、「いい曲だなあ」って思ったんですよね。当時、ドラマとかよく分からなくて、TVを見る時にMTV率が高くて、1989年ごろのヒット曲だけにやたら詳しくなってしまいました。MCハマーとか、シネイド・オコナー、ロクセット、ミリ・バニリなどなど、その年だけ詳しいんですよ。
TEX加藤 | URL | 2009/07/18/Sat 06:18 [EDIT]
うわ
ミリ・バニリ(爆)・・・・懐かしすぎです。
そうそう、私も渡米したばかりの頃は、なんせわけが分からないので、MTVとかBETの音楽番組ばかり観てました。だから当時流行ってた音楽って全部、ビデオの映像と一緒に思い出に残ってます。

TEXさん留学したの、あの時代だったんですね~(#^-^#)
ころりん | URL | 2009/07/18/Sat 08:37 [EDIT]
ころりんさん
ミニ・バニリは口パクがばれたんですよね。で、本当に歌っていた人間が出てきて確かCD出しましたけど売れなかったと思います。「Blame it on the rain」って曲を、ブラジルから来たテニス部のチームメイトが、「Waiting for the rain」だと勘違いしていて、皆にからかわれていたのを覚えています。「Waiting for the rain. That was falling, falling.」って意味分からん(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/07/18/Sat 15:46 [EDIT]
TEXさん
そう・・んでグラミー賞取り上げられたんですよね。なんか当時、かわいそうやな~と思ったのを覚えてます。

>「Waiting for the rain. That was falling, falling.」って意味分からん(笑)

確かにそれは意味わからん(笑)。私は日本人の友達が「Isn't she lovely~」っていう歌を「Isn't she love me~」って歌ってて・・あまりにも堂々としてたので言うに言えなくて(汗)、それ歌われるたびにこっちが緊張した、っていうのありました(笑)。

私にとってはずっと、英語の歌は意味のないただの音だったので、渡米後しばらくして歌詞の意味が分かって、意味を”感じる”ようになってきだした時は、嬉しいよりも戸惑いました。きっと、TEXさんがこの記事でおっしゃってる、「ある言葉が自分の感覚になった瞬間」にも通じるものがあるんだと思います。英語という他国の文化が自分のなかに入ってくる、ということは、感動とともに、自分の中に小さな戦争・革命が起きる、ということでもあるんでしょうね。
ころりん | URL | 2009/07/18/Sat 17:55 [EDIT]
ころりんさん
そうですね。意味が分からず音としてとらえている時の方が発音が良かったりするかもしれませんが、それはそれで言葉になっていないので、意味が分かった時は進化している時なんでしょうね。でも意味が分かると今度は意味を気にしてしまうので、確かに葛藤が生じますよね。でもやっぱり言葉なので、発音より意味だと思います。もちろん、両方できるのが一番なんでしょうけど。
TEX加藤 | URL | 2009/07/18/Sat 23:39 [EDIT]
質問です
私は20代の社会人なのですが、国内営業担当となり、全く英語を使う機会がありません。
(TOEICは800程度です)900とれば海外営業としての市場価値は十分にありますか?
もちろん英語以外の要素が大切であるとはおもいますが…


TEXさんは仕事で英語を時々使われるそうですが、
もっと頻繁に語学力を活かしたいと思われていますか?


eigoman | URL | 2009/07/19/Sun 13:02 [EDIT]
TEXさん
なんか・・人生の「気付き」といっしょなんですね、きっと。あぁそうか!と意味がピンとき始めた時からが「学び直し」なんでしょうね。

私も言葉は、そこにきちんと本当に感じたことや意味が詰まってて初めて、言葉なんだと思います。言語はコミュニケーションの手段やと思ってますから。
結局のところ、発音に重きを置くのか意味に重きを置くのかは、単に何を目指して英語を学んでるか、によるんでしょうね。いわゆるカッコよさを目指してればそりゃ、発音が上手くて喋り捲る方が、話の中身はどうあれ、カッコいい~って言われるし、本人それで満足でしょうし。でも必ずしもそれがコミュニケーション力、ではないわけでしょ。コミュニケーションは、互いに伝えたい中身があってナンボ。発音が悪いというだけでコミュニケーションの門戸が閉ざされることは、絶対!ないですもん。発音が悪いことで自信がなくて、自分でコミュニケーションの門戸を閉ざしてしまってることはあっても、ね。
ころりん | URL | 2009/07/19/Sun 15:07 [EDIT]
eigomanさん
TOEICの点数の市場価値は会社によっても異なるでしょうから、何とも言えませんね。必要とされる会社もあればそうでない会社もありますから。ただ、20代であれば、TOEICの点数はある程度は売りになるかもしれません。ある程度英語ができるようなら、とりあえず採用してみて、後は実務で鍛えれば何とかなる、と企業側も思うからです。そういう意味で、今のうちに900点を取るのは意味があるかもしれません。

私自身、語学力をもっと頻繁に活かしたいとは思いますが、商品企画という仕事の特性上、あまり使う機会がないのが実情です。英語を活かして何ができるか、が求められるので、何でもいいので英語を使いたい、ということはありません。
TEX加藤 | URL | 2009/07/19/Sun 17:50 [EDIT]
ころりんさん
おわ、熱いコメントが。3行目まで読みました(もちろん嘘です)。アエライングリッシュ最新号で勝間和代さんがおっしゃっていますが、同じ労力を割くのであれば、発音より中身、だと思います。学生のように、学習に割ける時間がたくさんあれば、両方鍛えるのがベストでしょうけど、特に社会人は、話の中身を磨かないと、ですよね。メガネッ娘についてペラペラ流暢な英語で話しても相手にとってはなんのこっちゃ、ですからね。

TEX加藤 | URL | 2009/07/19/Sun 17:54 [EDIT]
ちなみに
>メガネッ娘についてペラペラ流暢な英語で話しても相手にとってはなんのこっちゃ、ですからね。

(^▽^笑)
その場合はやっぱ、、「メガネッ娘」の「ネ」にアクセント、ですかね?(爆)
「メグ--コゥゥ」
ころりん | URL | 2009/07/19/Sun 20:27 [EDIT]
Avril!
My Happy Ending
http://www.youtube.com/watch?v=nwf2qt6BJAQ&feature=channel

You were everything, everything that I wanted
We were meant to be, supposed to be, but we lost it

>「何か間違ったやり方をしているときによく使われます」と書かれています。

確かに、こりゃ大いなる間違いをしでかしてますね~。このように二股をするような男だけにはなりたくないですなー。

いつもとてつもなく勉強になる記事を有難うございます。
k2 | URL | 2009/07/19/Sun 21:33 [EDIT]
ころりんさん
そうですね。英語的には「ネ」に強勢が置かれますね。「タマゴッチ」と同じです。「メガネっ娘」という言葉に秘められた可憐さが失われるのが残念ですが。
TEX加藤 | URL | 2009/07/20/Mon 08:02 [EDIT]
k2さん
「私のそばにいてくれるはずなのに、そうではない」「私のものになるはずなのに、そうならなかった」という感じでしょうかね。英語教師必読の書なので、もし未読でしたら是非ご一読ください。
TEX加藤 | URL | 2009/07/20/Mon 08:05 [EDIT]
TEXさん
英語を使って何に活かせるか、が大切なのですね。
英語によって情報収集力を高め、仕事に活かしたいと思います。

ご返事いただきありがとうございました。
eigoman | URL | 2009/07/20/Mon 10:02 [EDIT]
eigomanさん
「task handling」、つまり英語を使って何をするのか、というスキルがビジネスマンとしては求められます。是非英語が使えるスーパービジネスマンを目指してください。
TEX加藤 | URL | 2009/07/20/Mon 10:04 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.