幻の原稿公開
毎日暑くて、夏服のメガネっ娘が唯一の清涼剤のTEX加藤です。

参考書の執筆活動が佳境を迎え、前書きと問題作成、和訳がほぼ終了。解説も半分終わったので、後もうひと踏ん張りです。後は問題を精選して、校正し、ネイティブチェックを入れて完成、でしょうか。本を作ったことがないので新鮮な体験ができてありがたい限りです。この年で新しいことに挑戦できるって幸せなことですよね。機会を与えて頂いた皆さんに感謝です。ってまだ発売されるまで安心できませんね。

ちなみに、解説部分は共著者の方との対談式にしました。難しい解説は他の分厚い対策本にお任せして、新書の手軽さを生かして気軽に読めるよう、会話調にしました。問題を解く際のポイントをうまく会話に入れ込みたいですね。一応関西人なので、可能な範囲で笑いの要素も入れ込みたいところです。

ボツになるかもしれませんが、我々世代にしか分からないオヤジギャグを入れた秘蔵原稿を公開します。出版の際には消えているかもしれません(笑)

私:adって、advertisement「広告」の略ですよね?
共:そう。ちなみにイギリス英語ではadvertという略語も使われる。
私:我々世代だと、「アド」っていうと水森亜土さんなんですけど。読者は知らないだろうなあ。

念のため、9割方はまじめな解説ですのでご安心ください。あるブログの読者の方から、「オカマキャラは登場するんですか」という質問がありました(笑)が、それは分かりません。1か所こっそり原稿に紛れ込ませたのですが、鋭い編集者の方に見つかって削除されるかもしれません。

著書の和訳作業で頭が飽和したので今日は早めに寝るとします。今週末は本業の方のイベントが木・金・土・日と続くため、立ち仕事で疲れてブログを更新する頻度が減るかもしれません。あしからずご了承ください。

気がついたら7月のTOEICまで2週間を切っているので、予想問題もUPしなければ、とは思っています。え、「パート7のDPの予想問題はどうしたんだ」って? 前回のメルボルンの問題ほどははっきりと覚えていないんですよね。昨年の今頃は解答速報もブログもなかったですし。でもまあ、あくまで参考程度ということで、そのうち日本語のあらすじをでっちあげてUPしたいと思います。くれぐれも、「あんたの予想問題と全然あらすじが違った」「微妙に違ったので解く際に戸惑った」などというクレームは無しでお願いします。ノークレーム、ノータリンでお願いします。・・・失礼しました。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

楽しみにしてます
大きな応援拍手を送って去ろうと思ったんですが、なぜかエラーがでて反映されないので、応援コメントにします。

その一箇所のオカマキャラ・・・・どうか削除されませんように(-m-)。(笑)
出版されるのが待ち遠しくてワクワクします。頑張ってくださいね!!(#^-^#)
ころりん | URL | 2009/07/15/Wed 00:07 [EDIT]
新書なんですね!
新書で出るんですね!

以前、福島瑞穂さんが
「高校生なら新書を100冊くらい読むもんだ、と言われて
すごい勢いで読んだ」とおっしゃっているのを聞いて
大人になってから(笑)新書を読み始めたのですが
新書の参考書って、何か新鮮ですね!

中村澄子先生の、文庫の緑本みたいに
シリーズ化されたりして・・・^ ^
楽しみです!
izumi | URL | 2009/07/15/Wed 06:25 [EDIT]
ころりんさん
ありがとうございます。オカマキャラは英語とは無関係ですし、変な印象を読者に残すと次の出版に支障が出たり、そっち方面からファンレターが来る可能性があるので、編集者の方の親心で削除されるかもしれません・・・

TEX加藤 | URL | 2009/07/15/Wed 06:36 [EDIT]
izumiさん
そうですね。新書タイプって少ないかもしれません。文庫と比較して縦に長いので、そのレイアウトを生かした構成にしたいですね。

何せ不人気なパート7の対策本なので、初版で終わるかもしれませんが、良い内容の本にしないとです。
TEX加藤 | URL | 2009/07/15/Wed 06:38 [EDIT]
ノータリン
ノー、ノー、ダーリン!でもありませんね(失礼しました)。

わたしも楽しみにしていますよ。ぜひ買ってPart7満点をめざします!
加藤さんのおかげでR:495達成できました! っていつか報告したいです。
middleager | URL | 2009/07/15/Wed 11:48 [EDIT]
うわぁ、びっくり
こんにちは。

思わぬ偶然に、びっくりしました。
日曜日ゴルフをしたのですが、うしろの組に亜土ちゃん風の帽子をかぶった女性がいたので、密かに「亜土組」と呼んでいました。
やっぱりアドといえば水森亜土でしょう、40代以上なら(笑)
参考書、新書なのですね。楽しみです!もちろん著者紹介は写真入りですよネ。
ゆみ | URL | 2009/07/15/Wed 13:01 [EDIT]
TEXさん、
すみません、水森亜土さん、知りません・・・ジェネレーション・ギャップですね!

>>もちろん著者紹介は写真入りですよネ。

素晴らしいですね!
それでは著者紹介用の写真は次回のTBRの時に、僕が撮影させていただきます。
そういえば、先日Tommyさんと飲んだときに、
「最近、TEXさん、ひげを生やし始めたこともあって、今まで以上にりりしい感じになってきましたよね、ダンディだなぁ」
という会話をしたばかりです(実話)
本が出ましたら速攻で買いますので、サインの方、どうぞ宜しくお願いいたします。
HUMMER | URL | 2009/07/15/Wed 18:01 [EDIT]
middleagerさん
お、また1冊売れた(笑)

日々英語に触れて地力をつけることが一番ですから、スキルアップ目指して日々楽しく継続学習してください。
TEX加藤 | URL | 2009/07/15/Wed 23:02 [EDIT]
ゆみさん
亜土組って・・・ 両手でガラスに絵をかくパフォーマンスが懐かしいですよね。

著者紹介はどうなるか不明ですが、写真紹介の際は変装したいです。謎のアラブ人風で。
TEX加藤 | URL | 2009/07/15/Wed 23:03 [EDIT]
HUMMERさん
ええっ。亜土ちゃんはわれわれ世代ですよ・・・ まあ、どちらかというと女性に人気でしたが。

ダンディって。そんな大げさな。写真はなるべくものすごく変な感じにしたいですね。一応サラリーマンなもので、会社にばれないような風体にしようと思っています。

サインは共著者の方にお願いします(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/07/15/Wed 23:05 [EDIT]
楽しみにしてますよ
こんにちは、TEX加藤さん。
初コメになります。いつも素晴らしい記事ありがとうございます。

本の出版楽しみにしていますよ!!
僕は自身の発行するメルマガで英文を訳出することに苦労していますので、本を出版されるTEX加藤さんのご苦労が少しは分かります。
(といっても本とメルマガでは比較になりませんね、失礼しましたi-229)

なんしか頑張って下さい!
同じ関西出身として笑いの要素が削除されない事を祈ります(笑)

ケン | URL | 2009/07/17/Fri 19:05 [EDIT]
ケンさん
はじめまして。

コメントおおきに、まいどあり。って普段使いませんよね、こんな関西弁。「おおきに」って使うの相当な年齢の方だと思います。笑いの要素はできる範囲で入れられるよう頑張ります。
TEX加藤 | URL | 2009/07/17/Fri 21:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.