セミナー
今日は、午前中参考書の執筆活動をして、神崎正哉さんのセミナーを聞きに出かけました。15時15分がセミナーの開始時刻で、会場に着いたのが15時。「よかった。何とか間に合った」と思ったのですが、どこにも「ブックフェア」の告知が見当たりません…

私、会場を東京国際フォーラムと勘違いしていました(涙)

携帯で調べたら、会場が東京ビッグサイトだったので、セミナーには間に合うはずがありません。とはいえ、国際フォーラムからビッグサイトまでは30分強なので、終了時刻には間に合うかなあと思ってビッグサイトへ出かけることにしました。

会場入り口で怪しいダフ屋から半値でチケットを購入してセミナー会場へ。しかし、神崎さんの姿は見えず、知らないおっちゃん二人が戦争について語っています。おかしいなあ、と思ってスケジュールを確認すると、何とセミナーは15:50で終了しているではありませんか。会場に着いたのが16時だったので、わずかの差で聞き逃してしまいました。ああん、もうっ(なぜかオカマに)。

まあ、会場にはいかにも本が好きそうな知的美人がたくさんいましたし、コンパニオンのお姉さんも見ることができたのでよしとしましょう。もちろんメガネっ娘も(以下略)

往復の車内で、某TOEICのリーディング対策本を読み終えたのですが、ヒロ前田さんの研修なら赤点確実の内容にちょっとがっかりしてしまいました。何度も増刷されていて売れていると思われるのですが、正直本番のTOEICや公式問題集からはほど遠いクオリティでした。どこがダメだと思ったのか、についてはマニアックな内容なので別記事にします。

私が思うに、恐らくですが、パート7対策に特化した本って、パート5の対策本と比較して売れていないと思います。理由として思いつくことを以下列記してみます。

1. 読者にとっては敷居が高い(クイズ感覚で解けないので楽しくないし、疲れる)
2. 数回解くと答えを覚えてしまってつまらない
3. 本番のスコアアップに即効性がない

このうち一番大きな要因は3でしょうね。パート7って、ちょっとした小手先のテクニックを覚えたり、模試を解いたりしても急にスコアは伸びません。なので、受験者もどうしてもパート5の参考書に手が伸びると思います。でも実際には、100問中48問がパート7ですし、上級者にとっては確実な得点源です。「パート7が最後まで終わらない」という中級者とはここで大きな差が付いているのではと思います。

ですから、普段から英文に接するようにして、英語の読解力を磨きつつ、試験前にはわれわれの本を購入して解いてパート7の問題に慣れましょう、という壮大な宣伝でした(笑) 

まあ、それは冗談にしても、市場を見ても、パート7対策だけのリーディング本ってほとんどありません。大学入試だと「英文解釈」ってポピュラーなんですけどね。パート7が70問あれば、あの本も初版で絶版にならなかったろうに(なぜか仮定法過去)。

先ほど近所の小学校で都議選の投票を済ませてきました。朝顔の鉢がたくさん校庭に並んでいて懐かしかったですね。今の子供たちも朝顔の観察日記を書かされているのでしょう。

では、参考書の和訳でもするとします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

ブックフェア、来てくださったんですね。ありがとうございます!
私は16時過ぎに会場を出ました。ちょうどすれ違ってしまいましたね。
神崎正哉 | URL | 2009/07/13/Mon 14:24 [EDIT]
神崎さん
会場に着いたらおっちゃん二人が椅子に座って対談してたので、場所間違ったかな、と思ったんですよ。あの会場だとセミナー大変だったでしょうね。普通に通路のそばですからね。お疲れ様でした。
TEX加藤 | URL | 2009/07/13/Mon 20:07 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.