パート7対策本
もし、TOEICのパート7で次のような問題が出たらどうでしょう。

TVの取扱説明書についての問題
このテレビのセールスポイントはなんでしょう。
(A) 日本製である
(B) 画質が悪い
(C) 中国製である
(D) たまに火を噴く

ビジネスミーティングについての問題
このミーティングが行われたのはどこの国でしょう。
(A) 北朝鮮
(B) ニューヨーク
(C) 日本
(D) ソ連

銀行に対してのメールについての問題。
差出人は銀行に対して次に何をするでしょう。
(A) 口座を開設する
(B) 強盗に押し入る
(C) ディナーの予約を入れる
(D) 暗証番号を公開する

求人広告についての問題。
応募者はどういった方法で連絡すればいいですか。
(A) Eメール
(B) ポケベル
(C) 伝書鳩
(D) NTTドコモの携帯電話サービス

当然ですが、問題を見なくてもどれが正解かが分かってしまいますよね。これは極端な例ですが、TOEICのリーディング対策本の中には、ここまでひどくはないものの、「え、その選択肢はあかんやろ」「問題読む必要ないやん」というものが結構あるのではと思います。もちろん、質が高いものもたくさんありますが、いろいろ解いてみた経験として、そう感じます。

本番のTOEICや、公式問題集の選択肢って本当によくできています。無駄な選択肢がないんですよね。不正解の選択肢にもそれぞれ意味があります。間違って解釈をすると、他の問題まで間違えるようにうまく選択肢が配置されているんですね。毎回受験するたびに感心してしまいます。もちろん、問題文や設問の質の高さもそうですが、選択肢の質の高さが、いわゆる市販の対策本と本番のTOEICとの大きな違いの一つではと思います。

まあ、ETSのように専門家が多数集まって、時間をかけて問題を練り上げることは物理的に不可能なので、限界はありますが、自分が今せこせこ作っているパート7対策の問題集には、「トンデモ選択肢」や「トンデモ問題」がないようにしたいですね。なので、「メガネっ娘」や「リア・ディゾン」は選択肢には残念ながら入れない予定です。

こんな偉そうなこと書いていて、自分の本に矛盾点が多数発覚したら、ブログのコメント欄を閉鎖して、ほっかむりして夜逃げします。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

リア・ディゾン
TEXさん、こんにちは!

>「メガネっ娘」や「リア・ディゾン」は選択肢には残念ながら入れない予定です。
やはり、そうですか。残念です。^^;

でも私は「liaison」という単語は、「Leah Dizon」が不正解の選択肢に入っていたからこそ、記憶に強く刻みこまれているのでした・・。
OJiM | URL | 2009/07/12/Sun 21:07 [EDIT]
OJiMさん
こんにちは。

そうなんですよね。意外とあの問題のおかげでliaisonという単語を覚えた、という方がいらっしゃるんですよ。ブログ記事にされたりしていて。ということは、あの方法で単語集を出したらいけるかも。

というのはもちろん冗談です。しっかりと英語にたくさん触れて感覚を身につけるのが一番です。liaisonという単語を見てリア・ディゾンが浮かんではまずいですから。
TEX加藤 | URL | 2009/07/12/Sun 22:46 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.