1日1問TOEIC0620
今日は、東国原宮崎県知事の「人生を劇的に変える東国原式勉強法」と「芸人学生、知事になる」を読みました。41歳の時の不祥事をきっかけに勉強をはじめ、政治家になるという夢をかなえた体験談は、同い年として非常に刺激になりました。自分も大学で英語をやり直し勉強したり、教職取ったりする道もあるかな、と思ったりします。まあ、そう思うのは簡単で、実行するのは難しいわけですが。

東国原さんの英語に関して言えば、勉強を始めた当時は、「肯定文のBe動詞を頭にすれば疑問文になる」ということすら分からなかったそうですが、5年後には、早稲田の入学試験の面接で英語で堂々と渡り合うことができるようになったそうです。何事も始めるに遅すぎることはない、ってことですよね。まさにアラフォー学習者の鏡です。

では、今日の練習問題です。

TEX Corporation has decided to ------- the number of lectures during the orientation so that the new employees can spend more time on thier group discussion.

(A) reduce
(B) expect
(C) reply
(D) increase

典型的な語彙問題ですね。本番ではいま一つ意味をとらえきれずに間違ってしまった受験者がいたようです。TOEICの問題文って、パート5でもそれ自体で完結して一つのロジックを構成しています。つまり、その問題文だけで解けるようになっているわけです。

この問題でいえば、「新入社員オリエンテーションの間、グループディスカッションに時間を割けるように、一方通行の講義を減らすってことだな」と考えることができれば、比較的容易に正解の(A)reduceを選ぶことができたかと思います。こうやって、考えて解くって大事です。限られた時間の中でいかにしてすばやくロジカルに考えて判断するかというのはビジネスのスキルにも通じる部分だと思います。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

これからです
やっぱり心の持ち方って大事ですね。もちろん体力的に不可能なこともたくさん出てきますけど、一方で精神的に強くなるので今まで無理だったことが可能になってくる、っていうのも、40代ですよね。そういう意味では、何かを始めるのに一番早い、いい時期なのかもしれません。お互いに、どんどん可能性を広げるべく頑張りましょうね!(^-^)q

ところで東国原さんはあの時41歳だったんですね・・・当時の私からは、すごいおっちゃんに見えましたが。てことは私ら、一般的には今現在、おっちゃん、おばちゃんなんですね?σ(・∀・;)(笑) (でもTEXさん、私は41歳なんて卒業しましたけどね、フッフッフッ。(先輩気取り。笑))
ころりん | URL | 2009/06/21/Sun 20:59 [EDIT]
ころりんさん
私の心のメンターである中村天風さんの言葉に、「人生は心一つの置きどころ」というものがあります。
思いや考え方が人生の一切を良くも悪くもする、ってことですね。本当にその通りだと思います。
「もう40歳」ではなく「まだ40歳」って気持ちで生きないといけませんね。

あ、先輩。今度ごちそうしてください(笑) もっと先輩の白うさぎさんにごちそうしてもらいましょう。
TEX加藤 | URL | 2009/06/21/Sun 21:40 [EDIT]
やっぱり。
本の出版のこと、おめでとうございます。(*⌒▽⌒)/゚・:*
ずっと前からなんかあやしいと思ってたんです(笑)。やっぱりでしたか。(^m^)

そうそう、中村天風さんの本も東京で買います。
ほんまにそうですね・・・事実まだまだ人生先は長いですから!

じゃ、ふたりで白うさぎさんにタカリましょう。(笑)
ころりん | URL | 2009/06/21/Sun 23:23 [EDIT]
ころりんさん
この時はまだ、著者の遅筆のために本がお蔵入りになることは誰も予想できていないのであった。

ってことにならないようにしないと。

天風さんの著書、是非ご一読下さい。読んだら人生観が変わりますよ。

「うさぎにタカる会」、近日開催しましょう(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/06/22/Mon 00:23 [EDIT]
教師への道
時代遅れのコメントで申し訳ないです。妙にこの記事にはひっかかりまして、やはりコメントしようと思いました。
>自分も大学で英語をやり直し勉強したり、教職取ったりする道もあるかな、と思ったりします。

TEX加藤さんは教員免許は取得していらっしゃいますか?もしそうであれば日本教育大学院大学(今私が通っている専門職大学院です。社会人の方も在籍しています。また元社会人の方も4割くらいいます。ちなみに私のよく話す友人は37歳です。)などで社会人をやりつつ学べる手段があります。2008年より教職大学院大学が新設されましたので、夜間も大学によればかなり充実しているはずです。また取得していない場合でも、今は科目履修生制度といって教職分の単位だけ大学に通えば免許を取得できたり、最近は通信も充実しているようです。学部時代に出会った人で、元銀行マン(50代)の方が科目履修生をしていました。

さらに、神奈川県教員採用試験は社会人経験が5年以上あれば筆記試験は免除です。論文と模擬授業と面接だけです。

何かのお役に立てれば幸いです。
k2 | URL | 2009/06/29/Mon 13:07 [EDIT]
k2さん
コメントありがとうございます。感謝です。とても参考になりました。

私は教員免許は取得していないので、免許を取るためには科目履修制度を利用するのが近道でしょうか。もしくは、学校教育にこだわらなければ、神崎さんのようにテンプル大でTESOL等で学ぶ手もありますね。まずは先立つものがないとですので、まじめに貯金してどの道を選ぶのか、自分なりに考えてみます。自分の英語学習や英語教育に対しての熱意が社会の役に立つのか、も考えないとですね。

ありがとうございました。
TEX加藤 | URL | 2009/06/29/Mon 21:10 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.