TOEICの問題点
一夜明けて、「三沢さん、実は演出だった」って記事を期待してネットを立ち上げたのですが、やはり事実なんですね。プロレス界が一致団結して、かつての黄金期を取り戻すべく奮起してもらいたいものです。

さて、昨日途中まで書いた「TOEICの問題点」ですが、結局のところ、「TOEICというテストがどういう内容のテストで、どういうメリットやデメリットがあるのか、という情報が広く共有されていない」という点が最大の問題ではと思います。

「TOEICはアウトプットの力を測定するには適していない」「TOEICに特化した勉強ばかりでは英語力は伸びない」という議論がありますが、少なくともこれまでの私のサラリーマン経験では、一般的にはそのことすら分かっていない人が大半です。「TOEICの点数=英語力」という程度の認識しかないんですね。

なので、人事担当者が、「TOEIC満点ってネイティブですよね」って私に話しかけてきたり、ブログのタイトルに「TOEIC連続満点」を打ち出すことで、「この人すごい」って勘違いした乙女との交流が生まれることを、四十過ぎのただの英語好きのおっさんが画策してしまうわけです。まだ目立った成果が生まれていないのは誤算でしたが。

採用する側がTOEICのことをよく分かっていないのに、TOEICの点数が社内の昇進規定に組み込まれたり、新卒採用の際の基準になっているケースがあるのは悲劇です。また、「彼はTOEIC900点なのに英語が話せないじゃないか」といった、企業の求める英語力とTOEICの点数のミスマッチも当然生じます。

「英語力の高い人のTOEICの点数は高い」は言えても、「TOEICの点数が高い人の英語力は高い」にはならないことをあらかじめ企業側が理解していないからですね。

じゃあ、どうやってその正しい認識を広めるかというと、これは難しいですね。それこそ以前ブログで紹介したミリオンセラー講師の細野真宏さんあたりに、「TOEICの点数が高いと英語力が高いは嘘!」って本でも出してもらうしかないかもしれません。ネームバリューのある著者が書けば、本もそれなりに売れて世間の認識が少しは変わるのではと思います。

私の場合は、ふだんの仕事で英語を使う機会はそれほど多くはないのですが、海外でのビジネスチャンスは大きいので、時折プレゼン資料を英語で読み書きします。その際、TOEICは役立っていますね。特にライティングの際は、以前より質の高い文章が書けるようになった気がします。表現に迷った際、「あ、あのTOEICで出てきた表現が使えるな」って判断の基準になっています。

今のビジネスシーンではとにかくスピードが求められます。すばやく相手の意図をつかみ、資料に目を通し、こちらの要求をスピーディーかつ効果的に伝える、というスキルが必要です。また、ビジネスチャンスを見つけたら、海外でもすぐにメールでコンタクトできます。TOEICに特化した勉強だけではそうしたスキルは身につかないでしょうが、うまくTOEICを活用すればよいのではと思います。

まあ、TOEICを受ける理由は人それぞれですから、自分がよいと思うTOEICとの付き合い方ができていれば、個人レベルではそれはそれでいいのではないでしょうか。ただ、やはり、企業や学校レベルでは、TOEICという試験に対する正しい認識を広める必要はあると感じますね。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

確かにあまり知らない人にとっては、TOEICの点数=英語力と思われがちですね。私の周りは英語に興味がない人ばかりなので、私ごときが英語上級者だと思われることがあります。私自身も以前はTOEIC900点以上=神、だと思ってました・・。
でもこれだけ受験者数が増え、莫大な金が動くようになっている今、ETSはもう少しTOEICのスコアと英語力の関係について見直すべきだと思います。
個人的には早く会社で必要とされている点数をクリアして、アウトプットの勉強を増やしていきたいと思っています。

三沢さんのことはあまりに残念です、天国で馬場さんや鶴田さん達と一緒に今後のプロレスを見守ってくれていると信じたいです。
hideaki | URL | 2009/06/14/Sun 21:07 [EDIT]
hideakiさん
もはやTOEICは一大ビジネスですからね。今更「TOEICの点数=英語力ではない」という認識を広めるのは並大抵ではないでしょうね。必要点数をクリアして、どんどんアウトプットの力を磨いてください!
TEX加藤 | URL | 2009/06/14/Sun 22:08 [EDIT]
○○とTOEICは使いよう?
わたしはまだまだ低取得層なので、えらそうなこといえないんですけど、常々「これでほんとに英語力の伸びに役に立つんだろうか?」と感じながらやっています。でも、「今までよりも表現力が身についたなぁ」と思うこともしばしvばあり、たぶん「TOEIC受けなきゃこんなふうにこの歳でがんばることなんかできないよ」と思うこともありますので、ある部分意義は大きいとも思うんですが。ただ、スコアごとによる評価は、そろそろ見直しをしてもらったほうがよさ気ですよね。いまさら無理か~。
middleager | URL | 2009/06/15/Mon 00:16 [EDIT]
middleagerさん
よいペースメーカーになっているようですから、それはそのままでいいのではないでしょうか。
ただ、自分が必要としている英語力を念頭に置いて、足りない部分は補っていく必要があると
思います。アウトプットが必要なら、そっちのトレーニングが必要ですね。
TEX加藤 | URL | 2009/06/15/Mon 01:22 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.