TOEICパート3・4対策
この2つのパートは私も苦手です。前回・前々回とも2-3問落としています。なので、あまり説得力がないのですが、いちおう、テストのときに心がけていることを今日は書こうと思います。これはあくまで私個人の解き方なので、人によっては合わない方もいると思います。

まず、ヒルキさんや中村澄子さんも著書で書かれているように、この2パートは難関です。短期間でのスコアアップは非常に難しいと思います。まずはパート1・2を確実にする方が短期間でのスコアアップという面では即効性があります。その反面、パート2のように、聞き逃したらもう正答できない、ということはなく、一部が聞き取れなくても正答できるので、むしろパート2の方が苦手、という人もいると思います。

問題文を先読みするかどうかですが、私は先読み派です。特に、文章の中の具体的な情報を問う、ヒルキ先生の言う「枝」問題は、私の場合、先読みしていないと、「あれ、何曜日だっけな」などと忘れてしまうことがあります。もちろん、これは忘れているのではなく、聞き取り理解度が浅いからなのですが、「聞き取り力を上げれば先読みする必要などない」という域にまで達していないので仕方ありません。

先読みする範囲ですが、まずは、ディレクションが読まれている間に、その次の問題3問分だけ目を通します。問題番号で言うと、41-43と71-73ですね。その先まで読んでやろう、などと思うと、読んでいる間にディレクションが終わってしまって焦るので、これはお勧めできません。

私の場合は、選択肢が短い場合は、選択肢も目を通しますが、選択肢が長い場合は、問題文だけ目を通して、何が問われているのかを把握する程度にしています。繰り返しになりますが、「枝」問題は目を通しておいた方がよいと思います。「何曜日」「いつまで」「何時まで」「いくら」「いくつ」「何番」など、何が問われているのかを把握しておかないと、全部覚えようとするのは大変だからです。

たとえば、パート4の顧客サービス用の電話回線の問題で、「○○の場合は0番」「△△の場合は1番」「××の場合は2番」「■■の場合は9番」を押してくださいっていうアナウンスが出た場合、全部覚えるよりも、あらかじめ問われているのがどの情報であるかを把握しておけば、全部覚える必要がなくなります。脳のスタミナも温存できますね。

もう一点、私が心がけているのは、「きれいにマークせず、さっと答えに印だけ付ける」ということです。これは対策本にもよく書かれているので実践されている方もいると思いますが、とても有効です。マークする時間を先読みにあてるんです。きれいにマークするのって、意外と時間がかかるので、きれいに塗りつぶしている時間を先読みにあてた方が効率的です。

普通、対策本では、パート5に取りかかる前に、印を付けておいたパート3・4のマークシートを全部一気に塗りつぶそう、と書かれているかと思いますが、60個のマークシートを一気に塗りつぶすのって意外にしんどいんですね。私もやってみましたが、結構腕が疲れますし、貴重なリーディングの時間がもったいないです。

なので、私の場合は、パート4のディレクション中等、時間に余裕ができた瞬間を見つけて、せこせこと塗りつぶす作業をしています。もちろん、余裕のない時は問題に集中するべきであることは言うまでもありません。

↓この程度の対策でも、少しは参考になった方、クリックしていただけると嬉しいです。

Comment

管理人にのみ表示する

こんにちは。
TEX加藤さん、こんにちは。
新東京都民(通称:Tommy)と申します。
初めてコメントさせていただきます。よろしくお願いします。

TBR等でお名前は以前より拝見しておりました。
最近の連続満点、すごすぎます!私にとっては
まだまだ大きな課題なのでいろいろと参考にさせて頂こうと思います。

パート4の解き方、参考になりました。
私も先読み派なのですが、以外とマークを塗りつぶす時間って
作業としては有効に使わないとタイムロスしちゃいますよね。

次回のTOEICでは少しでもTEX加藤さんに近づけるように頑張ります。

今後ともよろしくお願いします。


Tommy
新東京都民 | URL | 2008/09/14/Sun 07:16 [EDIT]
はじめまして
Tommyさん、コメントありがとうございます。
パート3・4のマークシートを全部塗りつぶさない作戦は有効ですよね。
マークシートも塗りつぶして、先読みせずとも満点をとれる神崎先生
レベルになれれば余裕なんでしょうけど、まだまだその域には達していません。

ブログ拝見しましたが、会社で勉強介したり、すごい勉強量ですね。
すでに900OVERですし、さらに上を目指して頑張ってください。

今後ともよろしくお願いします。
TEX加藤 | URL | 2008/09/14/Sun 08:38 [EDIT]
TEX加藤 さん
質問させてください。TEX加藤 さんはPart3, 4は、スクリプトが放送されているときは、
1) 音に集中するために、選択肢・設問は見ない。(目をつぶる?)
2) 設問・選択肢をみながら、音声を聞く
のどちらで問題を解かれているのでしょうか? 私は、最近 上記2) から、1)に切り替えてトライしているのですが、どちらも同じようなスコアでどちらにしたらいいか、迷っているところです。都民さんに同じ質問をしたところ 2)で取り組まれているとのことでした。ご意見をいただけるとうれしいです。

ブログへのコメントありがとうございました。Part7の出来が悪く、とても落ち込んでいたので、すごく感謝しております。これからもよろしくお願いいたします。
mappy_mappy | URL | 2008/09/14/Sun 09:03 [EDIT]
私の場合
mappy_mappyさん、こんにちは。

私の場合は(2)ですね。問題を先読みして、聴きながら、余裕があれば、
「枝」問題は問題の途中でも分かった時点でマークしています。視線は
問題用紙に集中させています。

メリットとしては、問題が読まれている最中に何問か答えられた場合、時間が
余るので、先読み+マーク塗りつぶしにその時間を充てることができます。デメリットとしては、「あれ? なんて言ってたっけ?」と、たまに答えを忘れてしまう
ことがあります。この点では、最後まで聞いてから一気にマークした方がよい
かもしれません。

目を閉じた方が音に集中できる、という方もいるでしょう。私の場合、目を
開閉する動作で集中力を削がれてしまう気がするのと、実際に外国人の
方と会話する時に目を閉じることはないので、設問・選択肢を見ながら
答えるようにしています。

いずれにせよ、公式等の模試を解きながら、自分に合った方法を見つける
のが一番良いと思います。
TEX加藤 | URL | 2008/09/14/Sun 09:36 [EDIT]
TEX加藤 さん
アドバイスを頂きありがとうございます。毎回質問ばかりですいませんです。

> 実際に外国人の方と会話する時に目を閉じることはないので、
なるほど、TEX加藤さんが言われると説得力がありますね。そのとおりですよね。目をつぶって会話することなんてないですもんね。


> いずれにせよ、公式等の模試を解きながら、自分に合った方法を見つける のが一番良いと思います。

ありがとうございます。自分にあった方法を、次の試験まで時間が少ないですが見つけようと思います。Tactics for TOEICでは、2)に戻してトライしようと思います。いつもありがとうございます。
mappy_mappy | URL | 2008/09/14/Sun 20:59 [EDIT]
頑張ってください!
mappy_mappyさん、こんにちは。

集中力を高めるという意味で、目を閉じた方が聴覚に集中できて
やりやすいという人もいるでしょうしね。いろいろと試してみて、自分に
合った方法で試験に臨むのが一番だと思います。

残りわずかですが、9月の試験に向けて互いに頑張りましょう!
TEX加藤 | URL | 2008/09/14/Sun 22:27 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.