パート2対策
以下、私がこころがけていることです。参考になる点があれば取り入れてみてください。

このパートで大切だと思うのは、まず、ミスを引きずらないことです。分からなかった問題を引きずると、焦りでミスがミスを呼ぶ連鎖反応で、実力が出し切れない場合があります。そうなってはもったいないので、分からなかった問題のことは忘れてすぐに気持ちを切り替えましょう。

分からない問題があったら、心の中で、「次だ、次」「次、頑張ろう」「よし、次集中」等、ポジティブな言葉をつぶやくと、心理面でもよい影響が出ます。避けなければいけないのは、「だめだ」「まずい」等の否定的な独り言をつぶやくことです。これがミスの連鎖を呼ぶ最大の原因です。もし、焦りを感じたら、深呼吸しましょう。呼吸を含め、動作をゆっくりすることで自分を落ち着かせることができます。頭をかきむしったり、貧乏ゆすりしてはいけません。

テクニカルな面では、私はこのパートでは、問題文が読まれている間は目を閉じています。問題文の読み上げが終わり、選択肢の読み上げに入ったら、目を開けます。このパートはリズム感を一定に保つことが重要なので、一定のペースでの目の開閉はリズムを保つ効果もあります。ディレクションの間は、右ページにあるパート3の41~43の問題を先読みしていますが、リーティングパートを解いたりはしません。

解答する際は、Aが正解、と思っても、念のためAに鉛筆を置いて、最後まで選択肢を聴いてからマークします。早とちりの可能性があるためと、リズムを一定に保つためです。また、集中力のレベルも、問題文の読み上げ時、特に冒頭でMAXにして、問題と問題の間のポーズ中でリラックスします。30問は長いので、ずっと集中力をMAXに保つのは結構大変ですし、パート3・4もあるので、余力を残す意味合いもあります。

ということで、まとめますと、このパートの私の基本対策は、①ミスを引きずらない ②リズムを一定に保つ ③集中力の強弱をつけてスタミナ温存、の3点です。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

目を閉じて・・・
5月のTOEICが間近に迫り、すごいペースで更新されていますね。

以前からパート2を解くときは目を閉じて聞いているのですが、パート2終了直前までマークが1個ずれているのに気づかず、大変だったことがあります。
それ以来マークシートはしっかり目を開けて見るようにしています。ご注意を・・・(こんなミスは自分だけでしょうか?)
techtest | URL | 2009/05/29/Fri 19:46 [EDIT]
techtestさん
あ、そうですね。マークミスを避けるためには、①迷ってもとりあえずマークする ②10問ごとにチェックする、といった方法が必要ですね。私は余裕のある時に問題番号とマークのずれがないかをチェックするようにしています。私も初めてTOEFLを受けた時にマークがずれた経験がありますよ。あれは焦りますよね。
TEX加藤 | URL | 2009/05/29/Fri 23:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.