今日の豆知識
ちょっと調べものをしていて、「花の子ルンルン」という昔のTV番組の説明を読んでいたらこのような記述が。

ルンルンたちが旅先で出会った人物に、ルンルンの憧れの青年セルジュが花の種や苗を与え、ナレーションがその花の花言葉を説明するラストシーンが作品に華を添えた。「ルンルン気分」という言葉が使われるようになったのはこの作品の後から。

ええっ。なんですと。今は死語となっている「ルンルン気分」ですが、まさか「花の子ルンルン」が語源だったとは。まあもちろん他にもいくつか諸説はあるようですが、子供の頃に見ていた番組だっただけに今更ながらに衝撃を受けてしまいました。

今日学んだことをもう一つ。気分転換に読んでいた「山口英文法講義の実況中継」の下巻にこのような問題がありました。

次のうち正しいものはどれ?

1. They love each other.
2. They quarrel each other.
3. They are kind each other.
4. They are like each other.
5. They are different each other.

これ、私のように感覚で解く傾向にある人間には難しいです。「なんとなく」で答えてしまうんですよね。ところが、山口先生は明確に解き方を示してくれます。

each otherは「おたがいに」という副詞句ではない!
each otherは代名詞の働きをする句!

そ、そうだったのかあ。ということは、他動詞なら○、自動詞なら前置詞が必要になるから×ということになりますね。each otherを取って文章が成立するかどうかを見ればどれが合っているか一目瞭然です。正しいのは、each otherを取ると文章が成立しない1、4ということになります。2はwith、3はto、5はfromが必要になりますね。

今までライティングなどでeach otherを使おうとして、前置詞が必要かどうか迷うことがあったのですが、これですっきりしました。こんな文法の基本事項を知らなくてもTOEIC満点取れます(笑)

では、最後まで雑文を読んで頂いた方に5月のTOEICで狙われる可能性のあるコロケーションです。

TEX hotel has earned a well-deserved reputation for superior guest service, comfort and convenience.

出題される場合は、パート5でreputationの部分が空欄になり、語彙問題として出ます。上級者の皆さんにはおなじみの単語でしょうけど。

あー休日なのでついのんびりしてしまって企画が全然進んでません・・・ ダメだこりゃ。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

しあわせを
もたらすと言われてる、どこかにきっと咲いて~いる~♪
TEXさん、ルンルンはあなどれません!(笑)確か小5の時でしたよね、放送されてたの?私、ルンルンがある日だけ塾が休みで観れたんです!何か引き込まれる不思議な魅力をもったアニメでした。ホントにその花がどこかに咲いてるように感じてましたし、ルンルンがいつか近所に来るかもしれないという緊張感すら抱いてた(笑)。セルジュさん、なつかしい~(*^-^*)

ところで、each other、私もよく文章を書くたび、使い方に迷う単語でした。この説明はありがたいです!<(_ _)>そういうの、結構あるんですよね、私。読んだり、選択肢で選んだりする分には何の問題もないので素通りしてる簡単な単語やフレーズで、いざ使おうとすると、迷いが生じるやつ・・・。

>企画が全然進んでません・・・ ダメだこりゃ。

どうしても、いかりや長介の声で聴こえてきます(笑)。
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 00:05 [EDIT]
ころりんさん
ルンルンに緊張感抱いてましたか! 私もある日ウルトラの国からの使者がやって
来るんではと緊張感を抱いていましたね。留守の間に来たらどうしよう、みたいな(笑)

ルンルンの最終回は、世界中を旅して確か探し求めていた七色の花かなんかが実は
自分の家の庭にあった、的なオチでしたよね。子供心に釈然としないものが残った気がします。

山口の英文法講義は、目からうろこ、の説明が多々あってすごいなあと思います。
読み終わったら折にふれてまた読みたくなると思う両書です。こういう本がTOEICでも
書けたらいいだろうなあ。

企画がなかなか出ないので、まずは資料収集に注力するとします。いかりやさんが
出ないようにしないと。
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 01:09 [EDIT]
おはようございます
>ウルトラの国からの使者がやって 来るんではと緊張感を抱いていましたね。留守の間に来たらどうしよう、みたいな

フフフ。。。やはりそんな人でしたか(笑)。

ルンルンのオチ、そんなんだったんですね!覚えてなかった(*-*)。私もあの頃は腑に落ちなかっただろな~(笑)。でもそれ、私が人生で得た答えと同じです。まさかルンルンと同じ道を歩んでたとは。

TEXさんが書いた本、読んでみたい。ぜったい目からウロコ本やと思う。なんか多分、読者の気持ちが分かる不思議な力をもってるんですよね~、TEXさんて。

いつのまにかGWも最終日ですね。きっと「"締め切り"の魔法」が、すごいアイデアへと導いてくれますよ!(^-^)
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 10:05 [EDIT]
ころりんさん
コメントありがとうございます。

あの頃のウルトラセブンなんて、妙にリアル路線だったんですよね。「隣人は宇宙人」みたいな。それだけにものすごい緊張感が(笑)

書くんだったら、「こんなしょうもないこと書いてるのにTOEIC990取れるのか」って目からウロコが落ちる本にします(笑)

締切パワーで何とかアイデアひねりだしますよ!
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 10:20 [EDIT]
覚えています!
この問題覚えてます!確かに出てました(笑)

>ルンルンの最終回は、世界中を旅して確か探し求めていた七色の花かなんかが実は 自分の家の庭にあった、的なオチでしたよね。

かなりロマンチックですね(笑)幸せはもっと身近にあるっていうメッセージですかね。
k2 | URL | 2009/05/06/Wed 10:57 [EDIT]
k2さん
私も本番では悩みましたからね。何とか正解できましたが、間違った受験者の方が多かったと思います。受験直後にpresentsを正解として挙げている書き込みがほとんどなかったですからね。難問でした。

ルンルンにはきっとそういうメッセージが込められていたのでしょうが、子供心には「なんでやねん」ってちょっと違和感が残りましたね(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 11:33 [EDIT]
そうそう
妙にリアルでしたよね!ウルトラマンシリーズは、すごい人間味溢れてましたしね。ジャミラなんか、戦わずに涙の話し合いの末、宇宙に帰っていったんですよね、確か?

いかん・・・TEXさんの仕事のじゃまをしてしまうf(-__-;)退散~(笑)
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 11:40 [EDIT]
ころりんさん
ジャミラは戦いましたよ(怒)
詳しくはウィキペディアで「ジャミラ」と入力してください。

あ、ちょっとコーヒーでも飲みに出かけて昼食食べてレポート書きます!
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 11:46 [EDIT]
TEXさん
怒られたf(_ _*)

いやほんまや!ウルトラ水流でやられたって書いてありますね!(笑)普通に戦ってるし。完全にジャミラを誤解してた。(笑)
だってね、「ジャミラ、お前は人間の心を忘れたのか!」とかって説得されて、ちょっとシュンとしてひるんでたじゃないですか~(T0T)
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 13:03 [EDIT]
TEXさん-2
すいません、ほんとにもうやめます。でも大事なことを思い出したのでこれだけ・・

私はあの、プールとかでおへそをとる怪獣がでたあと、しばらくの間いつも、自分のおへそがちゃんとあるかどうか、確認してました。(これがそんなに大事な話か?!と書きながら疑問でしたが。笑)

では、レポート頑張ってくださーい。(^-^)/"
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 14:53 [EDIT]
ころりんさん
ジャミラは元々人間だったので、わずかながら良心の呵責に苛まれていたんですね。

この「故郷は地球」は、巨匠・実相寺昭雄監督の名作です。
あ、こんなこと書いてたら白うさぎさんがやって来そうですね(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 15:11 [EDIT]
ころりんさん-2
そ、それ超マイナー怪獣、いや超獣ですよ。ウルトラマンAに出てきた河童です。
私はウルトラマンAは途中で見る気力がなくなったんですよね。
北斗星司・南夕子の合体変身が番組都合で途中でなくなったのが理由かもしれません。
なので、残念ながらへそを取る超獣(怪獣ではない)には思い入れがありません。
やっぱりウルトラセブンですね。最終回は大人になってからもDVD借りてきて見ましたよ。
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 15:17 [EDIT]
エースでしたか!
しかも、そういや合体してましたね~超懐かしい(>o<)
いまだに最初の子供がへそをとられるにいたる不気味なシーンを、かなり鮮やかに覚えてるんですけど・・怪獣じゃなかったのか(T-T)(笑)

も~TEXさんがそんなこと書くから、つい書きたくなるですって!(人のせい。笑)

フフッ・・私にはもう白うさぎさんの足音が聞こえます(笑)。
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 16:19 [EDIT]
ころりんさん
怪獣がさらに進化したのが超獣ってふれこみだったのですが、結局尻すぼみでしたね。
子供心に、「じゃあ今までのウルトラマンたちがさんざん苦労して戦った怪獣が弱かった
ってことか?」ってすごく疑問でした。

魔太郎のように白うさぎさんが迫ってくる気配が(恐)
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 18:09 [EDIT]
し・・・・・
白うさぎさん、まさかのフェイント・・・orz
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 22:03 [EDIT]
頭の皿をプールに見せかけて・・・
お待たせしました!

キング・カッパーですね!

頭の皿をプールに見せかけて
泳ぎに来た子ども達のヘソを奪うという・・・
いったい、この怪獣、何をしたいんだか?

追伸1
私も、ウルトラセブンはもう一度最初からみたいです。

追伸2
ゼットンって、ウルトラマンの最終回にだけ出てくるのだと思って
いたら、なんとその後のシリーズでも出てくるのですね。


いや~、ウルトラマンはとってもおもしろいですね~。

それでは、みなさん
さよなら、そよなら、さよなら。
白うさぎ | URL | 2009/05/06/Wed 22:21 [EDIT]
ころりんさん
シルバー仮面に続き、新たな悲しみがころりんを襲ったのであった(笑)
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 22:41 [EDIT]
白うさぎさん
フォローありがとうございます。これでころりんさんも納得でしょう。
ウルトラセブンの最終回、ダンとアンヌの会話が印象的でしたね。

ダン「僕は人間じゃないんだ。セブンなんだ」
アンヌ「人間でも宇宙人でも、ダンはダンじゃないの」
ダン 「僕はM78星雲に帰らなければならないんだ。西の空に 明けの明星が輝くころ、1つの光が宇宙に飛んでいく。 それが僕なんだよ。さよなら、アンヌ」

うーん。泣けますね。

それでは、さよなら、さよなら、さよなら。
TEX加藤 | URL | 2009/05/06/Wed 22:46 [EDIT]
白うさぎさん&TEXさん
あ"~~~白うさぎさん(*≧∇≦)ノ うれし~~!!
あれって、キング・カッパーいうんですね(爆)。そうそう、あのプールは何か体の一部だったような気がしてました!すごいおどろおどろしい話でした。

はぁーTEXさん、これで今夜はよく眠れます(笑)。
私今日、何回ここ来た?っちゅー話ですが・・f(- -;)努力が報われました。ありがとうございます(笑)。
でも、最後の最後で気がつきました・・アナタガタのマニア度にどんどん引き離されていく自分の未熟さに・・・・orz(笑)

それではみなさん(笑)
さよなら、さよなら、さよなら。
(義務感を覚えました)
ころりん | URL | 2009/05/06/Wed 23:52 [EDIT]
ころりんさん
よかったですね。疑問が氷解して。私もさすがにキングカッパー(中黒不要!)は
よく覚えていません。

ちなみに、キングカッパーっていうビールジョッキがありますが、単に銅製のジョッキ
です。copperのことですね。キングカッパーの形で頭にビールを注ぐジョッキ
だったら楽しかったのに。
TEX加藤 | URL | 2009/05/07/Thu 06:36 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/05/07/Thu 19:16 [EDIT]
隠しコメントさん
情報ありがとうございます。one anotherもありますね。勉強になります。
英語の記事は、また機会を見つけて書こうかと思いますが、読者の需要が少ないと
思われますので、ぼちぼちにします(笑) ブログ、またお邪魔しますね。
TEX加藤 | URL | 2009/05/07/Thu 22:55 [EDIT]
文法本
こんにちは。
いままで文法事項の確認にはフォレストを使っていましたが、今年は”文法強化年”にしよう!と新たな受験~一般向けの文法書に手を伸ばしました。 ”穴”ができないよう「通読」を目指したのですが挫折続きで、”文法本収集”に終わっている情けない状態です・・・。
口語・会話調の文はどうかなぁと「実況型」は食わず嫌いで、文法辞典型しか使ったことがないのですが、「読む」なら「実況型」がいいかもしれませんね。
山口先生の本、わかりやすい説明かつ頭に残りそうですね。早速書店で見てみます。ご紹介ありがとうございました。


ゆみ | URL | 2009/05/08/Fri 10:06 [EDIT]
ゆみさん
こんにちは。「文法強化年」ってすごいですね。フォレストをしっかり理解できれば十分だと思いますよ。文法本の通読は私もフォレスト以外はすべて挫折しました。やめた方がいいですよ(笑)通読という点では山口先生の本は読みやすいです。いろいろ試して自分に合った方法や参考書を見つけてください。
TEX加藤 | URL | 2009/05/08/Fri 20:47 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.