一日一問TOEIC
では、今日の問題です。

The worldwide semiconductor market for portable media players is poised ------- significantly, representing a negative annual growth rate of minus 9 percent.

(A) to drop
(B) dropping
(C) dropped
(D) drop

poisedは、「ポーズド」って発音しそうですが、正確には「ポイズド」「poizd」と発音されます。be poised toで、「~する準備ができて」のニュアンスで使われますので、正解は(A)です。

英英辞典で調べてみると、

If something is poised to do something, they are completely ready to take action at any moment.

と書かれています。「いつでもそうなりそうだ」という感じですね。つまり、この問題文では、「マイナス9%の年間成長率が示すとおり、ポータブル・メディア・プレイヤー向けの半導体市場は大きく落ち込みそうだ」、という意味になります。問題文中のカンマ以降の「マイナス9%の年間成長率」という数字の裏付けがあるので、確実にそうなりそうだ、という意味でこの単語が使われているんだな、という風にロジカルに文意をとらえましょう。

このbe poised toは新聞等の見出しにもよく使われるようです(あまり読まないのですがググったらたくさん用例が出てきました)。

その用例の中から、最も身近な例として、北京オリンピックの水泳男子100mの平泳ぎ準決勝で北島康介選手が好タイムで全体の2位で決勝進出を決めた際のジャパンタイムズの見出しをご紹介します。

Kitajima poised to defend title in 100m breaststroke

北島は100m平泳ぎで前回に続いてオリンピックチャンピオンのタイトルを守りそうだ、というニュアンスですね。準決勝での好タイムという裏付けがあって、これはもうそうなりそうだ、という意味で使われています。先程の例と同じですね。ちなみに見出しなのでここではbe動詞が省略されています。

もう一つ、アイスランドでは、まさに昨日、こういうニュース記事が出ています。

Leftist government poised to win Iceland election

この後の記事本文を読むと、この記事が書かれた時点で4割ぐらい開票が進み、その数字を見ると、左派が勝ちそうだ、というニュアンスで使われています。ここでも何らかの裏付けがあって、「そうなりそうだ」という感覚です。

今日の記事を読むと、保守政権から18年ぶりに政権交代したようです。アイスランドのことなんて何にも知らないので、勉強になりました。いやあ、役に立つなあ(笑) 「一日一問TOEIC」シリーズとしてメルマガにしたらいけそうだなあ(と調子に乗る)。


参考にして頂けた部分がありましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。

banner2.gif  

Comment

管理人にのみ表示する

メルマガ
>「一日一問TOEIC」シリーズとしてメルマガにしたらいけそうだなあ

して!してください!!英字新聞とかどうしても興味がわかず読めないんですけど、TOEIC仮面が書いたものだったら興味持って読めますもん!いっぱいいると思います、こんな人。いけると思います!!o(≧∇≦)o

ところで下の、マイケル・プロンコさんの著書の記事、なんか感動しました。特に「英語を学ぶことの最終的な目標はTOEFLやTOEICで高い点数を取ることではなく、より柔軟で、思慮深く、心の広い人間になることだ。」の部分。英語の勉強も他の何事も、最終的にはこれが目標ですよね!

P.S.ところでほんとにシルバー仮面知りませんか?!ギャグ?!
雑誌、残念っす。。。(_ _。)
ころりん | URL | 2009/04/26/Sun 18:10 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/04/26/Sun 18:15 [EDIT]
ころりんさん
シルバー仮面って見た記憶がないんですよ。仮面の忍者赤影は記憶にありますが・・・

あ、ふだんの仕事があるので、毎日メルマガを発行するのは不可能です。残念ながら。今日は日曜日だからいいですけど、ちゃんとした記事を書こうとすると2時間程度かかるでしょうからね。週一回でよければできるかもしれませんが、当面はブログでマイペースで続けます。

マイケル・ブロンコさんの本、エッセイ本でさっと読めるので、お時間あれば是非読んでみてください。英語を教えている方にもぜひ読んで頂きたい一冊です。
TEX 加藤 | URL | 2009/04/26/Sun 18:49 [EDIT]
隠しコメントさん
ブログでのご紹介ありがとうございます。基本的にリンクフリーなので問題ありません。わざわざご丁寧にご連絡ありがとうございます。
TEX 加藤 | URL | 2009/04/26/Sun 18:54 [EDIT]
そうですか・・
このブログで十分以上、恩恵うけてますから、贅沢はいえませんね。f(^-^)
マイケル・ブロンコさんの本、多分また読むと思います。

シルバー仮面・・そうなんですね(泣)ひょっとして誰もしらないんでしょうか?!白うさぎさんなら知ってるかも。聞いてみます。では。。。<(_ _)>
ころりん | URL | 2009/04/26/Sun 21:26 [EDIT]
ころりんさん
シルバー仮面、残念ながら姿形すら思い浮かびません・・・
月光仮面なら分かりますが。私のヒーローはウルトラマンでしたね。
というかウルトラセブンですが。白うさぎさんならまず間違いなく知ってるでしょう。
盛り上がってください。白うさぎさんも知らないとなると、いや、知ってるに違いない。
TEX 加藤 | URL | 2009/04/26/Sun 21:46 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICオタクのブログ. all rights reserved.